アフタ

出典: meddic

aphtha
アフタ性口内炎 aphthous stomatitis
  • 図:NDE.57


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 産業アナライズ 自動車 中国のアフターマーケット市場 : 5年後には世界最大へ
  • BUSINESS TREND 日立V1で上位は混戦時代に突入 : 2013年版 アフターサービスCS調査
  • 予冷ターボジェットエンジンアフターバーナーの燃焼・排気特性に関する研究 (特集 次世代航空機エンジンの基盤技術)
  • 津江 光洋,中谷 辰爾
  • Journal of the Japan Institute of Energy = 日本エネルギー学会誌 93(3), 192-200, 2014-03
  • NAID 40020035645

関連リンク

アフタ性口内炎( Aphtha) 口内炎とは 口内炎とは、口腔粘膜に現れる炎症病変をいいいます。 ただし炎症が解剖学的に一領域に限局しているときには、その部位の名称をつけます(たとえば歯肉炎、舌炎など)。 広義には上記のよう ...
口内炎についてご紹介します。口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症です。これらをまとめて「口内炎」といいます。口内炎には、いろいろな種類がありますが、アフタ性口内炎が一般的だといわれています。アフタ性口内炎は、表面が ...

関連画像

Ci101108145416.jpg再発性アフタ性口内炎アフタ孤立性アフタ アフタの場合は1週間ぐらいでアフタ性口内炎1

添付文書

薬効分類名

  • 付着型アフタ性口内炎治療剤

販売名

  • アフタッチ口腔用貼付剤25μg

組成

有効成分・名称

  • トリアムシノロンアセトニド

有効成分・含量(1錠中)

  • 0.025mg

添加物

  • ヒドロキシプロピルセルロース、
    カルボキシビニルポリマー、
    ステアリン酸マグネシウム、
    乳糖、
    カルメロースカルシウム、
    タルク、
    メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、
    黄色5号

禁忌

  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • アフタ性口内炎
  • 通常、1患部に1回1錠ずつを、1日1〜2回、白色面を患部粘膜に付着させて用いる。
    なお、症状により適宜増量する。

薬効薬理

主薬トリアムシノロンアセトニドの薬効

  • トリアムシノロンアセトニドは糖質コルチコイド作用を主とする作用持続性のトリアムシノロン誘導体であり、抗炎症作用、抗アレルギー作用を有する5)

基剤の特性

  • 本剤の基剤はヒドロキシプロピルセルロース、カルボキシビニルポリマーを主成分とする高分子基剤からなり、口腔内などの粘膜に対する付着性が大で、かつ唾液により膨潤し、柔軟な薄層となって病巣患部を被覆保護(患部被覆保護性)し、接触痛を緩和する。しかも、物理的な摩擦によっても容易に剥離せず(創面付着性)、徐々に溶解し長時間局所に付着・滞留する(局所徐放性)特性を有している。

有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C24H31FO6

分子量

  • 434.50

融点

  • 約290℃(分解)

性状

  • 白色の結晶性の粉末でにおいはない。
    エタノール(99.5)、アセトン又は1,4-ジオキサンにやや溶けにくく、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、水又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
国試過去問070B093」「105I022
リンク元100Cases 38」「ベドナーアフタ」「アフタ性潰瘍」「aphthae」「口唇潰瘍
拡張検索アフタ性口内炎」「アフタシール

070B093」

  [★]

  • 口腔内病変の原因として正しいウイルスはどれか?

105I022」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105I021]←[国試_105]→[105I023

100Cases 38」

  [★]

34歳 女性
主訴皮疹
現病歴 2週間前から脛と前腕に有痛性紅色の腫脹(multiple tender red serllings)が多数認められるようになった。古い腫脹(older swelling)は黒ずんでおり(darker)、中心から治癒傾向にあるようであった。調子が悪く全身倦怠感を訴えており、手首足首の痛みも訴えていた。最近咽頭痛は無かった。2年前からずっと口内アフタが再発していた。陰部潰瘍はなかったが間欠的腹痛下痢に悩まされてきた。
職業歴:ウェイトレスとして働いている。
結婚歴未婚
嗜好歴:1日15本。機会飲酒。
既往歴:なし
家族歴:なし
examination
全身:やせているが元気そう。
口内:アフタを認めない(診察時)。
関節:炎症所見無し。可動域制限なし。疼痛無し。
皮膚:脛と前腕に有痛性隆起性病変(直径1-3cm)を多数認める。新しい病変赤色で古い病変水疱の様に見える。
その他異常所見を認めず
investigations
高値白血球赤沈
胸部単純X線写真:異常所見認めず
尿検査:異常を認めず

ベドナーアフタ」

  [★]

Bednar aphtha, Bednar's aphtha
翼状潰瘍 pterygoid ulcerBednarアフタ
アフタ口内炎
[show details]



アフタ性潰瘍」

  [★]

aphthous ulcer
アフタアフタ性口内炎
  • 腸管で見られるアフタ様潰瘍は炎症性腸疾患(クローン病)で見られる。
  • 口腔内で見られるアフタ様潰瘍はベーチェット病でみられる。


aphthae」

  [★]

アフタ

aphthaaphthousaphthous stomatitisaphthous ulcercanker sore

口唇潰瘍」

  [★]

canker sore
アフタ口内炎アフタ性潰瘍アフタ性口内炎


アフタ性口内炎」

  [★]

aphthous stomatitis
アフタ口内炎



アフタシール」

  [★] トリアムシノロン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡