アセテート

出典: meddic

acetate
酢酸酢酸エステル酢酸塩氷酢酸


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/25 08:16:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • セルロースアセテート膜電気泳動法を用いた尿タンパク分画による腎障害部位の予測
  • 中山 亜紀,芝 紀代子,坂爪 実 [他]
  • 文京学院大学総合研究所紀要 (14), 177-182, 2014-03
  • NAID 40020063331
  • コレステリルベンゾイルアミノアセテート誘導体の合成と性質
  • 久保 勘二,辻 和輝,森 章,KUBO Kanji,TSUJI Kazuki,MORI Akira
  • 北海学園大学工学部研究報告 (41), 9-18, 2014-01-17
  • NAID 120005381087
  • コレステリルベンゾイルアミノアセテート誘導体の合成と性質
  • 久保 勘二,辻 和輝,森 章
  • 北海学園大学工学部研究報告 (41), 9-18, 2014-01
  • NAID 40019954732

関連リンク

デジタル大辞泉 - アセテートの用語解説 - アセチルセルロースを原料とする半合成繊維。絹に似た光沢と感触とをもち、吸湿性が小さく、熱に弱い。服地・下着類などに使用。アセテート人絹。
化学繊維:アセテートとトリアセテート アセテート、トリアセテートは、木材パルプのセルロース成分に酢酸を作用させてつくる合成繊維。セルロースは天然のものであり、酢酸が合成品であることから、半合成繊維に分類されて ...

関連画像

 アセテート混コットンを用いて マジックテープ付)(アセテート高級アセテート100%セーラー服  アセテート フレーム × カール楽天市場】 アセテート 素材の  極上アセテートサテン生地☆★

添付文書

薬効分類名

  • 精神情動安定剤
  • 視床下部作用性抗潰瘍剤

販売名

スルピリド錠50mg「アメル」

組成

有効成分

  • 1錠中、日局スルピリド50mg

添加物

  • 結晶セルロース、乳糖水和物、タルク、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • プロラクチン分泌性の下垂体腫瘍(プロラクチノーマ)の患者〔抗ドパミン作用によりプロラクチン分泌が促進し、病態を悪化させるおそれがある。〕
  • 褐色細胞腫の疑いのある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

効能または効果

  • ○胃・十二指腸潰瘍
  • ○統合失調症
  • ○うつ病・うつ状態

○胃・十二指腸潰瘍

  • スルピリドとして、通常成人1日150mgを3回に分割経口投与する。
    なお、症状により適宜増減する。

○統合失調症

  • スルピリドとして、通常成人1日300〜600mgを分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日1200mgまで増量することができる。

○うつ病・うつ状態

  • スルピリドとして、通常成人1日150〜300mgを分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日600mgまで増量することができる。

慎重投与

  • 心・血管疾患、低血圧又はそれらの疑いのある患者〔症状を悪化させるおそれがある。〕
  • QT延長のある患者〔QT延長が悪化するおそれがある。〕
  • QT延長を起こしやすい患者〔QT延長が発現するおそれがある。〕
  • 著明な徐脈のある患者
  • 低カリウム血症のある患者 等
  • 腎障害のある患者〔高い血中濃度が持続するおそれがある。〕
  • パーキンソン病の患者〔錐体外路症状が悪化するおそれがある。〕
  • 脱水・栄養不良状態等を伴う身体的疲弊のある患者〔悪性症候群(Syndrome malin)が起こりやすい。〕
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 小児(「小児等への投与」の項参照)

重大な副作用

悪性症候群(Syndrome malin)

(頻度不明)

  • 悪性症候群があらわれることがあるので、無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。
    なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡した例が報告されている。

痙攣

(頻度不明)

  • 痙攣があらわれることがある。このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

QT延長、心室頻拍

(頻度不明)

  • QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

無顆粒球症、白血球減少

(頻度不明)

  • 無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸

(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

遅発性ジスキネジア

(頻度不明)

  • 長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれ投与中止後も持続することがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

肺塞栓症、深部静脈血栓症

(頻度不明)

  • 抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • スルピリド(Sulpiride)

分子式

  • C15H23N3O4S=341.43

化学名

  • N-(1-Ethylpyrrolidin-2-ylmethyl)-2-methoxy-5-sulfamoylbenzamide

性状

  • 白色の結晶性の粉末である。
    酢酸(100)又は希酢酸に溶けやすく、メタノールにやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    0.05mol/L硫酸試液に溶ける。
    本品のメタノール溶液(1→100)は、旋光性を示さない。
    融点:約178℃(分解)


★リンクテーブル★
先読みacetate」「酢酸
リンク元氷酢酸」「酢酸エステル」「酢酸塩」「
拡張検索クロロアセテートエステラーゼ反応」「テトラデカノイルホルボールアセテート」「ジヒドロキシアルミニウムアミノアセテート

acetate」

  [★] 酢酸

WordNet   license wordnet

「a salt or ester of acetic acid」
ethanoate

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「酢酸(さくさん)塩;アセテート(酢酸人造絹糸)」


酢酸」

  [★]

acetic acid acetate
acidum aceticum
カルボン酸
  • CH3COOH


氷酢酸」

  [★]

glacial acetic acid
氷酢酸
アセテート酢酸
皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)


酢酸エステル」

  [★]

acetate esteracetate
アセテート acetate酢酸酢酸塩
  • CH3COOR。


酢酸塩」

  [★]

acetate
アセテート酢酸酢酸エステル


酢」

  [★]

vinegar
アセテート酢酸氷酢酸


クロロアセテートエステラーゼ反応」

  [★]

chloroacetate esterase reaction
クロロアセテートエステラーゼ


テトラデカノイルホルボールアセテート」

  [★]

tetradecanoylphorbol acetate
・酸ミリスチン酸ホルボール


ジヒドロキシアルミニウムアミノアセテート」

  [★]

dihydroxyaluminum aminoacetate




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡