100I020

  • 11歳の男児。学校で運動中、左側腹部を強く打撲し救急車で搬入された。意識は清明。体温35.7℃。脈拍100/分、整。血圧80/58mmHg。心雑音はない。呼吸音に異常を認めない。皮下気腫はない。腹部は平坦。腸雑音は弱い。左側腹部に圧痛を伴う野を触知する。尿所見:肉眼的血尿、蛋白2+、糖(-)、沈渣に赤血球無数/1視野、白血球2~3/1視野。血液所見:赤血球210万、Hb 6.5g/dl、Ht21%、白血球9,500、血小板18万。腹部造影CTを以下に示す。直ちに乳酸加リンゲル液を輸液し、赤血球濃厚液1,000mlの輸血を行ったが、血圧は安定しなかった。
  • 次に行うのはどれか。
  • a. 止血薬投与
  • b. 左腎動脈塞栓術
  • c. 左尿管ステント留置
  • d. 左腎瘻カテーテル挿入
  • e. 左腎摘除



[正答]


※国試ナビ4※ 100I019]←[国試_100]→[100I021



★リンクテーブル★
国試過去問100I019」「100I021

100I019」

  [★]

  • 分娩直後の新生児。在胎39週、経膣分娩で出生した。出生直後に啼泣はなく自発呼吸も認めない。妊娠経過に異常を認めなかった。分娩時間12時間。胎児心拍数陣痛図には、分娩30分前から変動一過性徐脈が出現していた。心拍数120/分。四肢にチアノーゼを認め、筋緊張は弱い。
  • 直ちに行う必要がないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I018]←[国試_100]→[100I020

100I021」

  [★]

  • 4か月の乳児。鼠径ヘルニアの手術のため入院した。気管挿管による全身麻酔を開始したが、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)が徐々に低下してきた。
  • 原因として最も可能性が高いのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I020]←[国試_100]→[100I022