インターロイキン1受容体

出典: meddic

interleukin-1 receptorIL-1 receptor
インターロイキン1レセプターIL-1受容体IL-1レセプター

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 羊膜と免疫反応
  • 堀 純子
  • 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica 56(9), 722-727, 2005-09-28
  • NAID 10017250620
  • プロテインキナーゼCアイソザイムの細胞機能と病態における役割 : 新たな視点からの創薬への応用
  • 久山 哲廣,中山 貢一,斎藤 尚亮 [他],木原 康樹,西澤 茂,小原 一男,石塚 達夫
  • 日本薬理学雑誌 119(2), 65-78, 2002-02-01
  • 細胞機能の発現及び病態の発症やそれらの維持にプロテインキナーゼC(PKC)が関与していることはよく知られている.本稿では6つのトピックを採りあげPKCアイソザイムという観点からこれらの問題に焦点を当ててみた.斎藤はPKCδが細胞に加えられた刺激の違いにより,異なる細胞内部位にターゲティング(targeting)し,標的部位の違いによりそれぞれ異なる細胞機能を発現することを見いだした.木原はベンゾチ …
  • NAID 10008414628
  • 38. 血管平滑筋におけるインターロイキン1受容体を介した誘導型NO合成酵素発現におけるNF-κBの核内移行及びProtein kinaseCの活性化の役割
  • 久山 哲廣,猪本 美佳,日置 由佳理,福井 裕行
  • Journal of smooth muscle research. Japanese section 3(1), J-41, 1999-04-30
  • NAID 110002685117

関連リンク

先に述べたとおりIL-1は細胞膜表面のIL-1受容体を介して作用することが知られている 。このIL-1受容体にはタイプI(IL-1RI)及びタイプII(IL-1RII)の2つのサブタイプが存在する 。これらの受容体は細胞膜を1回貫通する構造をとっており、 ...

関連画像

regnase-1はToll様受容体あるいはIL 図 1 : IL-1 受容体NLRC4を介したインターロイキン TRAF5はインターロイキン インターロイキン」に関する インターロイキン6による


★リンクテーブル★
先読みinterleukin-1 receptor
リンク元IL-1 receptor」「IL-1受容体」「インターロイキン1レセプター」「IL-1レセプター
拡張検索インターロイキン1受容体アンタゴニストタンパク質」「インターロイキン1受容体アクセサリータンパク質」「インターロイキン1受容体II型」「インターロイキン1受容体I型
関連記事受容体」「インターロイキン」「受容」「」「インター

interleukin-1 receptor」

  [★]

interleukin-1 receptors


IL-1 receptor」

  [★]

IL1 receptor、interleukin-1 receptor


IL-1受容体」

  [★]

IL-1 receptor
インターロイキン1受容体インターロイキン1レセプターIL-1レセプター


インターロイキン1レセプター」

  [★]

interleukin-1 receptorIL-1 receptor
インターロイキン1受容体IL-1受容体IL-1レセプター

IL-1レセプター」

  [★]

IL-1 receptor
インターロイキン1受容体インターロイキン1レセプターIL-1受容体


インターロイキン1受容体アンタゴニストタンパク質」

  [★]

interleukin-1 receptor antagonist protein
アナキンラ


インターロイキン1受容体アクセサリータンパク質」

  [★]

interleukin-1 receptor accessory protein


インターロイキン1受容体II型」

  [★]

interleukin-1 type II receptor


インターロイキン1受容体I型」

  [★]

interleukin-1 type I receptor


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

インターロイキン」

  [★]

interleukin interleukins IL
サイトカイン


=知られているインターロイキン

IMM.799
  • IL-1:マクロファージ、上皮細胞が産生。視床下部に作用して発熱、T細胞やマクロファージを活性化させる。
  • IL-2:リンパ球(T細胞)が産生し、細胞性免疫(T細胞の増殖)にかかわる。
  • IL-3:活性化リンパ球などから産生される造血因子(骨髄系細胞の増殖因子)
  • IL-4:T細胞、肥満細胞により産生され、B細胞活性化、IgEスイッチ、Th2細胞への分化誘導などの機能を有する。
  • IL-5:好酸球の分化と活性化を誘導
  • IL-6:T細胞、マクロファージ、内皮細胞が産生。T細胞・B細胞の増殖と分化、急性期タンパク(CRPなど)の産生、発熱に関わる。
  • IL-7
  • IL-8
  • IL-9
  • IL-10
  • IL-11
  • IL-12
  • IL-13
  • IL-14
  • IL-15
  • IL-16
  • IL-17
  • IL-18
  • IL-19
  • IL-20
  • IL-21
  • IL-22
  • IL-23
  • IL-24
  • IL-25
  • IL-26
  • IL-27



受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


インター」

  [★]

inter




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡