イムノフィリン

出典: meddic

immunophilin

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 虚血性脳障害のメカニズム
  • 内野 博之,平林 剛,横山 智仁,池田 幸穂,石井 脩夫
  • 東京醫科大學雜誌 66(2), 159-170, 2008-04-25
  • NAID 10024169094
  • 虚血性神経細胞死の分子生物学的機序と薬物療法による脳保護 (特集 中枢神経の保護)
  • 内野 博之,諸田 沙織,平林 剛 [他]
  • 麻酔 56(3), 248-270, 2007-03
  • NAID 40015345748

関連リンク

[編集] 免疫抑制の方法. 2007年現在、ヒトにおける免疫抑制の方法論は研究レベルの ものを含めて以下のものが知られている。このうちイムノフィリンに作用する薬剤( シクロスポリンやタクロリムス水和物)は比較的選択的に作用する。 炎症を調節する 遺伝子の ...

関連画像

分裂酵母のカルシニューリンと 大環状ラクトン化合物および 多環状ラクトン化合物および エベロリムスは、白色~淡黄色 分裂酵母のカルシニューリンと 技術 皮膚角層細胞間脂質擬似


★リンクテーブル★
関連記事リン」「イムノ

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





イムノ」

  [★]

immuno
免疫




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡