095B057

  • Dupuitren拘縮について誤っているのはどれか。
  • a. 男性に発症しやすい。
  • b. 多くは両側性である。
  • c. 手掌腱膜の瘢痕性肥厚である。
  • d. 母指に発症しやすい。
  • e. 手指の屈曲拘縮を起こす。

[正答]


※国試ナビ4※ 095B056]←[国試_095]→[095B058



★リンクテーブル★
国試過去問095B056」「095B058

095B056」

  [★]

  • 急性腰痛の対応で適切なのはどれか。
  • a. 軟らかいベッドに臥床する。
  • b. 腹臥位の時間を長くする。
  • c. 仰臥位では膝の下に枕を入れる。
  • d. 起き上がるときには膝を伸展させる。
  • e. 運動療法は急性期から行う。

[正答]


※国試ナビ4※ 095B055]←[国試_095]→[095B057

095B058」

  [★]

  • 急性化膿性骨髄炎について誤っているのはどれか。
  • a. 小児期に多い。
  • b. 血行性感染が多い。
  • c. 起炎菌はレンサ球菌が多い。
  • d. 下肢に多い。
  • e. 長管骨の骨幹端部に多い。

[正答]


※国試ナビ4※ 095B057]←[国試_095]→[095B059