カルバモイルリン酸シンターゼ

出典: meddic

carbamoyl-phosphate synthase
カルバモイルリン酸合成酵素

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

カルバモイルリン酸シンターゼⅠとⅡの比較 カルバモイルリン酸シンターゼⅠ カルバモイルリン酸シンターゼⅡ 存在場所 肝臓のミトコンドリア 体細胞の細胞質 基質 HCO3- (重炭酸イオン) HCO3- (重炭酸イオン) 生成物 カルバモイル ...
カルバモイルリン酸(カルバモイルリンさん、Carbamoyl phosphate)とは、生化学的に重要なアニオンである。尿素回路では、オルニチンと反応してシトルリンにする反応に関わることで過剰な窒素の体外への排出を行っている。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元カルバモイルリン酸合成酵素」「carbamoyl-phosphate synthase
拡張検索カルバモイルリン酸シンターゼ欠損症」「グルタミン加水分解性カルバモイルリン酸シンターゼ」「カルバモイルリン酸シンターゼII」「カルバモイルリン酸シンターゼI
関連記事リン」「カルバモイルリン酸」「」「シンターゼ

カルバモイルリン酸合成酵素」

  [★]

carbamoyl-phosphate synthetasecarbamoyl-phosphate synthase, carbamyl phosphate synthetase CPS
カルバモイルリン酸シンテターゼカルバモイルリン酸合成酵素Iカルバモイルリン酸シンターゼ
[show details]


carbamoyl-phosphate synthase」

  [★]

カルバモイルリン酸合成酵素カルバモイルリン酸シンターゼ

carbamoyl-phosphate synthetase、carbamoyl-phosphate synthetase I


カルバモイルリン酸シンターゼ欠損症」

  [★]

carbamoyl phosphate synthase deficiency
カルバモイルリン酸オルニチン回路


グルタミン加水分解性カルバモイルリン酸シンターゼ」

  [★]

glutamine-hydrolyzing carbamoyl-phosphate synthase
グルタミン加水分解性カルバモイルリン酸合成酵素

カルバモイルリン酸シンターゼII」

  [★]

carbamoyl-phosphate synthase II
カルバモイルリン酸合成酵素II


カルバモイルリン酸シンターゼI」

  [★]

carbamoyl-phosphate synthase I
カルバモイルリン酸合成酵素I


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






カルバモイルリン酸」

  [★]

carbamoyl phosphate
H2N-CO-(OPO3)2-
  • オルニチン回路に入る物質である。窒素、重炭酸イオン、およびATPから生成される。この反応はミトコンドリアで起こる。


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

シンターゼ」

  [★]

synthase
合成酵素付加酵素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡