ガンマナイフ

出典: meddic

gamma knife, γ-knife
レクセルガンマユニット Leksell gamma unit、ステレオタクティックガンマラジオサージェリー stereotactic gamma radiosurgery

概念

  • 放射線を一点に集中照射することで病変を除去する脳外科の手法

適応

  • 動静脈奇形
  • 下垂体腺腫
  • 神経鞘腫(聴神経鞘腫):腫瘍径3cm以下
  • 頭蓋咽頭腫:残存病変に対して
  • 髄膜腫
  • 移性脳腫瘍
  • てんかん、パーキンソン病、三叉神経痛



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/21 19:49:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 万全の治療体制を示す装置の威力 最新型ガンマナイフ導入がもたらした施設運営・経営効果 (特集 なぜ放射線治療装置は"最新型"が良いのか)
  • 景山 貴洋,小野 純一
  • 月刊新医療 41(6), 106-109, 2014-06
  • NAID 40020062593
  • 下位脳神経鞘腫のガンマナイフ治療:—長期腫瘍コントロールと機能評価—
  • 木田 義久,長谷川 俊典,加藤 丈典
  • Japanese Journal of Neurosurgery 23(4), 331-340, 2014
  • …  下位脳神経鞘腫のガンマナイフ治療の長期成績を報告した. … ガンマナイフ時の腫瘍サイズは平均して25mmであり, 平均の辺縁線量13.3Gyで治療されている. … 腫瘍コントロールに4点, 機能コントロールに4点, 副作用回避に2点, 合計10点満点でみると, ガンマナイフ治療において, 下位脳神経鞘腫は他の神経鞘腫に比べ点数が最も高く, 質の高い治療が達成されたと判断した. …
  • NAID 130003397713
  • 顔面神経鞘腫のガンマナイフ治療:—腫瘍コントロールと機能予後—
  • 木田 義久,長谷川 俊典,加藤 丈典
  • Japanese Journal of Neurosurgery 23(3), 232-239, 2014
  • … 顔面神経鞘腫のガンマナイフ治療の長期成績, 機能予後について述べる. … ガンマナイフ時の腫瘍サイズと体積の平均は5.0ccであり, 最大線量, 辺縁線量はそれぞれ24.2Gy, 12.7Gyであった. …  顔面神経鞘腫のガンマナイフ治療により, 神経症状を悪化させることなく, 長期に腫瘍をコントロールすることが可能である. …
  • NAID 130003397704

関連リンク

三愛病院さいたまガンマナイフセンターは、埼玉県唯一のガンマナイフ治療施設として2004年9月にオープンしました。患者さん一人一人の心のケアを重視し、最善のケアが受けられるセンターを目指しています。
ガンマナイフ、定位放射線治療を行う脳神経センター大田記念病院(広島県福山市)「福山ガンマハウス」では、広島県内だけでなく中国、四国エリアの転移性脳腫瘍、聴神経腫瘍、髄膜腫、AVM、三叉神経痛などガンマナイフ適応疾患 ...
脳疾患に悩むあらゆる人のための、ガンマナイフ治療の第一人者 林 基弘 によるウェブサイトです。 ... 最新のお知らせ 2014/1/4 メニュー1に林医師治療後経過(疾患別)を追加しました。 2013/12/19 メニュー1に治療説明書を追加しました。

関連画像

ガンマ ナイフ ガンマ ナイフ ガンマナイフの説明図ガンマナイフ・たかの橋中央 4 治療の開始 ガンマナイフユニットの特徴ガンマナイフ(拡大)


★リンクテーブル★
リンク元聴神経鞘腫」「ステレオタクティックガンマラジオサージェリー」「定位放射線治療装置」「レクセルガンマユニット
関連記事ガンマ」「ガン

聴神経鞘腫」

  [★]

acoustic schwannomaacoustic neurinoma
前庭神経鞘腫 vestibular schwannoma聴神経線維鞘腫 acoustic neurilemmoma
聴神経腫瘍前庭神経鞘腫聴神経シュワン細胞腫

概念

  • 前庭神経鞘腫とも呼ばれる。聴神経のシュワン細胞に由来する良性腫瘍。

病理

  • 2種類の腫瘍細胞が混在している。
  • Antoni A型:腫瘍が柵状配列をとっている。
  • Antoni B型:細胞が変性して粗な領域。エオシン染色性弱い。

検査

  • MRI
  • T1:低信号
  • T2:高信号
  • ガドリニウム造影:均一に増強される

鑑別疾患

  • 小脳橋角部髄膜腫  :T1で低信号、T2で高信号、造影で高信号。腫瘍付着硬膜の造影効果。鑑別点は錐体骨部への付着が広くはっきりとしており、。
  • 小脳橋角部類表皮嚢胞:T1で低信号、拡散強調画像で高信号
  • 三叉神経鞘腫
  • クモ膜嚢胞
  • 脂肪腫
  • 血管芽腫
  • 転移性脳腫瘍

治療

  • 3cm未満:手術両方 or 定位的放射線治療(ガンマナイフ)
  • 3cm以上:手術両方
  • 手術療法:後頭蓋窩開頭法(耳介後部からのアプローチ)



ステレオタクティックガンマラジオサージェリー」

  [★]

stereotactic gamma radiosurgery
ガンマナイフ

定位放射線治療装置」

  [★]

stereotactic radiosurgery unit
ガンマナイフ

レクセルガンマユニット」

  [★]

Leksell gamma unit
ガンマナイフ

ガンマ」

  [★]

gamma
γ
  • 循環作動薬の投入スピードを示す。

1γ=μg/kg/min

内科レジデントの鉄則 第2版 p.14


ガン」

  [★]

cancer
がん




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡