オイラックスH

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 疥癬の集団発生
  • 出来尾 哲,森安 昌治郎
  • 西日本皮膚科 38(1), 44-47, 1976
  • … 治療として,安息香酸ベンジルローションとオイラックスHの外用,入浴,シーツの取りかえおよび寝室と寝具の消毒を頻回に続けた。 …
  • NAID 130004472299

関連リンク

オイラックスHとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 皮膚の赤みやかゆみをとる塗り薬です。湿疹や皮膚炎の治療に用います。 作用 腫れや赤みをとるステロイドの“ヒドロコルチゾン ...
ノバルティス ファーマ株式会社のオイラックスHクリーム(外皮用薬)、一般名クロタミトン(Crotamiton) ヒドロコルチゾン(Hydrocortisone) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 ... オイラックスHクリーム 薬には効果(ベネフィット)だけ ...
オイラックスH(副腎皮質ホルモン(ステロイド)とかゆみ止めの混合薬 )について主な作用 副作用 用い方と注意点を説明します ... 主な作用 クロタミトンには人のいろいろな皮膚感覚のうち、かゆみの感覚を抑制する作用があり、湿疹やじ ...

関連画像

 オイラックスHクリーム:5g×20新 オイラックスHクリームへの オイラックスHクリーム オイラックスH 包装写真オイラックスHクリームオイラックスHクリーム

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痒・消炎剤

販売名

オイラックスHクリーム

組成

成分・含量

  • 1g中クロタミトン100mg(10%)、ヒドロコルチゾン(日局)2.5mg(0.25%)

添加物

  • ステアリルアルコール、プロピレングリコール、ワセリン、ステアリン酸ポリオキシル、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、香料

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症の患者〔感染症を悪化させることがある。〕(「副作用」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷の患者〔肉芽組織を抑制し、創傷治癒を妨げることがある。〕

効能または効果

  • 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)、皮膚そう痒症、小児ストロフルス、虫さされ、乾癬
  • 通常、1日1〜数回直接患部に塗布又は塗擦するか、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付する。なお、症状により適宜増減する。

薬効薬理

抗炎症作用1)

  • ウサギの脱毛した皮膚にクロトン油皮膚炎を起こさせ、これに1日2回オイラックスHクリーム又はオイラックスクリーム10%を13日間連日貼付した実験で、オイラックスHクリーム貼付群で発赤は7日目、糜爛は10日目、痂皮は12日目に消失し、無処置群に比べて明らかな差がみられたが、オイラックスクリーム10%では特別な差はみられていない。

鎮痒作用2)

  • 軽症皮膚疾患患者の両前膊屈側中央に1,000倍塩酸ヒスタミン液を滴下し、注射針で軽く皮膚を穿刺しそう痒を起こさせた後、オイラックスHクリーム又は比較薬剤を塗布し、止痒に要する平均時間比を求めた試験で、オイラックスHクリームは1%ヒドロコルチゾン、オイラックスクリーム10%より大なる鎮痒作用が認められている。

ヒスタミン発斑に対する抑制効果2)

  • 軽症皮膚疾患患者の前膊屈側にオイラックスHクリーム又は比較薬剤を塗布後、それぞれの局所において、1,000倍塩酸ヒスタミン液による発斑試験を行った結果、オイラックスHクリームは1%ヒドロコルチゾンに比しかなり強く膨疹、紅斑を抑制することが認められている。

有効成分に関する理化学的知見

クロタミトン

一般名

  • クロタミトン(Crotamiton)

化学名

  • Crotonyl-N-ethyl-o-toluidine

分子式

  • C13H17NO

分子量

  • 203.28

性状

  • 無色〜淡黄色澄明の液で、低温において一部又は全部が固化することがあり、わずかに特異なにおいがある。メタノール、エタノール(95)、アセトン、ジエチルエーテル、クロロホルム、シクロヘキサン又は石油エーテルと混和する。水に溶けにくい。

屈折率n20D

  • 1.540〜1.543

ヒドロコルチゾン

一般名

  • ヒドロコルチゾン(Hydrocortisone)

化学名

  • 11β,17α,21-Trihydroxypregn-4-ene-3,20-dione

分子式

  • C21H30O5

分子量

  • 362.46

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはない。メタノール、エタノール(95)又は1,4-ジオキサンにやや溶けにくく、クロロホルムに溶けにくく、水又はジエチルエーテルに極めて溶けにくい。

融点

  • 212〜220℃(分解)


★リンクテーブル★
先読みヒドロコルチゾン
リンク元鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」「酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン」「クロタミトン
関連記事H」「ラック

ヒドロコルチゾン」

  [★]

hydrocortisone HDC
コルチゾール cortisol
コハク酸ヒドロコルチゾン酢酸ヒドロコルチゾン酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン
ロコイドハーユロンパンデルアボコートクレイトンコートリルサクシゾンソル・コーテフHCゾロンハイドロコートン
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンイトロン
(クロルヘキシジンジフェンヒドラミンヒドロコルチゾンベンザルコニウム)デスパ。(ヒドロコルチゾンフラジオマイシンジフェンヒドラミン)レスタミン。(ヒノキチオールヒドロコルチゾンアミノ安息香酸エチル)ヒノポロン。(クロタミトンヒドロコルチゾン)オイラックス。(混合死菌浮遊液、ヒドロコルチゾン)エキザルベ。(オキシテトラサイクリンヒドロコルチゾン)テラ・コートリル。(ヒドロコルチゾンフラジオマイシンジブカインエスクロシド)プロクトセディルヘモレックス。(大腸菌死菌浮遊液、ヒドロコルチゾン)ポステリザン
Penecort
副腎皮質ホルモン

添付文書

  • サクシゾン静注用500mg/*サクシゾン静注用1000mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2452400D6078_2_01/2452400D6078_2_01?view=body




鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」

  [★]

商品

</rad>


酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン」

  [★]

hydrocortisone butyrate propionate
HCゾロンアボコートイトロンエキザルベ オイラックスHクレイトンコートリルサクシゾンソル・コーテフデスパコーワテラ・コートリルハイドロコートンハーユロンパンデルヒノポロン口腔用プロクトセディルヘモレックスポステリザンFロコイド強力ポステリザン強力レスタミンコーチゾンコーワ
ヒドロコルチゾン


クロタミトン」

  [★]

crotamiton
オイラックスHオイラックスキンダロングリメサゾンケトコナゾールサイベースマイアロンEurax


  • 外用かゆみ止め


H」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 8th letter of the Roman alphabet」
h

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「hydrogenの化学記号」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「鉛筆の硬度 / 《俗》heroin」


ラック」

  [★]

rack
試験管立て




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡