アンフェタミン関連障害

出典: meddic

amphetamine-related disorder
アンフェタミン乱用
またはアンフェタミ ン様

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

アンフェタミンは合成覚醒剤の一種である。食欲低下や体重抑制、およびナルコレプシーや注意欠陥多動性障害・ADHDなどの治療に使用される。アンフェタミン関連障害は、能率向上や娯楽目的での濫用である。
物質関連障害には、アルコールやニコチンが先ず思い浮かぶが、他にもアンフェタミン、カフェイン、大麻、コカイン、幻覚剤、吸入剤、アヘン、フェンシクリジン、鎮静剤、催眠剤、抗不安薬など多数の物質による中毒や障害がある。

関連画像

アンフェタミン」の関連記事 アンフェタミン(AMP)の薬剤 1つ パラクロロアンフェタミン誘発 患者にアンフェタミンの処方 9784765314312-and-1.png


★リンクテーブル★
リンク元アンフェタミン乱用」「amphetamine-related disorder
関連記事関連」「アンフェタミン」「障害」「

アンフェタミン乱用」

  [★]

amphetamine abuse
アンフェタミン関連障害


amphetamine-related disorder」

  [★]

アンフェタミン関連障害

amphetamine abuse

関連」

  [★]

relationrelationshipcorrelationrelevancelinkimplicationconnectionbearingassociationreferencerelateassociateattachcorrelaterelativerelevantpertinent
暗示意味会合関係、関する、関連性基準共生結合結線言及参考、参照、照会、親戚親類軸受け相関相関性相互関係相対相対性相対的対合態度妥当適切同僚付随付着結びつける類縁体連関連結連合連合性連鎖連接、連絡、群集添付協会接続関係性リファレンスリンク参考文献相関関係関連づける


アンフェタミン」

  [★]

amphetamine
メタンフェタミン


  • 覚醒アミン
  • 中枢神経に作用してカテコールアミンの放出を促進し、覚醒作用を表す(SPC.10)

作用機序 (SPC.210-211)

薬理作用 (SPC.210-211)

  • 気分高揚、疲労感消失、不眠、知的活動上昇、呼吸刺激、食欲減退

副作用

  • 振戦、被刺激性上昇、不眠、けいれん、心興奮作用(頭痛、心悸亢進、不整脈、胸痛)
  • 慢性中毒:妄想型精神分裂病に類似した症状。精神依



障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡