アレンドロン酸

出典: meddic

alendronate, alendronic acid
アレンドロン酸ナトリウム alendronate sodiumアレンドロン酸ナトリウム水和物 alendronate sodium hydrate AHBuBP ABDP
アレンドロネート
オンクラストテイロックボナロンフォサマック
骨粗鬆症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • O10-5 マウスアレルギー性気道炎症モデルにおけるアレンドロン酸の効果について(O10 気管支喘息の治療1,口演,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 佐々木 欧,土肥 眞,今村 充,原田 広顕,山本 一彦
  • アレルギー 60(9・10), 1375, 2011-10-10
  • NAID 110008912362
  • 薬の『顔』を見てみよう!(第5回)アレンドロン酸ナトリウム水和物 ほか
  • 杉原 多公通
  • クリニカル・ファーマシスト 2(1), 62-66, 2010-01-00
  • NAID 40016961339
  • アレンドロン酸内服を含むビスフォスフォネートにより高カルシウム血症をコントロールした, 膵炎を繰り返した腹膜透析患者の1例
  • 稲垣 徹史,村山 晶俊,阿部 弘,梅林 宏明,三浦 克志,虻川 大樹
  • 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事 29, 265-268, 2009-08-31
  • NAID 10027866346

関連リンク

フォサマック,ボナロンとは?アレンドロン酸の効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 骨を丈夫にするお薬です。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療に用います。 作用 【働き】 骨粗鬆症は ...
アレンドロン酸(骨粗鬆症の治療薬 )について主な作用 副作用 用い方と注意点を説明します ... 副作用 上部消化管粘膜に対し、刺激作用をもっています。食道、胃に強い病気がある人には用いられません。服用したら早く食道を通過させる ...
日本ケミファ株式会社のアレンドロン酸錠5mg「DK」(その他の代謝性医薬品)、一般名アレンドロン酸ナトリウム水和物(Alendronate sodium hydrate) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。

関連画像

アレンドロン酸 「マイラン」フォサマックス(アレンドロン 戻る 次へアレンドロン酸 「マイラン」製品写真アレンドロン酸ナトリウム10 mg

添付文書

薬効分類名

  • 骨吸収抑制剤

販売名

テイロック注射液5mg

組成

有効成分・名称

  • アレンドロン酸ナトリウム水和物

有効成分・含量

  • 6.53mg(アレンドロン酸として5mg)

容量

  • 2mL

添加物

  • 塩化ナトリウム
    クエン酸ナトリウム
    無水クエン酸

禁忌

  • 本剤あるいは他のビスホスホン酸塩に対し、過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 悪性腫瘍による高カルシウム血症
  • 通常、成人にはアレンドロン酸として10mgを日局「生理食塩液」又は日局「ブドウ糖注射液(5%)」500mLに混和し、約4時間かけて、単回点滴静脈内投与する。
    なお、症状により用量を適宜増減する。ただし、アレンドロン酸として20mgを上限とする。
    再投与が必要な場合には、初回投与による反応を確認するために少なくとも1週間の投与間隔を置くこと。

慎重投与

  • 重篤な腎障害のある患者[使用経験が少なく、また動物実験(ラット)で腎への影響が認められている。]
  • 重篤な肝障害のある患者[使用経験は少ないが、AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇を呈した症例が報告されている。]
  • 全身状態が極めて不良である患者
  • 心疾患のある患者(特に高齢者)
    混和する生理食塩液等の液量を減らすなど慎重に投与すること。[生理食塩液等の過量負荷により、うっ血性心不全を起こすおそれがある。また、本剤投与後通常1〜2日に発熱がみられることがあるが、これも心疾患の悪化に関与するおそれがある。]

重大な副作用

低カルシウム血症

(0.8%)

  • 痙攣、テタニー、しびれ、失見当識、QT延長等を伴う低カルシウム血症があらわれることがあるので、異常が認められた場合にはカルシウム剤の点滴投与等を考慮すること。

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis :TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

(いずれも頻度不明)

  • 中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)等の重篤な皮膚症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

顎骨壊死・顎骨骨髄炎

(頻度不明)

  • 顎骨壊死・顎骨骨髄炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

血清カルシウム低下作用

  • アレンドロン酸ナトリウム水和物は、PTHあるいは活性型ビタミンD3(1α(OH)D3)により誘発された高カルシウム血症病態ラットにおいて、単回静脈内投与で血清カルシウム濃度上昇を用量依存的に抑制した8)
    また、正常ラットにおいても血清カルシウム濃度を低下させたが、その作用は高カルシウム血症病態ラットの作用発現用量に比較して、高用量で発現した9)

骨吸収抑制作用

  • アレンドロン酸は、マウスの骨組織培養系において、PTH添加により促進された骨組織からのカルシウム遊離を抑制した8)
    また、アレンドロン酸はマウスの破骨細胞培養系において、破骨細胞によって骨片上に形成される骨吸収窩の数を減少させた8)
    さらに骨片をアレンドロン酸ナトリウム水和物で前処理した場合にも骨吸収窩の数を減少させた8)
    また、マウス膀胱腫瘍細胞あるいはヒト前立腺腫瘍細胞をマウス頭蓋骨に移植したとき、アレンドロン酸は移植により生じる骨吸収の面積を減少させた10),11)

破骨細胞に対する作用

  • アレンドロン酸ナトリウム水和物をラットに投与したとき、骨組織の中でも特に骨吸収面に多く分布する像が認められ、活性化破骨細胞の特徴である波状縁を消失している破骨細胞の電子顕微鏡像が観察された12)

有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C4H12NNaO7P2・3H2O

分子量

  • 325.12

融点

  • 約252℃(分解、ただし乾燥後)

性状

  • 白色の結晶性の粉末である。水にやや溶けにくく、エタノール(99.5)にほとんど溶けない。0.1mol/Lクエン酸三ナトリウム試液に溶ける。


★リンクテーブル★
先読みalendronate」「alendronate sodium hydrate
リンク元他に分類されない代謝性医薬品」「アレンドロネート」「alendronic acid
関連記事

alendronate」

  [★]


WordNet   license wordnet

「a tablet (trade name Fosamax) prescribed to prevent or treat osteoporosis in women after menopause」
Fosamax

alendronate sodium hydrate」

  [★]

alendronatealendronate sodiumalendronic acid

他に分類されない代謝性医薬品」

  [★]

商品


アレンドロネート」

  [★]

alendronate
アレンドロン酸フォサマックスアレンドロン酸ナトリウム

alendronic acid」

  [★]

  • アレンドロン酸
alendronatealendronate sodiumalendronate sodium hydrate

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡