くしゃみ

出典: meddic

sneezing, sneeze, sternutation, ptarmus
くしゃみ反射 sneezing reflex nasal reflex


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/23 23:54:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシーとして発症したリンゴアレルギーの1例
  • 金子 真理,八木 久子,小山 晴美,中嶋 直樹,村松 礼子,滝沢 琢己,荒川 浩一
  • アレルギー 62(6), 698-703, 2013-06-30
  • … 疑われ当院にて運動誘発試験を行った.2回のエピソード前の食事に共通してリンゴが含まれていたこと,リンゴのプリックテストが陽性であったことから,リンゴ摂取後に運動負荷試験を施行したところ,鼻汁,くしゃみ,咽頭の違和感口蓋垂の腫脹を認め,リンゴによるFEIAnと診断した.その後,リンゴ摂取は禁止せず摂取後の運動を控えていたが,約5カ月後にはリンゴ加工品摂取のみでアナフィラキシー症状が出現するようにな …
  • NAID 110009612576
  • 下鼻甲介手術を併施した後鼻神経切断術の有効性の検討
  • 上條 篤,黒田 優美,初鹿 恭介,森山 元大,松岡 伴和,山本 卓典,加瀬 康弘,増山 敬祐
  • アレルギー 62(1), 47-53, 2013-01-30
  • … すべく検討を試みた.【対象と方法】2005年4月から2009年3月に当科で後鼻神経切断術(下鼻甲介手術を併施)を行った20症例にアンケート調査を行った.【結果】アンケートは17症例から回収した.鼻閉,水溶性鼻漏,くしゃみの症状NRSスコアは術後有意に改善していた.また,睡眠障害や精神集中不良など生活の質に関係する項目も術後有意な改善が認められた.一方で風邪をひく回数,鼻乾燥感などの好ましくない症状については,術 …
  • NAID 110009580191
  • Premium Edition 症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで アレルギー性鼻炎 : くしゃみ・鼻漏型は抗ヒスタミン薬 鼻閉型は抗ロイコトリエン薬を選択
  • 湯田 厚司
  • 日経ドラッグインフォメーションpremium (183), PE13-16, 2013-01-00
  • NAID 40019556077

関連リンク

<さぶさん この間ファーストフード店に入ったら、隣に座っていたカップルが話していました。 男「くしゃみ1回は偶然で、2回は誰かが噂してるんだって。3回出たらなんだと思う?」 女「何?」 男「ただの風邪」 女「き ...
そして、街ではマスク姿の人をたくさん見かけるようになりました。 花粉症でも鼻炎でもないのに、咳やくしゃみ、鼻水の症状を訴え、みなさん「風邪」と答えますが、「でも、熱は無い」と口をそろえて言うのです。

関連画像

くしゃみでウイルスも飛散!誰かがくしゃみをしたら…?くしゃみくしゃみフェチくしゃみイメージ 3


★リンクテーブル★
先読みsneeze
国試過去問105I076」「101A052」「104I062」「100B065
リンク元アレルギー性鼻炎
拡張検索くしゃみ発作」「くしゃみをする

sneeze」

  [★]

  • n.
  • くしゃみ
  • vi
  • くしゃみをする


WordNet   license wordnet

「a symptom consisting of the involuntary expulsion of air from the nose」
sneezing, sternutation

WordNet   license wordnet

「exhale spasmodically, as when an irritant entered one''s nose; "Pepper makes me sneeze"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「くしゃみ / くしゃみをする」


105I076」

  [★]

  • 32歳の女性。くしゃみ鼻汁および鼻閉を主訴に来院した。3年前から、毎年2月から4月にかけて同様の症状を繰り返していた。症状は外出時に増強し流涙を伴う。体温36.4℃。眼球結膜は軽度発赤している。咽頭扁桃に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球 410万、Hb 14.0g/dl、Ht 39%、白血球 4,800(桿状核好中球2%、分葉核好中球41%、好酸球13%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球37%)、血小板 21万。免疫学所見:CRP 0.3mg/dl、IgE 260IU/ml(基準250未満)、IgE RASTスコア:スギ3 (基準0)。
  • 治療薬として適切なのはどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 105I075]←[国試_105]→[105I077

101A052」

  [★]

  • 26歳の男性。水様鼻漏と鼻閉とを主訴に来院した。6年前から通年性に水様鼻漏、鼻閉およびくしゃみを認めていたが、6か月前から増悪した。副鼻腔エックス線単純写真では異常を認めない。鼻内の写真を以下に示す。
  • 診断に有用なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101A051]←[国試_101]→[101A053

104I062」

  [★]

  • 26歳の男性。水様性鼻漏と鼻閉とを主訴に来院した。6年前から通年性に水様性鼻漏、鼻閉およびくしゃみを認めていたが、6か月前から増悪した。鼻粘膜は蒼白で、中等度に腫脹している。副鼻腔エックス線写真で異常を認めない。
  • 診断に有用なのはどれか。2つ選べ。
  • a 皮内テスト
  • b 鼻汁細菌検査
  • c 特異的IgE検査
  • d 鼻腔通気度検査
  • e 鼻汁中好中球検査
[正答]


※国試ナビ4※ 104I061]←[国試_104]→[104I063

100B065」

  [★]

  • 通年性鼻アレルギーについて誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 100B064]←[国試_100]→[100B066

アレルギー性鼻炎」

  [★]

allergic rhinitis AR
鼻アレルギー rhinoallergy nasal allergy, hayfever
鼻炎

概念

  • くしゃみ、鼻汁過多、鼻閉を主訴とする鼻炎で、特定の抗原による鼻粘膜でのアレルギー反応によって生じる。

症状

治療法 (ガイドラインより)

重症度 軽症 中等症 重症
病型   くしゃみ・ 鼻閉型 くしゃみ・ 鼻閉型
鼻漏型 鼻漏型
治療 1.第2世代抗ヒスタミン薬 1.第2世代抗ヒスタミン薬 1.ロイコトリエン拮抗薬 局所ステロイド薬 + 第2世代抗ヒスタミン薬 局所ステロイド薬 + ロイコトリエン拮抗薬 またはトロンボキサン拮抗薬
2.遊離抑制薬 2.遊離抑制薬 2.トロンボキサン拮抗薬
  3.局所ステロイド薬 3.局所ステロイド薬
1. 2. のいずれか 1.2.3.のいずれか 必要に応じて1.に2.または3.を併用する   必要に応じて点鼻用血管収縮薬を治療開始の5~7日間に限って用いる。
  鼻閉型で鼻腔形成異常を伴う症例では手術
  特異的免疫療法
アレルゲン除去・回避

ガイドライン



くしゃみ発作」

  [★]

paroxysmal sneezing
[show details]


くしゃみをする」

  [★]

sneeze
くしゃみ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡