urobilinogen

出典: meddic

ウロビリノゲン

WordNet   license wordnet

「a chromogen formed in the intestine from the breakdown of bilirubin; yields urobilins on oxidation; some is excreted in the feces and some is resorbed and excreted in bile or urine」
stercobilinogen

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/19 21:51:52」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Reliable laboratory urinalysis results using a new standardised urine collection device.
  • Roelofs-Thijssen MA, Schreuder MF, Hogeveen M, van Herwaarden AE.SourceDepartment of Laboratory Medicine, Laboratory of Clinical Chemistry, Radboud University Nijmegen Medical Centre, Nijmegen, The Netherlands.
  • Clinical biochemistry.Clin Biochem.2013 Apr 26. pii: S0009-9120(13)00154-9. doi: 10.1016/j.clinbiochem.2013.04.014. [Epub ahead of print]
  • OBJECTIVES: While urine sampling is necessary in the diagnosis of urinary tract infection and electrolyte disturbances, the collection of urine in neonates and non-toilet-trained children is often difficult. A universal urine collection method providing representative urinalyses results is needed. T
  • PMID 23628593
  • Amelioration of CCl(4)-induced nephrotoxicity by Oxalis corniculata in rat.
  • Khan MR, Zehra H.SourceDepartment of Biochemistry, Faculty of Biological Sciences, Quaid-i-Azam University, Islamabad 4400, Pakistan. mrkhanqau@yahoo.com
  • Experimental and toxicologic pathology : official journal of the Gesellschaft für Toxikologische Pathologie.Exp Toxicol Pathol.2013 Mar;65(3):327-34. doi: 10.1016/j.etp.2011.11.007. Epub 2011 Dec 26.
  • CCl(4) induces oxidative stress in various tissues by altering antioxidant enzymes defense system. In this study we investigated the chemical composition and protective role of Oxalis corniculata methanol extract (OCME) on CCl(4)-induced nephrotoxicity in rat. Presence of flavonoids, alkaloids, terp
  • PMID 22205120
  • Protective effects of rutin against potassium bromate induced nephrotoxicity in rats.
  • Khan RA, Khan MR, Sahreen S.SourceDepartment of Biotechnology, University of Science and Technology Bannu, Khyber Pakutunkhwa, Pakistan. rahmatgul_81@yahoo.com
  • BMC complementary and alternative medicine.BMC Complement Altern Med.2012 Nov 1;12:204. doi: 10.1186/1472-6882-12-204.
  • BACKGROUND: Rutin, a polyphenolic flavonoid, was investigated for its protective effects against the KBrO(3) induced renal injuries in rat.METHODS: Group I was control (untreated), group II was given saline 0.5 ml/kg bw (0.9% NaCl), group III was administered KBrO(3) (20 mg/kg bw) intragastric twice
  • PMID 23116356

和文文献

  • ASSOCIATION OF UGT1A1 GLY71ARG WITH URINE UROBILINOGEN
  • 尿検査 尿中ウロビリノーゲン,ウロビリン,ビリルビン (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (一般検査(尿・髄液・糞便検査を含む))
  • 試験紙法による尿検査(2)尿白血球エステラーゼ・尿亜硝酸塩・尿ウロビリノゲン・尿ビリルビン・ケトン体・アスコルビン酸 (特集 尿を科学する) -- (尿検査各論)

関連リンク

ウロビリノーゲン【urobilinogen】とは。意味や解説。腸に胆汁として排出されたビリルビンが腸内細菌によって還元されて生成する無色の物質。大部分は便へ排出されてウロビリンとなるが、一部は腸で吸収されて再び肝臓に戻り、尿中にも ...
尿検査をした結果、ウロビリが出ているため再検査を受けることになったということありませんか。陰性でも陽性でも再検査が必要となるウロビリノーゲンとは、通称ウロビリと呼ばれ、検査では肝機能の状態をみます。この ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ウロビリノゲン

ウロビリノゲン」

  [★]

urobilinogen
ウロビリノーゲン
エールリッヒアルデヒド試験
ビリルビンウロビリノゲンウロビリン

ビリルビンの運命

HBC.290
  • 1. ビリルビン(非極性の分子なので)は肝臓でグルクロン酸抱合される(結局、2分子のグルクロン酸と反応)。 酵素:glucuronosyltransferase, ERに局在, 基質はUDP-glucuronic acid. 別名: bilirubin-UGT。
  • 2. 抱合されたビリルビンは能動輸送によって胆汁に排泄される;この部分が胆汁代謝のrate limiting。MRP-2(multidrug resistance like protein 2),別名:multispecific organic anion transporter(MOAT)が輸送に関わる。これらの輸送体はbile canalicular membrane上に存在する
  • 3. 排泄された抱合型ビリルビンは腸内細菌が産生するβ-glucuronidaseにより非抱合化ビリルビンになる。
  • 4. 非抱合型ビリルビンは腸内細菌によって還元され(8分子のプロトン付加)、ウロビリノゲンが産生される。
  • 5. 回腸末端もしくは大腸でウロビリノゲンは吸収され、血行性に肝臓に輸送され、再び胆汁中に排泄される(腸肝循環)。
  • 6-1. 血中のウロビリノゲンは腎臓で尿中に排泄される。腎臓で(おそらく一部の)ウロビリノゲンは酸化され(2分子のプロトン喪失)黄褐色のウロビリンに変換される
  • 6-2. 終末回腸や大腸の細菌はウロビリノゲンを酸化してウロビリンとなり、尿中に排泄される。

きちゃないトリビア

  • 排泄された糞便の色が経時的に茶褐色に変化していくのは、ウロビリノゲンが酸化されてウロビリンに変化するためである。(HBC.290)

ビリルビンの排泄の変化と疾患

  • →尿ウロビリノゲン

胆汁酵素と黄疸

HBC.292
  血清ビリルビン 尿ウロビリノゲン 尿ビリルビン 糞ウロビリノゲン
正常 D-Bil: 0.1-0.4 mg/dL
I-Bil: 0.2-0.7
0-4 mg/24h 40-280mg/24h
溶血性貧血 ↑I-Bil
肝炎 ↑I-Bil, D-Bil 閉塞ありなら↓ 閉塞ありなら有り
閉塞性黄疸 ↑D-Bil 有り






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡