カスケード反応

出典: meddic

cascade reaction
逐次的反応


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 含窒素有機分子の革新的合成法の開発と応用
  • 多段階カスケード反応を駆使するケミカルバイオロジー研究
  • 血栓塞栓の発生する仕組み

関連リンク

一つの素反応が別の部分に活性な官能基を生成、それがさらに反応を起こす反応形式の総称。滝の水が流れ落ちるがごとく、次々と反応が進行してゆく様から"カスケード"と形容される。タンデム反応(tandem reaction)もしくはドミノ反応 ...
凝固反応 血管が傷つき、血液が傷害血管壁や血管内皮下組織に接触したり、組織因子の血中流入があると、凝固反応が開始され、一次止血、二次止血の段階を経て、最 終的に血液中のフィブリノゲンが不溶性のフィブリンに変わり ...

関連画像

カスケード反応で難関天然物を 1.2 リムルス試薬を用いた カスケード反応とはカスケード反応 Cascade Reactionカスケード凝固反応のイメージ  酸カスケードと血液凝固反応


★リンクテーブル★
関連記事反応

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡