オトガイ下リンパ節

出典: meddic

submental node, submental nodes


和文文献

  • 顎下腺転移を認めた肺小細胞癌の1例
  • 丸岡 靖史,安藤 智博,扇内 洋介,小林 槇雄,扇内 秀樹
  • 東京女子医科大学雑誌 77(11), 578-582, 2007-11
  • … 左顎下腺下極に25×22mm大で類円形,内部不均一,境界不明瞭なlow intensity massを認め,オトガイ下リンパ節の腫脹も認められ,顎下腺悪性腫瘍が疑われたため,左顎下腺腫瘍切除生検術を施行した.腫瘍は類円形で顎下腺下極に癒着しており,割面は充実性で黄白色を呈していた.病理組織学的には顎下腺小細胞癌,オトガイ下リンパ節転移との報告であったため,全身精査を行った.胸部CTにて右肺門部付近に15mmの …
  • NAID 110007525373
  • 統合失調症により,治療中に精神療法的関与を必要とした舌癌の1例
  • 松本 浩一,小佐野 仁志,松村 俊男,岩田 和彦,岡崎 翼,岡島 美朗,阿部 隆明,丹波 嘉一郎,草間 幹夫
  • 自治医科大学医学部紀要 28, 101-107, 2005-12-01
  • … 初回手術9ヵ月後にオトガイ下リンパ節に後発転移を認め,右側頸部郭清術および術後放射線外照射を施行した。 …
  • NAID 110006452479

関連リンク

これは大抵の場合、「顎下リンパ節」と呼ばれる組織に炎症がおきているのです。 顎の 下に限らず、 ... さて、歯科では下顎の下の正面から見て真中にある「オトガイ下リンパ 節」と、左右の顎の下それぞれにある「顎下リンパ節」が関連します。 「オトガイ下リンパ 節」 ...
2005年2月18日 ... 位置的には顎下部リンパ節かオトガイ下リンパ節だと思われます。この位置は首の上の 方で、口の周囲の所属リンパ節の一つです。明らかな原因がなく腫れる場合も多く、CT での判断基準もここのリンパ節は大きくなりやすいことが言われて ...

関連画像

初回CT(99/2/9)右顎下リンパ節イメージ 2リンパ節の図イメージ 3右顎下リンパ節(r-SMLN3)のCT上で  の6ヶ所の主要リンパ節部分


★リンクテーブル★
先読み
リンク元頚静脈肩甲舌骨筋リンパ節」「submental nodes」「submental node
関連記事リンパ節」「リン」「」「オトガイ」「

舌」

  [★]

tongue
味覚


舌の神経支配

  • N.58
         舌体       |[有郭乳頭]  舌根
         前2/3       | ▼[分界稜] 後1/3
                  |   ▼
感覚神経(特殊) 顔面神経(CN VII)|        舌咽神経(CN IX )、最後方は迷走神経(CN X)
感覚神経(一般) 三叉神経(CN V  )|        舌咽神経(CN IX )、最後方は迷走神経(CN X)
運動神経     舌下神経(CN XII)|        舌下神経(CN XII)
発生学的起源   第一鰓弓              第二・三・鰓弓+四鰓弓の一部

機能

  • 味覚
  • 咀嚼

臨床関連

BAT. 279 IMD.74
  • 舌の異常

参考

  • 1.
[display]http://www.linkclub.or.jp/~entkasai/zetu-1.html




頚静脈肩甲舌骨筋リンパ節」

  [★]

jugloomohyoid lymph node (N), juglo-omohyoid node
深頚リンパ節


舌尖からのリンパ

submental nodes」

  [★] オトガイ下リンパ節


submental node」

  [★] オトガイ下リンパ節

リンパ節」

  [★]

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html

</nowiki>



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


オトガイ」

  [★]

mentum, chin
  • 下顎のうち正中に近い突出した部分。類人猿と異なるヒトの特徴 (KH.4)

下」

  [★]

下位下方サブ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡