アンチピリン

出典: meddic

antipyrine
antipyrinum
フェナゾン phenazone



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/26 15:24:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4-アミノアンチピリン発色-安息香酸メチル抽出吸光光度法による排水のフェノール類の定量
  • 森田 絵美,中村 栄子
  • 分析化学 = Japan analyst 59(10), 917-920, 2010-10-05
  • A methyl benzoate extraction procedure was studied for determining small amounts of phenol compounds in waste in the 4-aminoantipyrine spectrometry. The proposed procedure was as sensitive as the typi …
  • NAID 10026670927
  • 症例 イソプロピルアンチピリンによる蕁麻疹型薬疹の1例
  • 山本 哲久,里 美佐子,大槻 真弓 [他]
  • 皮膚科の臨床 51(6), 775-778, 2009-06
  • NAID 40016709370

関連リンク

アンチピリン(英:antipyrine)とはピラゾロン誘導体であるサリチル酸様鎮痛解熱薬の1 つ。頭痛、リウマチ、月経痛などに用いられる。体温調節中枢に作用し、皮膚血管を拡張 することにより熱の放散を活発にする。副作用としてピリン疹の発生、血液障害が ...

関連画像

アンチピリン散」アンチピリン第十六改正日本薬局方(JP16)名称 イソ プロ ピル アンチピリン  :イソプロピルアンチピリンアンチピリン

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痛剤

販売名

ミグレニン シオエ

組成

成分・含量 (1g中)

  • 日本薬局方ミグレニン 1g
    (アンチピリン90、カフェイン9及びクエン酸1の重量の割合からなる。)

効能または効果

  • 頭痛
  • ミグレニンとして、通常成人1日1.0gを2?3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

長期連用は避けるべきである。

慎重投与

  • 本人又は両親・兄弟が他の薬物に対するアレルギー、蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎又は食物アレルギー等の患者[過敏症を起こすことがある。]
  • 肝又は腎障害のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 血液障害 (貧血、白血球減少等)のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショック症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、胸内苦悶、血圧低下、顔面蒼白、脈拍異常、呼吸困難等の症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

無顆粒細胞症

(頻度不明)

  • 無顆粒細胞症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

薬効薬理

  • 本薬はアンチピリンとカフェインの相乗作用で鎮痛効果をたかめたもので、特に片頭痛に効果的である。アンチピリンは視床に作用し、痛覚伝達路の求心性シナプスの感受性を低下させることにより疼痛閾値を上昇させ、鎮痛作用を現す。またカフェインは、中枢性の鎮痛作用のほか、脳血管抵抗を増大し、脳血流量を減少させることにより、頭痛をおさえる作用がある。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • ミグレニン (Migrenin)

性状:

  • 本品は白色の粉末又は結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。本品は水に極めて溶けやすく、エタノール(95)又はクロロホルムに溶けやすく、ジエチルエーテルに溶けにくい。

本品1.0gを水10mLに溶かした液のpHは3.0?4.0である。
本品は湿気及び光によって変化する。

融点:

  • 104?110℃

アンチピリン

一般名:

  • アンチピリン (Antipyrine)

化学名:

  • 1, 5-Dimethyl-2-phenyl-1, 2-dihydropyrazol-3-one

化学構造式:

分子式:

  • C11H12N2O

分子量:

  • 188.23

融点:

  • 111?113℃

性状:

  • 本品は無色若しくは白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味はわずかに苦い。

本品は水に極めて溶けやすく、エタノール(95)に溶けやすく、ジエチルエーテルにやや溶けにくい。
本品の水溶液(1→10)は中性である。

カフェイン

一般名:

  • カフェイン (Caffeine)

化学名:

  • 3, 7-Dihydro-1, 3, 7-trimethyl-1H -purine-2, 6-dione monohydrate

化学構造式:

分子式:

  • C8H10N4O2・H2O

分子量:

  • 212.21

融点:

  • 235?238℃ (乾燥後)。

性状:

  • 本品は白色の柔らかい結晶又は粉末で、においはなく、味はやや苦い。本品はクロロホルムに溶けやすく、水、酢酸(100)又は無水酢酸にやや溶けにくく、エタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルに極めて溶けにくい。本品1.0gを水100mLに溶かした液のpHは5.5?6.5である。

本品は乾燥空気中で風解する。

クエン酸

一般名:

  • クエン酸 (Citric Acid)

化学名:

  • 2-Hydroxypropane-1, 2, 3-tricarboxylic acid monohydrate

化学構造式:

分子式:

  • C6H8O7・H2O

分子量:

  • 210.14

性状:

  • 本品は無色の結晶又は白色の粒若しくは結晶性の粉末で、においはなく、強い酸味がある。

本品は水に極めて溶けやすく、エタノール(95)又はアセトンに溶けやすく、ジエチルエーテルにやや溶けにくい。
本品は乾燥空気中で風解する。 ■


★リンクテーブル★
先読みphenazone
リンク元ピリン系解熱鎮痛薬」「フェナゾン」「antipyrine
拡張検索イソプロピルアンチピリン」「ジクロルアンチピリン」「クエン酸カフェインアンチピリン
関連記事リン

phenazone」

  [★]

フェナゾン

antipyrine

ピリン系解熱鎮痛薬」

  [★]

pyrazolone derivative analgesic-antipyretic
ピリン系化合物ピリンショック、ピリン過敏症、ピリン疹


ピリン系解熱鎮痛薬

ピリン系解熱鎮痛薬の位置づけ

非NSAIDs 酸性 ピラゾロン系(ピリン系 スルピリン sulpyrine
アニリン(非ピリン系) アセトアミノフェン acetaminophen
パラセタモール paracetamol

フェナゾン」

  [★]

phenazone
アンチピリン

antipyrine」

  [★]

アンチピリン

phenazone


イソプロピルアンチピリン」

  [★]

isopropylantipyrine
isopropylantipyrinum
プロピフェナゾン propyphenazoneイソプロピルフェナゾン isopropylphenazone
SG配合クリアミン配合ヨシピリン
非ステロイド性抗炎症薬



ジクロルアンチピリン」

  [★]

dichloralantipyrine
ジクロラルフェナゾン

クエン酸カフェインアンチピリン」

  [★]

antipyrine caffeine citrate
ミグレニン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡