うっ滞性黄疸

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-2-217 食道癌術後の胆汁うっ滞性黄疸に対し,ステロイド・ウルソデオキシコール酸が奏効した症例(肝 良性,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会)
  • 北原 正博,久保 秀文,兼清 信介,多田 耕輔,長谷川 博康
  • 日本消化器外科学会雑誌 41(7), 1454, 2008-07-01
  • NAID 110006833388
  • 症例 胆汁うっ滞性黄疸患者に発生した宿便性S状結腸穿孔の1例
  • 安友 紀幸,川端 幹夫,鈴木 裕子 [他]
  • 外科 66(11), 1347-1350, 2004-11
  • NAID 40006461298

関連リンク

水に溶けやすいタイプのビリルビン(抱合型ビリルビン)が高くなり、黄疸はくすんだ黄色となります。胆汁うっ滞性黄疸の場合は、肌着を脱がせておむつを取って全身を見てみると、浅黒い皮膚の印象を受けます。今回の出産がお二 ...
皮膚や白眼が黄色くなり、皮膚にかゆみが生じ、尿の色が濃くなり、便は色が薄くなって悪臭がするようになります。 ... 胆汁うっ滞では、肝臓で生成される消化液である胆汁の流れが、肝細胞と十二指腸(小腸の最初の部分)の間の ...

関連画像

Ⅲ.体質性 (先天性)黄疸  性黄疸でも認められることがBile lakeの周囲の肝細胞は壊死し  (体質性黄疸の一種)など


★リンクテーブル★
拡張検索胆汁うっ滞性黄疸
関連記事黄疸

胆汁うっ滞性黄疸」

  [★]

cholestatic jaundice
胆汁鬱滞性黄疸


黄疸」

  [★]

jaundice (prejndiceと似ている?), choloplania
icterus
ビリルビン新生児黄疸


  • 基準値:総ビリルビン(TB) 0.2-1.2 mg/dl
総ビリルビンが2.0 mg/dl を超えると肉眼的に黄疸が認められる

黄疸の原因 (内科診断学 第2版)

間接ビリルビン優位 産生過剰 網内系赤血球破壊 先天性溶血性貧血
後天性溶血性貧血
血管内溶血 発作性夜間血色素尿症
寒冷凝集素症
血液型不適合溶血
血栓性血小板減少性紫斑病
骨髄内無効造血 シャントビリルビン血症
悪性貧血
肝臓摂取障害 シャント形成 肝硬変
抱合障害 Crigler-Najjar症候群(I,II型)
Gilbert症候群
直接ビリルビン優位 排泄障害 Rotor症候群
Dubin-Johnson症候群
肝細胞障害 急性肝炎
慢性肝炎
肝硬変
胆管障害 肝内胆汁うっ滞 原発性胆汁性肝硬変
原発性硬化性胆管炎
薬物性胆汁うっ滞
閉塞性黄疸


jaundice
付録16





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡