インスリン療法

出典: meddic

insulin treatment
インスリン治療インスリン処置


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高齢糖尿病患者の在宅インスリン療法見守りシステムの開発 (JTTA 2014 NAGASAKI 第18回日本遠隔医療学会学術大会 : 地域医療と在宅医療の融合を支援する) -- (在宅医療支援)
  • 亀田 多江,渡辺 透,横山 繁盛 [他]
  • 日本遠隔医療学会雑誌 10(2), 209-212, 2014-10
  • NAID 40020226946
  • NT座談会・臨床の知へのアプローチ(vol.4)糖尿病看護のベストプラクティス : インスリン療法を行う患者へのケアを安全に実施するために
  • 森 小律恵,曽根 晶子,水野 美華
  • Nursing today 29(5), 62-65, 2014-10
  • NAID 40020209567
  • 在宅での安全なインスリン治療継続への取り組み : クリニカルパスを活用したインスリン導入患者へのサポートシステムづくり (特集 誌上コンサルテーションシリーズ(10)糖尿病ケア : インシデント防止への取り組みと連携) -- (安全に効果的にインスリン療法を継続するために)

関連リンク

初めてのインスリン療法. 監修: 順天堂大学大学院 教授 河盛隆造 先生. インスリン 療法を始める前に; インスリン療法の実際; 日常生活でのインスリン療法について; インスリン療法Q&A; おわりに. PDFダウンロード (2.66MB 14頁) ...

関連画像

強化インスリン療法 糖尿病 ~インスリン療法  インスリン 療法 周産期 の 糖尿病におけるインスリン療法次ページ インスリン療法は インスリンポンプ療法


★リンクテーブル★
先読みインスリン治療
国試過去問101D025
リンク元インスリン処置」「insulin treatment
拡張検索強化インスリン療法
関連記事インスリン」「リン」「」「療法

インスリン治療」

  [★]

insulin treatment
インスリン

インスリン治療の絶対適応と相対適応

DMR.124

絶対適応

  • 重篤な感染症
  • 重度の外傷
  • 侵襲の大きい手術
  • 妊娠合併例  (妊娠糖尿病

相対適応

  • 1. 家族歴が濃厚で、既往及び現在において肥満がない、あるいは最近体重の減少傾向が見られる
  • 2. 尿中CPR低下
  • 3. 1型糖尿病疑診例
  • 4. SU薬二次無効例
  • 5. 糖毒性解除目的
  • 6. ステロイド糖尿病
  • 7. 膵疾患、肝・腎疾患
  • 8. 経口糖尿病治療薬に対する副作用例
  • 9. 高カロリー輸液


101D025」

  [★]

  • 86歳の男性。ケトン性アシドーシスによる意識障害のため搬入された。入院後インスリン療法で意識は回復し、通常の日常生活に戻れる目途がたった。82歳の妻と2人暮らしである。かかりつけ医から耐糖能異常に対して食事療法を受けていたが、入院までは自立した生活を送っており、散歩や庭仕事を楽しんでいた。子供はいない。
  • 退院に向けて重要性が低いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D024]←[国試_101]→[101D026

インスリン処置」

  [★]

insulin treatment
インスリン治療インスリン療法


insulin treatment」

  [★]


強化インスリン療法」

  [★]

intensive conventional insulin therapy ICT, intensive insulin therapy



インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3