デクスラゾキサン

dexrazoxane
サビーン
ラゾキサン

Japanese Journal

  • 新薬紹介総説 アントラサイクリン系抗悪性腫瘍薬の血管外漏出治療薬デクスラゾキサン(サビーン点滴静注用500mg)の薬理学的特徴および臨床試験成績
  • 丸山 和容,腰原 なおみ
  • 日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ 145(1), 27-34, 2015-01
  • NAID 40020312438
  • アントラサイクリン系抗悪性腫瘍薬の血管外漏出治療薬デクスラゾキサン(サビーン®点滴静注用500 mg)の薬理学的特徴および臨床試験成績
  • 丸山 和容,腰原 なおみ
  • 日本薬理学雑誌 145(1), 27-34, 2015
  • デクスラゾキサン(サビーン®点滴静注用500 mg)は,アントラサイクリン系抗悪性腫瘍薬の血管外漏出時の唯一の治療薬として,海外30ヵ国以上で承認され臨床使用されている.本邦においては「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」において,医療上の必要性が高い薬剤であると評価され,キッセイ薬品工業株式会社がその開発に着手した.非臨床薬理試験においてはアントラサイクリン系抗悪性腫瘍 …
  • NAID 130004827710
  • 薬の個性がみえる 新薬解説 : 薬理作用からみた新規性 アントラサイクリン系抗悪性腫瘍薬の血管外漏出治療薬 サビーン 点滴静注用500mg(一般名:デクスラゾキサン)
  • 岸田 悦子
  • Pharma tribune : なりたい薬剤師になる! 6(9), 30-34, 2014-09
  • NAID 40020211185

Related Links

2014年1月17日、抗悪性腫瘍薬の血管外漏出治療薬、デクスラゾキサン(商品名サビー… ... おすすめ情報 パンデミックに挑む 韓国で流行が拡大中のMERS(中東呼吸器症候群)の最新ニュースを速報中! 学会速報 ...
《ご参考》 デクスラゾキサンについて: デクスラゾキサンは、細胞核に存在する酵素のトポイソメラーゼⅡの働きを阻害する薬剤です。トポイソメラーゼは、細胞の成長や増殖に必須な酵素であり、アントラサイクリン系抗悪性腫瘍 ...


Related Pictures

サビーン点滴静注用 Dexrazoxane (デクスラゾキサン キッセイ薬品工業 「サビーン  ,抗癌剤,デクスラゾキサントポイソメラーゼII阻害剤

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤の血管外漏出治療剤

販売名

サビーン点滴静注用500mg

組成

販売名

  • サビーン点滴静注用500mg

成分・含量(1バイアル中)

  • デクスラゾキサン500mg

添加物(1バイアル中)

  • 塩酸

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤の血管外漏出
  •  通常,成人には,デクスラゾキサンとして,1日1回,投与1日目及び2日目は1000mg/m2(体表面積),3日目は500mg/m2を1〜2時間かけて3日間連続で静脈内投与する。なお,血管外漏出後6時間以内に可能な限り速やかに投与を開始し,投与2日目及び3日目は投与1日目と同時刻に投与を開始する。また,用量は,投与1日目及び2日目は各2000mg,3日目は1000mgを上限とする。
     中等度及び高度の腎機能障害のある患者(クレアチニンクリアランス:40mL/min未満)では投与量を通常の半量とする。
  •  本剤1バイアルあたり注射用水25mLを加え,20mg/mL溶液とし,身長,体重より求めた体表面積より投与量を算出すること。本剤の投与時には,必要量を注射筒で抜き取り,500mLの日局生理食塩液,乳酸リンゲル液又は5%ブドウ糖注射液で希釈すること。

慎重投与

  • 腎機能障害のある患者[デクスラゾキサンは大部分が腎排泄されることが知られており,腎機能障害を有する患者では,副作用が強くあらわれるおそれがある。]
  • 肝機能障害のある患者[肝機能障害の副作用がおこることがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

骨髄抑制(白血球減少,好中球減少,血小板減少,ヘモグロビン減少)

  • 白血球減少,好中球減少,血小板減少,ヘモグロビン減少があらわれることがある。また,重篤な血球減少があらわれることがあり,投与後10日以上経過して発現する例が報告されているので,本剤の投与中及び投与終了後は定期的に血液検査を行うなど,患者の状態を十分に観察し,異常が認められた場合は適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  •  ダウノルビシン誘発皮膚潰瘍モデルにおいて,デクスラゾキサンは単回腹腔内投与により潰瘍発現を用量依存的に抑制し,1日1回3日間の反復腹腔内投与では潰瘍面積を著しく減少させた。また,ダウノルビシン及びドキソルビシン誘発皮膚潰瘍モデルにおいて,デクスラゾキサンは静脈内投与においても潰瘍抑制作用を示し,静脈内と腹腔内の投与経路の違いによる効果の差異は認められなかった。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • デクスラゾキサン(Dexrazoxane) (JAN)

化学名

  • (2S)-4,4'-(Propane-1,2-diyl)bis(piperazine-2,6-dione)

分子式

  • 11H16N4O4

分子量

  • 268.27

性状

  • 白色の結晶性の粉末。水にやや溶けにくい。

★リンクテーブル★
リンク元サビーン
関連記事ラゾキサン

サビーン」

  [★]

会社名

キッセイ

成分

薬効分類

解毒剤

薬効

アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤の血管外漏出

ラゾキサン」

  [★]

razoxane
デクスラゾキサン