アクチビン

出典: meddic

activin
ホルモン


  • 卵母細胞から分泌されるアクチビン顆粒膜細胞の増殖を起こす(HIS.398)。
  • 下垂体前葉に作用しFSHの産生を促す ⇔ インヒビン、フォリスタチンは下垂体前葉に作用しゴナドトロピンの産生を抑制する(NGY.15)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/21 17:11:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アクチビンAおよびレチノイン酸を用いたマウス胚性幹細胞から膵臓インスリン分泌細胞への分化について
  • 佐藤 嘉兵,山本 みずき
  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 29(1), 22-26, 2012-04-01
  • NAID 10030590554
  • 発生学からみた再生医療
  • 浅島 誠,伊藤 弓弦,栗崎 晃
  • 再生医療 10(3), 137-153,290〜292, 2011-08
  • NAID 40018947800

関連リンク

栄養・生化学辞典 アクチビンの用語解説 - 卵胞刺激ホルモン分泌促進タンパク質ともよばれ,この活性以外にも多くの生理活性を示す.下垂体に多いが,その他の臓器でも遺伝子が発現している....
コスモ・バイオ株式会社は、わが国のライフサイエンスの進歩・発展に貢献すべく、ライフサイエンスの幅広い研究用試薬・研究用機器・臨床検査薬の供給を行っています。 ... アクチビンAは、発生の過程で多数の細胞種によって生産される ...
Kindle Kindle Paperwhite 最も先進的な電子書籍リーダー Kindle Paperwhite 3G 無料3G接続付きモデル Kindle Fire ウェブ、アプリ、音楽、ゲーム、本 Kindle Fire HD HDディスプレイ、ドルビーオーディオ、高速Wi-Fi Kindle Fire HD 8.9 8.9 ...

関連画像

20110118アクチビン図1.アクチビンは、SMAD 記事:毎日新聞社 提供 アクチビンアクチビン処理により形成 を思い出す時の脳内アクチビン


★リンクテーブル★
先読みホルモン
国試過去問105E007
リンク元顆粒膜細胞」「性腺刺激ホルモン
拡張検索インヒビン/アクチビン系」「アクチビン受容体」「アクチビンレセプター」「アクチビン受容体II型」「アクチビン受容体I型
関連記事ビン

ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



105E007」

  [★]

  • 正常卵巣から分泌されないホルモンはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E006]←[国試_105]→[105E008

顆粒膜細胞」

  [★]

granulosa cell, granulosa cells
顆粒層細胞
卵胞
[show details]


  • 卵胞由来の細胞で、卵胞の外層に位置する。
  • 原始卵胞から一次卵胞への発達はFSH非依存的に進行する。卵母細胞をおおう卵胞上皮(卵胞上皮細胞)は単層かつ扁平な状態から立方状に変化し、さらに多層化する。この状態の卵胞上皮細胞が顆粒層細胞と呼ばれる(HIS.395)。
  • 卵母細胞から分泌されるアクチビンによって顆粒層細胞の増殖が促進される(HIS.395)

分子細胞学的な特徴=

  • FSHとLH受容体を有する。

機能

  • 1. アンドロゲンからエストロゲンへの変換
  • 2. (LHの作用により)排卵後に黄体に変化する

ホルモン

調節

  • 多層一次卵胞の時にFSHを受容すると二次卵胞になる ← FSHは卵胞発育促進作用があり、顆粒膜細胞に作用して三方の発育・分化・エストロゲン産生を促進する(QB.Q-212)

分泌

  • 二次卵胞



性腺刺激ホルモン」

  [★]

gonadotropin, gonadotropins (Z), gonadotropic hormone GTH
ゴナドトロピン
FSHLH性腺刺激ホルモン放出ホルモン GnRH

男性

SP.904 SURO.294
  • FSH:Sertoli細胞に作用し、精細管における精原細胞の増殖分化に作用して精子の発育促進を行い、インヒビンアクチビンの産生に関わる。
  • LH:Leydig細胞に作用し、テストステロンを産生する。


インヒビン/アクチビン系」

  [★]

inhibin/activin system
インヒビンアクチビン


アクチビン受容体」

  [★]

activin receptor
アクチビンレセプター


アクチビンレセプター」

  [★]

activin receptor
アクチビン受容体


アクチビン受容体II型」

  [★]

type II activin receptor


アクチビン受容体I型」

  [★]

type I activin receptor


ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡