アウエル小体

出典: meddic

Auer body, Auer's body, Auer rod
Auer小体
  • A rod-shaped structure of uncertain nature in the cytoplasm of immature myeloid cells, especially myeloblasts, in cases of acute myelocytic leukemia. Also called Auer rod.
  • ギムザ染色された標本中において、未熟な骨髄系の細胞(myeloid cell)、特に急性骨髄性白血病において骨髄芽球の細胞質にみられる桿状体。赤色に染まっており、ペルオキシダーゼ陽性である。
  • 骨髄異形成症候群ではみられない事が多い、らしいが(YN.G-51 tableより)、急性骨髄性白血病(AML)ではみられる。 ⇔ 慢性骨髄性白血病(CML)ではみられない (QB.G-245)
  • AML(M1,M2), APL(M3), AMoL(M5)ではAuer小体がみられる(QB.G-244)
  • ペルオキシダーゼ染色に陽性であり、アズール顆粒由来と考えられている。




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1 急性前骨髄球性白血病に対するトレチノイン(ベサノイド)および三酸化ヒ素(トリセノックス)による治療(第628回新潟医学会,がんの分子標的治療)
  • 佐藤 直子,橋本 誠雄,藤原 正博,小池 正
  • 新潟医学会雑誌 121(11), 597-600, 2007-11
  • … 急性前骨髄急性白血病(acute promyelocytic leukemia;APL)は,アズール穎粒・アウエル小体などの細胞形態,高率に併発する播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation;DIC),t(15;17)(q22;q23)の染色体転座など,いくつかの特徴を有する急性白血病である.過去においてAPLの治療は困難とされていたが,レチノイン酸(all trans retinoic acid;ATRA)の出現によりAPLの治療は一変した.現在ではATRAと化学療法の併用が一般的であり,寛解率,生存率 …
  • NAID 110007146173
  • 急性白血病FAB分類の問題点 : 特にリンパ球系白血病細胞と骨髄系白血病細胞の鑑別について
  • 中村 忍,中西 二,吉田 喬,大竹 茂樹,伊藤 恵子,小林 和美,松田 保
  • 日本臨床細胞学会雑誌 25(6), 1003-1009, 1986-11-20
  • NAID 110001282573
  • 成熟好中球にアウエル小体を認めた(8:21)転座型急性骨髄性白血病の6症例

関連リンク

豊富な顆粒を有する病的な前骨髄球には束状のアウエル小体(ファゴット細胞)がみられる. 【所見】 骨髄の芽球(病的前骨髄球)が20%以上 病的前骨髄球:核形不整(亜鈴状核)、豊富なアズール顆粒、束状のアウエル小体 ...
世界大百科事典 第2版 - アウエル小体の用語解説 - これらの幼若な白血病の白血球は,正常骨髄に存在する同じ成熟段階の細胞と比べると,細胞の大きさ,核の型,核が細胞中で占める割合,細胞質の色調,顆粒の形や大きさ,などの ...
アウエル小体(英:Auer body)とは、アズール顆粒という骨髄や白血球に認められる顆粒が融合して棒状になったもので、別名アズール親和小体。 急性骨髄性白血病(一部は急性単球性白血病)に見られ、それ以外の細胞に見られることは ...

関連画像

 アウエル小体(ファゴット細胞アウエル小体の束(ファゴット 網が繊細な芽球(アウエル小体 好)アズール顆粒、好中性 アウエル小体(12時方向)、ア


★リンクテーブル★
リンク元急性前骨髄球性白血病」「ファゴット細胞
関連記事

急性前骨髄球性白血病」

  [★]

acute promyelocytic leukemia, APL
M3。急性前骨髄芽球性白血病?
急性骨髄性白血病 AML白血病前骨髄球

概念

  • 急性骨髄性白血病の一病型
  • 白血病細胞が前骨髄球の段階で成熟停止を起こした型
  • FAB分類M3
  • アウエル小体が多く認められる。アウエル小体が集積した細胞(鳥の巣細胞、ファゴット細胞)がみられる。
  • 免疫組織化学:MPO陽性(*ミエロペルオキシダーゼ活性はほぼ100%陽性)
  • 異型前骨髄球がみられる。
  • 染色体異常
  • 95%以上の症例:t(15;17)(q22;q21)
  • 全症例:PML遺伝子(chr.15)とRAR-α遺伝子(chr.17)の融合遺伝子の存在

=M3と他のAMLを区別するポイント

検査

  • 急性白血病に特徴的:高尿酸血症、LDH上昇
[show details]

合併症

  • Auer顆粒を豊富に含み、この中にはトロンボプラスチン類似物質を含む。この物質の逸脱により凝固が亢進しDICにつながる

治療

国試


ファゴット細胞」

  [★]

faggot cell
faggot細胞
急性前骨髄球性白血病 M3前骨髄球
  • アウエル小体が束をなして見える細胞がファゴット細胞
quoted from http://www.pathologystudent.com/?tag=acute-myeloid-leukemia
  • It is composed of malignant promyelocytes, which often have a distinctive appearance. But the really characteristic finding in APL is the faggot cell, so named because it contains a ton of Auer rods all piled up on each other, resembling a bundle of sticks (or faggot). When you see these, you can make the diagnosis of APL based on morphology alone, without waiting for molecular or cytogenetic studies (which will show the characteristic t(15;17) of APL ? but which take some time to perform).

参考

  • pathology student

体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡