thrombomodulin

出典: meddic

トロンボモジュリンCD141

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/09 14:40:11」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Expression of plasminogen activator inhibitor-1 by olfactory ensheathing glia promotes axonal regeneration.
  • Simon D, Martin-Bermejo MJ, Gallego-Hernandez MT, Pastrana E, Garcia-Escudero V, Garcia-Gomez A, Lim F, Diaz-Nido J, Avila J, Moreno-Flores MT.SourceCentro de Biologia Molecular Severo Ochoa (CSIC-UAM), Universidad Autonoma de Madrid, Madrid, Spain.
  • Glia.Glia.2011 Oct;59(10):1458-71. doi: 10.1002/glia.21189. Epub 2011 May 27.
  • Olfactory ensheathing glia (OEG) cells are known to facilitate repair following axotomy of adult neurons, although the molecular mechanisms involved are not fully understood. We previously identified plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1), proteinase-activated receptor-1 (PAR-1), and thrombomodul
  • PMID 21626571
  • Endothelial dysfunction and low-grade inflammation are associated with greater arterial stiffness over a 6-year period.
  • van Bussel BC, Schouten F, Henry RM, Schalkwijk CG, de Boer MR, Ferreira I, Smulders YM, Twisk JW, Stehouwer CD.SourceDepartment of Medicine, Prof Debyelaan 25, 6229 HX Maastricht, The Netherlands. cda.stehouwer@mumc.nl.
  • Hypertension.Hypertension.2011 Oct;58(4):588-95. Epub 2011 Aug 22.
  • Endothelial dysfunction and low-grade inflammation are associated with cardiovascular disease. Arterial stiffening plays an important role in cardiovascular disease and, thus, may be a mechanism through which endothelial dysfunction and/or low-grade inflammation lead to cardiovascular disease. We in
  • PMID 21859964

和文文献

  • 急性骨髄性白血病寛解導入療法後に発症した溶血性尿毒症性症候群の1例
  • 加藤 裕一,田嶋 克史,加藤 丈夫
  • 山形大学紀要. 医学 : 山形医学 29(1), 29-31, 2011-02-15
  • A 75-year-old male was diagnosed with acute myeloid leukemia without maturation and was treated with combination chemotherapy. After the first remission-induction therapy, he reached complete remissio …
  • NAID 110008576606
  • 創薬シリーズ(5)トランスレーショナルリサーチ(24)トランスレーショナルリサーチからみた遺伝子組換え型ヒトトロンボモジュリン製剤(リコモジュリン)開発
  • 本田 剛一,鈴木 秀明,青木 喜和
  • 日本薬理学雑誌 138(2), 56-59, 2011-08
  • NAID 40018932250

関連リンク

Thrombomodulin, CD141 or BDCA-3 is an integral membrane protein expressed on the surface of endothelial cells. In humans, thrombomodulin is encoded by the THBD gene. The protein has a molecular mass of 74kDa, and consists of a ...

関連画像

Thrombomodulin thrombomodulin (TM)-activated protein CSepsis leads to organ failure and death When the blood pressure increases here the thrombomodulin -proteinThrombomodulin


★リンクテーブル★
先読みCD141
リンク元敗血症性ショック」「血管内皮」「トロンボモジュリン
拡張検索thrombomodulin alfa

CD141」

  [★]

Fetomodulin, Thrombomodulin

敗血症性ショック」

  [★]

septic shock
敗血症ショック感染性ショック細菌性ショックエキソトキシンショック(厳密には定義が違う?)
ショック敗血症

概念

  • 微生物の感染によって起こる。グラム陰性菌(endotoxic shock)で起こるが、グラム陽性菌・真菌でも起こりうる。(BPT.102)
  • 必ずしも全身性の菌血症は必須ではない。局所の生物の血管外感染にたいする宿主の炎症反応で十分おこりうる。(BPT.102)
  • 敗血症ショックの70%がグラム陰性菌由来のエンドトキシンによる(endotoxic shock)

特徴

  • warm shock:LPSによるショックでは末梢血管の血管透過性が亢進し、末梢血管抵抗が低下するが、体液が組織に移行して体が温かく感じられる。
  • 血管末梢抵抗の低下により、代償的に高心拍出量状態となるり、ついには低心拍出量状態、多臓器不全となる。末期では体温は下がる。

病態生理 BPT.103

  • 1. LPSが血中に放出される
  • 2. 循環血液中のLPS-binding proteinと結合する
  • 3. 2.の複合体は単球、マクロファージ、好中球上に発現しているCD14に結合する
  • 4. CD14と共役しているTLR-4が細胞内にシグナルを伝達する。
  • 5. TLR-4からのシグナルにより、IL-1, TNF等のサイトカインを放出
  • 6. IL-1, TNFは血管内皮細胞に作用して抗凝固因子(TFPIthrombomodulin)の産生を低下させる。 ← この作用は血管内皮上のTLR-4-CD14にLPSが結合することで増強される。

低用量のLPS

  • 1. 単球、マクロファージ、好中球を活性化。補体系の直接の活性化。
  • 2. LPSに反応してTNFを産生した単球性の食細胞はこんどはIL-1を産生する
  • 3. 血管内皮はTNFとIL-1に反応してIL-6, IL-8を産生し、接着分子を発現する。

高用量のLPS

  • 1. サイトカインにより産生されたエフェクター(NO、血小板活性化因子(PAF))が増加
  • 2. 多量のTNFとIL-1によって発熱、急性相反応物(APR)の産生、好中球の増多
  • 3. 血管内皮細胞は前凝固状態になる

高用量のLPSによってもたらされる帰結

  • (1) 全身性の血管拡張(低血圧)
  • (2) 心筋収縮力の減弱
  • (3) びまん性の血管内皮障害と活性化、これにより白血球の血管内皮の接着が促進され、肺における肺胞のびまん性血管内皮損傷がおこる。
  • (4) 凝固系の亢進がDICを引き起こす。

症状

  • warm shock: 初期は発熱を伴う。発汗、呼吸促迫、頚静脈平坦、脈圧増大(高心拍出量状態を反映。低血圧の代償)、頻脈(発熱による)、心拍数増加、末梢血管抵抗低下、意識低下、尿量減少。
  • cold shock: 末期には体温は低下する。
  • 呼吸性アルカローシス:乳酸蓄積とサイトカイン増加で頻呼吸となるため(CBT QB vol2 p.554)

新生児

  • 低体温、無呼吸発作、出血斑

治療・管理

対症療法

初期におけるショックに対する治療 → 輸液負荷、昇圧薬、
  • 輸液負荷
Dellinger RP, Levy MM, Carlet JM, et al: Surviving Sepsis Campaign: international guidelines for management of severe sepsis and septic shock: 2008. Crit Care Med 2008; 36:296-327.
  • Early goal-directed therapy(Grade 1B)
  • 敗血症ショックにおける指標を定めた初期輸液療法
  • 敗血症ショックの治療開始後6時間の輸液療法はクリスタロイドであれば1-2l/hrとし、5%アルブミン液であれば0.6-1l/hrとする。
  • 以下の4項目を達成目標とする
  • 昇圧薬
輸液負荷により低血圧が持続する場合に適応となる(ICU.646)
  • ドパミンは腹腔内臓器の血流を低下させ組織アシドーシスを促進する可能性があるが、ノルアドレナリンにはこれはない。
  • ドパミン、ノルアドレナリンが不応の場合

根治療法

  • 感染巣の同定、起炎菌の同定(血液培養の感度は30-40%程度)と薬物感受性の検索

ステロイド治療

昇圧薬を必要とする全ての敗血症性ショック患者にステロイドが推奨されている (ICU.646)


血管内皮」

  [★]

endothelium (Z)
血管


Table 10-1. Endothelial Cell Properties and Functions
Maintenance of Permeability Barrier
Elaboration of Anticoagulant, Antithrombotic, Fibrinolytic Regulators
prostacyclin
thrombomodulin
heparin-like molecules
plasminogen activator
Elaboration of Prothrombotic Molecules
Von Willebrand factor
Tissue factor
Plasminogen activator inhibitor
Extracellular Matrix Production (Collagen, Proteoglycans)
Modulation of Blood Flow and Vascular Reactivity
Vasconstrictors: endothelin, ACE
Vasodilators: NO, prostacyclin
Regulation of Inflammation and Immunity
IL-1, IL-6, chemokines
Adhesion molecules: VCAM-1, ICAM, E-selectin P-selectin
Histocompatibility antigens
Regulation of Cell Growth
Growth stimulators: PDGF, CSF, FGF
Growth inhibitors: heparin, TGF-β
Oxidation of LDL


トロンボモジュリン」

  [★]

thrombomodulinTM



thrombomodulin alfa」

  [★] トロンボモデュリンアルファ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡