ウレアーゼ

出典: meddic

urease
尿素分解酵素
urease-positive bug(Proteus vulgaris, Staphyloccus, Klebsiella)
  • Pylori––think pylorus of stomach. Proteus and H. pylori are both urease positive (cleave urea to ammonia).



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/10 17:16:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウレアーゼ活性を有する微生物を鋳型とした球状炭酸アパタイトの合成
  • 矢沢 勇樹,秋本 航平,相澤 由花
  • 日本海水学会誌 65(3), 156, 2011-06-01
  • NAID 10028150934
  • 損傷を受けた微生物固化土の潜在的修復可能性に関する検討
  • 桑野 玲子,細尾 誠
  • 生産研究 63(4), 407-410, 2011
  •  環境への負荷の少ない地盤固化技術として, 微生物の保持するウレアーゼによる尿素分解効果を用いた地盤固化が試みられている.本研究では, 有用微生物の活性を保持していれば, あるいは必要に応じて活性を高めれば固化効果が繰返し生じることに着目した.Bacillus pasteuriiと固化促進グラウト(カルシウム源, 尿素, 微生物の栄養源を含む溶液)を用い, 炭酸カルシウムの析出による砂供試体の固化 …
  • NAID 130001080243
  • 弾性波による微小液滴搬送を利用したバイオセンサ
  • 杉田 貴昭,近藤 淳
  • 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波 110(306), 1-5, 2010-11-18
  • 弾性表面波(SAW)を利用すると,伝搬面上で液滴の搬送,混合が可能である.生体分子を用いた反応を検出するためにSAW伝搬表面上にセンサを作成した.しかし,生物工学への応用を考えるとき,生体分子を取り扱うため安価で使い捨て可能なデバイスが要求されている.そのため使い捨て可能なデバイスとして安価なカバーガラスを利用したガラス/マッチング層/圧電基板から構成されるマイクロ実験室が考案された.このマイクロ …
  • NAID 110008145078

関連リンク

1926年にジェームズ・サムナーがナタマメのウレアーゼをタンパク質としては初めて結晶 化することに成功し、酵素の主成分がタンパク質であることが明らかになった。その後、 ウレアーゼは活性中心にニッケルを含む酵素であることが判明し、現在では完全な ...
ヘリコバクター・ピロリの持つウレアーゼは細胞の表層部に局在しており、中性および 酸性領域の2種類の至適pHを持つため、胃内部の酸性条件下でも尿素からの アンモニア産生が可能である。ウレアーゼによって作られたアンモニア ...

関連画像

② 鏡検法 : 生検した組織標本 図 迅速ウレアーゼ試験迅速 ウレアーゼ 試験 - meddic迅速ウレアーゼ試験迅速ウレアーゼ試験というそう 本日ヘリコバクターの組織迅速 迅速ウレアーゼ法は病気も発見 pylori 迅速ウレアーゼ試験法


★リンクテーブル★
リンク元尿素」「尿素窒素」「urease」「ウレアーゼ産生細菌
拡張検索迅速ウレアーゼ試験」「ウレアーゼ活性」「ウレアーゼ・ネスラー法

尿素」

  [★]

urea
カルバミド carbamideウレア
アセチロールイソジンシュガーパスタウリモックスウレアウレパールカフコデN配合ケラチナミンケラベンスコンベルビーノルニチカミンパスタロンパステルハップ ビタルファピロニックプラチアミンブロバリンブロムワレリル尿素 ベギンユービットワイドコール
尿素クリアランスウレアーゼ
  • 溶解度 700g/L

O=C(NH2)2

腎臓

  • 多くの組織では浸透圧物質として無効であるが、腎臓のネフロンの多くの部位では有効な浸透圧物質である (文献名不明 p.373)
  • 再吸収:近位尿細管、集合管(ADH作用時)
  • 分泌 :ヘンレプールの細い部分
  • GFRが低下すると血中尿素濃度と血中クレアチン濃度は上昇し、GFRが正常の1/3-1/4になると顕著となる。

腎髄質での尿濃縮機構

  • 腎臓における尿の濃縮は(1)腎髄質の浸透圧勾配(NaCl尿素が形成)と(2)集合管による水透過性に支配されている。
  • 尿素が腎髄質の浸透圧勾配に重要な役割を果たしている。
  • シスプラチンは尿素サイクルを抑制し、尿濃縮機構を障害する。


臨床関連

  • GFRが低下して血中に窒素化合物が蓄積している状態




尿素窒素」

  [★]

urea nitrogen UN
血中尿素窒素 blood urea nitrogen BUN
尿素ウレアーゼクレアチニン残余窒素


意義

  • 血中の尿素
  • 尿素は肝臓で尿素サイクルによって産生される。

尿素窒素を構成する要素 LAB

基準値

  • 8-20 mg/dL (QB)
単位の変換:1 mg/dL = 10 x 10^-3 g/L = 10^-2 / 28 mol/L = 0.0003751 mol/L = 0.3751 mmol/L
N2 = 28 g/L

判別(検査値の本より)

  • 3g/日以下(減少)
  • [高頻度]肝不全(肝硬変末期など)、高度腎不全、低蛋白食、妊娠
  • [可能性]飢餓
  • 15g/日以上(増加)
  • [高頻度]高蛋白食、蛋白異化の亢進する病態(悪性腫瘍、感染、外傷、手術など)
  • [可能性]コルチコステロイド、利尿薬、テトラサイクリンなどの薬物投与


urease」

  [★] ウレアーゼ

WordNet   license wordnet

「an enzyme that catalyzes the hydrolysis of urea into carbon dioxide and ammonia; is present in intestinal bacteria」


ウレアーゼ産生細菌」

  [★]

urease-producing bacteria
ウレアーゼ


迅速ウレアーゼ試験」

  [★]

rapid urease test
ウレアーゼ試験Helicobacter pylori


ウレアーゼ活性」

  [★]

Cushing's syndrome
Cushing's syndrome


ウレアーゼ・ネスラー法」

  [★]

urease-Nessler method




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡