ガストリン放出ポリペプチド

出典: meddic

gastrin-releasing polypeptide GRP
ガストリン放出ペプチド
ガストリン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

名称(別名) GRP(Gastrin releasing peptide、ガストリン放出ペプチド) 構 造・性 質 アミノ酸27個からなる直鎖ペプチド。 分子量 ~2,800。 C末端部分のLeu-Met-NH2 はP物質類と一致。 ボンベシンと構造、生物活性が ...
実施料: 175点,(1)1項目の場合 360点 (2)2項目以上の場合 400点 判断料: 生化学的検査(Ⅱ)判断料144点 区分: D009(14),B001(03ロ) レセプト名: ガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP),悪性腫瘍特異物質治療管理料(その他 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みGRP
リンク元gastrin-releasing polypeptide」「ガストリン放出ペプチド
関連記事ガストリン」「リン」「放出」「トリ」「ポリペプチド

GRP」

  [★]

gastrin-releasing peptide


gastrin-releasing polypeptide」

  [★] ガストリン放出ポリペプチド


ガストリン放出ペプチド」

  [★] ガストリン放出ポリペプチド


ガストリン」

  [★]

gastrin
消化管ホルモン

概念

  • 胃粘膜に存在し胃酸分泌を刺激する消化管ホルモンの代表で、胃分泌の胃相を司る情報伝達物質。

分類

性状

  • ポリペプチド 17aa

産生組織

標的組織

受容体

作用

  • 食道のLES:収縮 (SP.720)
  • 胃の壁細胞:H+分泌↑
  • 粘液産生細胞:粘液層増強 (First Aid step 1 p.269)
  • 腸クロム親和性細胞からのヒスタミンの放出 (Q book p.103)
  • 主細胞からのペプシノゲン分泌 (Q book p.103)
  • 胃:運動性↑ (First Aid step 1 p.269)。血流↑ (Q book p.103)
  • (胆汁の分泌に関して?)胆嚢を収縮させる。作用は弱い (SP.706)

分泌の調節

YN.A-11

  • 胃の拡張
  • アミノ酸・ペプチド

分子機構

生合成

基準値

  • 血清ガストリン濃度:30-150pg/ml

判別

  • 150-1000:鑑別試験が必要。
  • 1000以上:ガストリノーマが疑わしい

臨床関連




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






放出」

  [★]

releaseemissiondischargeejectionextrusionegressreleasedesorb
駆出退院脱着突出排出排泄物拍出発光発射分泌娩出放電遊離流出漏出追放眼脂リリース



トリ」

  [★]

birdavian
鳥類


ポリペプチド」

  [★]

polypeptide
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡