アドエア

出典: meddic

サルメテロールキシナホ酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステル

その他の呼吸器官用薬


和文文献

  • アドエア ディスカス吸入製剤の薬物送達プロファイルと臨床特性
  • Sadler Robyn,Prime David
  • アレルギー・免疫 19(6), 988-998, 2012-06
  • NAID 40019332200
  • Industrial Info. 喘息・COPD治療配合薬「アドエア」のCOPD治療における抗炎症効果と臨床的意義

関連リンク

くすりのしおり くすりの働き、くすりの使い方、くすりを使った後気をつけていただくこと(副作用) など。くすりの適正使用協議会ページ(外部サイト)に移動します。 アドエア50エアゾール120吸入用 アドエア125エアゾール120吸入用
Adoair.jpでは喘息・小児喘息・COPD(慢性気管支炎・肺気腫)に関する情報をお伝えします。小児喘息・COPDまで適応が広がったアドエアの効果・効能についてご紹介しています。

関連画像

アドエアアド エア 50 エアー アド エア アドエアアドエアをご使用中の患者さま  アドエア」、薬価収載で新発売アドエアくんも悩む。

添付文書

薬効分類名

  • 喘息・COPD治療配合剤(250ディスカス、125エアゾール120吸入用)
  • 喘息治療配合剤(100ディスカス、500ディスカス、50エアゾール120吸入用、250エアゾール120吸入用)

販売名

アドエア100ディスカス28吸入用

組成

1ブリスター中のサルメテロールキシナホ酸塩/フルチカゾンプロピオン酸エステル含量

  • 72.5μg(サルメテロールとして50μg)/100μg

添加物

  • 乳糖水和物(夾雑物として乳蛋白を含む)

禁忌

  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の患者[ステロイドの作用により症状を増悪するおそれがある]
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)
  • 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

(参考)

ディスカス:100

  • 気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
    慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):−

ディスカス:250

  • 気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
    慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○

ディスカス:500

  • 気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
    慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):−

エアゾール:50

  • 気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
    慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):−

エアゾール:125

  • 気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
    慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○

エアゾール:250

  • 気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
    慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):−
  • ○:効能あり、−:効能なし


気管支喘息

  • 本剤は、吸入ステロイド剤と他の薬剤との併用による治療が必要であり、併用薬として長時間作動型吸入β2刺激剤の投与が適切と判断された患者に対して使用すること。
  • 患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に対し、次の注意を与えること。
    本剤は発現した発作を速やかに軽減する薬剤ではないので、急性の発作に対しては使用しないこと。急性の発作に対しては、短時間作動型吸入β2刺激剤(例えば吸入用サルブタモール硫酸塩)等の他の適切な薬剤を使用すること。

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)

  • 本剤は増悪時の急性期治療を目的として使用する薬剤ではない。

気管支喘息

成人

  • 通常、成人には1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回吸入投与する。
  • ・アドエア100ディスカス 1回1吸入
  • ・アドエア50エアゾール 1回2吸入
  • なお、症状に応じて以下のいずれかの用法・用量に従い投与する。

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして250μgを1日2回吸入投与

  • ・アドエア250ディスカス 1回1吸入
  • ・アドエア125エアゾール 1回2吸入

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして500μgを1日2回吸入投与

  • ・アドエア500ディスカス 1回1吸入
  • ・アドエア250エアゾール 1回2吸入

(参考)

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回

  • アドエア100ディスカス:1回1吸入1日2回
    アドエア50エアゾール:1回2吸入1日2回

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして250μgを1日2回

  • アドエア250ディスカス:1回1吸入1日2回
    アドエア125エアゾール:1回2吸入1日2回

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして500μgを1日2回

  • アドエア500ディスカス:1回1吸入1日2回
    アドエア250エアゾール:1回2吸入1日2回

小児

  • 小児には、症状に応じて以下のいずれかの用法・用量に従い投与する。

1回サルメテロールとして25μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして50μgを1日2回吸入投与

  • ・アドエア50エアゾール 1回1吸入

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回吸入投与

  • ・アドエア100ディスカス 1回1吸入
  • ・アドエア50エアゾール 1回2吸入

(参考)

1回サルメテロールとして25μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして50μgを1日2回

  • アドエア50エアゾール:1回1吸入1日2回

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして100μgを1日2回

  • アドエア100ディスカス:1回1吸入1日2回
    アドエア50エアゾール:1回2吸入1日2回

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解

  • 成人には、1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして250μgを1日2回吸入投与する。
  • ・アドエア250ディスカス 1回1吸入
  • ・アドエア125エアゾール 1回2吸入

(参考)

1回サルメテロールとして50μg及びフルチカゾンプロピオン酸エステルとして250μgを1日2回

  • アドエア250ディスカス:1回1吸入1日2回
    アドエア125エアゾール:1回2吸入1日2回
  • 患者、保護者又はそれに代わり得る適切な者に対し、本剤の過度の使用により不整脈、心停止等の重篤な副作用が発現する危険性があることを理解させ、1日2回を超えて投与しないよう注意を与えること(サルメテロールキシナホ酸塩の気管支拡張作用は通常12時間持続するので、その間は次の投与を行わないこと)。
  • 喘息患者において、症状の緩解がみられた場合は、治療上必要最小限の用量で本剤を投与し、必要に応じ吸入ステロイド剤への切り替えも考慮すること。
  • 小児の用法・用量が承認されている製剤は、ディスカス製剤ではアドエア100ディスカスのみ、エアゾール製剤ではアドエア50エアゾールのみである。
  • 慢性閉塞性肺疾患に対して国内で承認されている製剤は、ディスカス製剤ではアドエア250ディスカスのみ、エアゾール製剤ではアドエア125エアゾールのみである。

慎重投与

  • 感染症の患者[ステロイドの作用により症状を増悪するおそれがある]
  • 甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺ホルモンの分泌促進により症状を増悪するおそれがある]
  • 高血圧の患者[α及びβ1作用により血圧上昇を起こすおそれがある]
  • 心疾患の患者[β1作用により症状を増悪するおそれがある]
  • 糖尿病の患者[グリコーゲン分解作用及びステロイドの作用により症状を増悪するおそれがある]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、気管支攣縮、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等)があらわれることがある(頻度不明注1))ので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと。

血清カリウム値低下

  • サルメテロールを含むβ2刺激剤により「重篤な血清カリウム値の低下」が報告されている(頻度不明注1))。また、β2刺激剤による血清カリウム値の低下作用は、キサンチン誘導体、ステロイド剤及び利尿剤の併用により増強することがあるので、重症喘息患者では特に注意すること。さらに、低酸素血症は血清カリウム値の低下が心リズムに及ぼす作用を増強することがある。このような場合には血清カリウム値をモニターすることが望ましい。

肺炎

  • 慢性閉塞性肺疾患患者において本剤との関連性が否定できない肺炎が報告されている(3.3%、アドエア500ディスカス※)を使用した52週間の国内臨床試験における頻度)ので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行うこと。(「その他の注意2.」の項参照)

薬効薬理

抗喘息作用

  • サルメテロールキシナホ酸塩及びフルチカゾンプロピオン酸エステルの併用吸入投与により、モルモットにおける卵白アルブミン抗原誘発即時型喘息反応及び遅発型喘息反応を抑制し、気管支肺胞洗浄液中の好酸球増加に対して抑制作用を示した。
  • サルメテロールキシナホ酸塩の吸入投与により、モルモットにおけるヒスタミン誘発気道収縮を抑制し、その作用は6〜10時間後に消失した。作用の持続時間は、イソプレナリン、サルブタモール及びプロカテロールより長かった。また、30日間連続吸入投与してもヒスタミン誘発気道収縮の抑制作用に耐性は認められなかった。15)
  • フルチカゾンプロピオン酸エステルの吸入投与及び気管内投与により、モルモットにおける卵白アルブミン抗原誘発遅発型喘息反応を抑制し、気管支肺胞洗浄液中の好酸球増加に対して抑制作用を示した。好酸球浸潤抑制作用はベクロメタゾンプロピオン酸エステルの約7倍であった。

慢性閉塞性肺疾患における抗炎症作用

  • サルメテロールキシナホ酸塩及びフルチカゾンプロピオン酸エステルの併用反復吸入投与により、モルモットにおけるタバコ煙誘発気道抵抗増加を抑制し、気管支肺胞洗浄液中の好中球及びマクロファージ増加に対して抑制作用を示した。
  • サルメテロールキシナホ酸塩及びフルチカゾンプロピオン酸エステルの併用反復鼻腔内投与により、マウスにおけるタバコ煙によって誘発される気管支肺胞洗浄液中の好中球、マクロファージ、好酸球、リンパ球及び上皮細胞増加に対して抑制作用を示した。

サルメテロールキシナホ酸塩

気管支拡張作用

  • モルモット摘出気管平滑筋をイソプレナリン、サルブタモールとほぼ同等に弛緩した。摘出気管平滑筋のヒスタミン誘発収縮に対する抑制作用は、イソプレナリンの約2倍、サルブタモールの約4倍であった。また、イソプレナリン、サルブタモール及びプロカテロールに比べて作用の発現は遅いが、作用持続時間はこれら3剤より明らかに長く、60分以上であった。15)
  • 気管支喘息患者にサルメテロールキシナホ酸塩(サルメテロールとして50μg)を単回吸入投与した場合、投与後30分に肺機能検査値が有意に改善し、作用は12時間持続した。16)〜18)

β2-受容体選択性 −心脈管系に対する作用−15)

  • モルモットの摘出心房に対する作用は、イソプレナリン、サルブタモール及びプロカテロールより弱かった。また、吸入投与による心拍数増加はイソプレナリン、プロカテロールより弱く、サルブタモールとほぼ同等であり、β2-受容体に対する選択性が高かった。

気道クリアランスに対する作用19)

  • 麻酔ウズラの気管粘液繊毛輸送能は筋肉内投与により促進される。
  • ラット肺胞II型上皮初代培養細胞からの肺表面活性物質の分泌を促進させる。

フルチカゾンプロピオン酸エステル>
抗炎症作用

ヒト血管収縮作用20)

  • フルチカゾンプロピオン酸エステルはMcKenzieらの方法による健康成人皮膚における血管収縮試験(皮膚蒼白度を指標)においてベクロメタゾンプロピオン酸エステルの約1.9倍、ベタメタゾン吉草酸エステルの約2.6倍、フルオシノロンアセトニドの約9.5倍の局所抗炎症作用を示した。

急性炎症モデルに対する作用21)

  • ラットにおけるカラゲニン足蹠浮腫抑制作用は、局所投与でフルチカゾンプロピオン酸エステル>ベタメタゾン吉草酸エステル=ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、皮下投与でフルチカゾンプロピオン酸エステル>ベタメタゾン吉草酸エステル>ベクロメタゾンプロピオン酸エステルの順であった。

亜急性・慢性炎症モデルに対する作用21)

  • ラットを用いたcotton pellet法による肉芽腫増殖抑制作用はフルチカゾンプロピオン酸エステル>ベタメタゾン吉草酸エステル>ベクロメタゾンプロピオン酸エステルの順であり、croton oil法による局所投与ではフルチカゾンプロピオン酸エステル>ベタメタゾン吉草酸エステル=ベクロメタゾンプロピオン酸エステルの順であった。また、ラットのadjuvant関節炎抑制作用は皮下投与で、フルチカゾンプロピオン酸エステルはベタメタゾン吉草酸エステル、ベクロメタゾンプロピオン酸エステルより強い抑制作用を示した。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • サルメテロールキシナホ酸塩(Salmeterol Xinafoate)

化学名

  • (RS)-1-(4-Hydroxy-3-hydroxymethylphenyl)-2-[6-(4-phenylbutoxy)hexylamino]ethanol 1-hydroxy-2-naphthoate

分子式

  • C25H37NO4・C11H8O3

分子量

  • 603.75

性状

  • 白色の微細な粉末である。
    ジメチルスルホキシドに溶けやすく、メタノールにやや溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けにくく、アセトニトリルに極めて溶けにくく、水又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品のジメチルスルホキシド溶液(1→50)は旋光性を示さない。

分配係数(logP)

  • 2.0(pH7.4、1-オクタノール/水系)

一般名

  • フルチカゾンプロピオン酸エステル(Fluticasone Propionate)

化学名

  • S-Fluoromethyl 6α,9α-difluoro-11β-hydroxy-16α-methyl-3-oxo-17α-propionyloxyandrost-1,4-diene-17β-carbothioate

分子式

  • C25H31F3O5S

分子量

  • 500.57

性状

  • 白色の微細な粉末である。
    ジメチルスルホキシドに溶けやすく、アセトニトリル又はクロロホルムにやや溶けにくく、メタノール又はエタノール(99.5)に溶けにくく、ジエチルエーテルに極めて溶けにくく、水にほとんど溶けない。

分配係数(logP)

  • 4.6(pH7.0、1-オクタノール/水系)


★リンクテーブル★
リンク元フルチカゾン」「サルメテロール」「その他の呼吸器官用薬

フルチカゾン」

  [★]

fluticasone
プロピオン酸フルチカゾン fluticasone propionate
アドエアアラミストキリガミールスカイロンファビフルタイドフルチカノーズフルナーゼフロラーズミリカレットフルナーゼFlonase, Flovent
耳鼻科用剤





サルメテロール」

  [★]

salmeterol
キシナホ酸サルメテロール salmeterol xinafoate
Serevent、アドエア(サルメテロールキシナホ酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステル)、セレベント
長時間作用型β2刺激薬


その他の呼吸器官用薬」

  [★]

商品



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1グラム陽性桿菌 69
2ホーマンズ徴候 67
3日常生活自立度 61
4多毛 61
5ジギタリス中毒 61
6デキサート 40
7content 39
8ミトコンドリア脳筋症 36
9連合弛緩 35
1028歳の男性。昏睡状態で救急車にて来院した。糖尿病のためインスリンの自己注射を行っていたが、感冒をきっかけに食欲が低下し、2日前よりインスリン注射を中止していた。 31
11抗jo-1抗体とは 30
12先天性骨形成不全症 28
13気脳症 24
14高アンモニア血症 23
15クッシング徴候 21
16呼吸補助筋 20
17グレイ症候群 20
18ショック指数 20
19デグロービング損傷 19
20メトクロプラミド試験 19

昨日の人気記事
 タイトル表示
1腹部膨隆 17
2boletus rubroflammeus bolleus frostii differences 16
3肩 出っ張り 16
4電磁放射線 11
5ホーマンズ徴候 10
6肩 出っ張り 尺骨 10
7第2節  リハビリテーションとは

 
8
9リハビリテーションは英語を直訳すると「re-habilis-athion=再びふさわしくする事」という意味になる。それが社会的な背景を経て権利や資格、名誉の回復という事になった。

 
10
11高齢者リハビリテーションに詳しい日本医科大学の竹内教授は「つまり、リハビリテーションとは、病気や障害によってそれまでの生活を継続する事が不可能になった人々に対して、治療、訓練、社会的・経済的な各種援助などによって、再び元の生活あるいはそれに近い生活に戻す事を目的にしています。言い換えると、病気や障害によって失われた生活をもう一度立て直すものと言ってよいでしょう」と述べており、とかく機能訓練というイメージが先行しがちなリハビリテーションではあるが、まとめると「人間が人間らしい生活を送れるようにする事」となる。 8
12皮膚抵抗 8
13肩峰突起 治療 7
14早発一過性除脈 7
15クッシング徴候 7
16鎧状癌 7
17westphal徴候 7
18多毛 7
19乳房meddic 6
20mapキナーゼ経路 局所 6