インスリン療法

出典: meddic

insulin treatment
インスリン治療インスリン処置


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高齢糖尿病患者の在宅インスリン療法見守りシステムの開発 (JTTA 2014 NAGASAKI 第18回日本遠隔医療学会学術大会 : 地域医療と在宅医療の融合を支援する) -- (在宅医療支援)
  • 亀田 多江,渡辺 透,横山 繁盛 [他]
  • 日本遠隔医療学会雑誌 10(2), 209-212, 2014-10
  • NAID 40020226946
  • NT座談会・臨床の知へのアプローチ(vol.4)糖尿病看護のベストプラクティス : インスリン療法を行う患者へのケアを安全に実施するために
  • 森 小律恵,曽根 晶子,水野 美華
  • Nursing today 29(5), 62-65, 2014-10
  • NAID 40020209567
  • 在宅での安全なインスリン治療継続への取り組み : クリニカルパスを活用したインスリン導入患者へのサポートシステムづくり (特集 誌上コンサルテーションシリーズ(10)糖尿病ケア : インシデント防止への取り組みと連携) -- (安全に効果的にインスリン療法を継続するために)

関連リンク

初めてのインスリン療法. 監修: 順天堂大学大学院 教授 河盛隆造 先生. インスリン 療法を始める前に; インスリン療法の実際; 日常生活でのインスリン療法について; インスリン療法Q&A; おわりに. PDFダウンロード (2.66MB 14頁) ...

関連画像

強化インスリン療法 糖尿病 ~インスリン療法  インスリン 療法 周産期 の 糖尿病におけるインスリン療法次ページ インスリン療法は インスリンポンプ療法


★リンクテーブル★
先読みインスリン治療
国試過去問101D025
リンク元インスリン処置」「insulin treatment
拡張検索強化インスリン療法
関連記事インスリン」「リン」「」「療法

インスリン治療」

  [★]

insulin treatment
インスリン

インスリン治療の絶対適応と相対適応

DMR.124

絶対適応

  • 重篤な感染症
  • 重度の外傷
  • 侵襲の大きい手術
  • 妊娠合併例  (妊娠糖尿病

相対適応

  • 1. 家族歴が濃厚で、既往及び現在において肥満がない、あるいは最近体重の減少傾向が見られる
  • 2. 尿中CPR低下
  • 3. 1型糖尿病疑診例
  • 4. SU薬二次無効例
  • 5. 糖毒性解除目的
  • 6. ステロイド糖尿病
  • 7. 膵疾患、肝・腎疾患
  • 8. 経口糖尿病治療薬に対する副作用例
  • 9. 高カロリー輸液


101D025」

  [★]

  • 86歳の男性。ケトン性アシドーシスによる意識障害のため搬入された。入院後インスリン療法で意識は回復し、通常の日常生活に戻れる目途がたった。82歳の妻と2人暮らしである。かかりつけ医から耐糖能異常に対して食事療法を受けていたが、入院までは自立した生活を送っており、散歩や庭仕事を楽しんでいた。子供はいない。
  • 退院に向けて重要性が低いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D024]←[国試_101]→[101D026

インスリン処置」

  [★]

insulin treatment
インスリン治療インスリン療法


insulin treatment」

  [★]

強化インスリン療法」

  [★]

intensive conventional insulin therapy ICT, intensive insulin therapy


インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡