ガイドライン

出典: meddic

guideline
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_yamaguchi_d.pdf
  • 成人先天性心疾患診療ガイドライン


耳鼻咽喉科

  • PDF
  • 鼻アレルギー
  • 良性発作性頭位めまい症
  • 書籍
  • 社団法人日本耳鼻咽喉科学会 嚥下障害診療ガイドライン 耳鼻咽喉科外来における対応

ガイドラインのの評価

  • クラスI:有益であるとの根拠があり、適応が一般に同意されている。
  • クラスIIa:有益であるとの意見が多い。
  • クラスIIb:有益であるとの意見が少ない。
  • クラスIII:有益でない。または有害である。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/06 06:27:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 乳癌診療ガイドライン2015「疫学・予防」改訂の要点 (これからの乳癌診療 2016-2017) -- (疫学・予防)
  • 乳癌診療ガイドライン2015「放射線療法」改訂の要点 (これからの乳癌診療 2016-2017) -- (放射線療法)
  • 乳癌診療ガイドライン2015「薬物療法」改訂の要点 (これからの乳癌診療 2016-2017) -- (薬物療法)
  • 乳癌診療ガイドライン2015「外科療法」改訂の要点 (これからの乳癌診療 2016-2017) -- (外科療法)

関連リンク

2015.08.04 『泌尿器腹腔鏡手術』の医療提供者向け診療ガイドラインを公開しました(2015/8/4) 2015.07.29 「ガイドライン作成」を更新しました(2015/07/29) 2015.07.14 『妊娠出産』『婦人科疾患』の医療提供者向け診療ガイドラインを ...
「ガイドライン」とは - [guideline] 指標・指針・誘導指標・指導目標などと訳される。 組織・団体における個人または全体の行動(政府における政策など)に関して、守るのが好ましいとされる規範(ルール・マナー)や目...
ホーム ガイドライン 日本神経学会治療ガイドライン 細菌性髄膜炎診療ガイドライン2014 New デュシェンヌ型筋ジストロフィー診療ガイドライン2014 重症筋無力症診療ガイドライン2014 筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン2013

関連画像

 (初回治療)のガイドライン心肺蘇生法ガイドラインの歩み  ガイドライン 治療法MRSA感染症治療ガイドライン各国の高血圧治療ガイドラインガイドライン2012、部分改訂版  ・ガイドラインAutopsy imagingガイドライン


★リンクテーブル★
先読み急性冠症候群」「guideline
国試過去問102C009
リンク元指針
拡張検索成人避難所関連肺炎ガイドライン」「胆道癌診療ガイドライン
関連記事ライン」「イド

急性冠症候群」

  [★]

acute coronary syndrome, ACS
急性冠状動脈症候群急性冠動脈症候群
急性心筋梗塞
[show details]

概念

BPT.388

虚血性心疾患 ischemic heart disease IHD

急性冠症候群 acute coronary syndrome ACS


guideline」

  [★]

  • n.
  • 指針、ガイドライン

WordNet   license wordnet

「a light line that is used in lettering to help align the letters」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(未来の行動の)指針,誘指標《+『of』(『for』)+『名』》」


102C009」

  [★]

  • a. ガイドラインに従わないと医師法違反となる。
  • b. 画一的な診療を提供することが目的である。
  • c. 根拠に基づいた診療を中心に作成される。
  • d. 医療機関ごとに定めることとされている。
  • e. 患者には公開されない。
[正答]


※国試ナビ4※ 102C008]←[国試_102]→[102C010

指針」

  [★]

guideline
ガイドライン


成人避難所関連肺炎ガイドライン」

  [★]

肺炎

成人避難所関連肺炎ガイドライン

  • 冲永氏ら
  • Guidelines for Refuge-Associated Pneumonia( RAP) in Adults(ver.2 2011.4.4)

1.肺炎を疑う所見

  • 1. 咳嗽と有色喀痰
  • 2. 37.8度以上の発熱
  • 3. 呼吸数20回/分以上
  • 4. SpO2≦94%
  • 5. 息苦しさ・呼吸困難
  • 6. crackle聴取
  • 7. 胸痛(胸膜炎)

2.重症度の目安

  • 1. 年齢:男70才以上、女75才以上
  • 2. 基礎疾患:COPD、DM、CHF、肝・腎疾患、悪性疾患、免疫不全など
  • 3. 施設入所、寝たきり
  • 4. 脈拍>125回/分
  • 5. 呼吸数>30回
  • 6. 新たな精神症状・意識障害
  • 7. 脱水:腋窩の乾燥、口腔粘膜の乾燥、ツルゴール陽性、乏尿

3.市立病院への受診・搬送基準

  • 1. 「重症度の目安」3項目以上
  • 2. ショックを伴う または SpO2≦90%
  • 3. 結核疑い:既往歴、免疫低下など
  • 4. empiric therapy 3日後にも解熱しない
  • 5. 診察医の判断

4.肺炎の予防

  • 1. ウイルス感染の予防:マスク、手指衛生、咳エチケット
  • 2. 口腔ケア:歯磨き等
  • 3. 栄養の保持
  • 4. 誤嚥防止
  • 5. 脱水回避:夜間のトイレを嫌がらず、こまめに水分摂取
  • 6. 避難所の衛生環境の改善、保持

5.肺炎疑い時のempiric therapy

  • 1. 元来は健常人
経口:メイアクトMS(100)6T 3x または フロモックス(75)6T 3x(以上は食後内服が守れる時)
クラビット(500)1T 1x または レスピラトリーキノロン*
点滴:ロセフィン 1~2g 1日1回点滴
  • 2. 腎機能低下疑い・高齢者
経口:メイアクトMS(100)6T 3x または フロモックス(75)6T 3x(以上は食後内服が守れる時)
レスピラトリーキノロン 半量
点滴:ロセフィン 1g 1日1回点滴
  • 3. 非定型肺炎疑い:頑固な咳と少ない痰など
経口:ジスロマックSR 2g または ジスロマック(250)2T 1X 3日間
ミノマイシン(100) 2T 2X朝・夕
  • 4. 慢性呼吸器疾患あり
経口:レスピラトリーキノロン
点滴:ロセフィン 1回1~2g 1日1回点滴
チエナム 1回0.5~1g 1日2回点滴

凡例

参考

[display]http://medical.nikkeibp.co.jp/all/info/mag/express/data/nmexpress1106.pdf


胆道癌診療ガイドライン」

  [★]

  • 胆道癌診療ガイドライン作成出版委員会/編(07年)/ガイドライン

[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0058/1/0058_G0000159_0003.html

推奨度A: 行うよう強く勧められる。
B: 行うよう勧められる。
C1: 高いレベルの科学的根拠はないが,行うことを考慮してもよい。有用性が期待できる可能性がある。
C2: 十分な科学的根拠がないので,明確な推奨はできない。有用性を支持または否定する根拠が十分ではない。
D: 行わないよう勧められる。
エビデンスレベルレベル I システマティック・レビュー/メタアナリシス
レベル II 一つ以上のランダム化比較試験による
レベル III 非ランダム化比較試験による
レベル IV 分析疫学的研究(コホート研究や症例対象研究による)
レベル V 記述研究(症例報告やケースシリーズ)による
レベル VI 患者データに基づかない,専門委員会や専門家個人の意見


ライン」

  [★]

line
裏打ち系統


イド」

  [★]

id
エス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡