thiabendazole

出典: meddic

チアベンダゾール

WordNet   license wordnet

「an antifungal agent and anthelmintic」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/01 23:01:51」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Mutations of β-tubulin codon 198 or 200 indicate thiabendazole resistance among isolates of Penicillium digitatum collected from citrus in Taiwan.
  • Lee MH, Pan SM, Ng TW, Chen PS, Wang LY, Chung KR.SourceDepartment of Plant Pathology, National Chung-Hsing University, 250 Kuo-Kuang Rd., Taichung 402, Taiwan.
  • International journal of food microbiology.Int J Food Microbiol.2011 Nov 1;150(2-3):157-63. Epub 2011 Aug 4.
  • Penicillium digitatum causes green mold on citrus, resulting in severe postharvest fruit decay and economic losses in many citrus-producing areas of the world. Forty isolates of P. digitatum were cultured from citrus groves, packinghouses, and local markets in Taiwan, and assessed quantitatively for
  • PMID 21868117
  • In situ analysis of agrochemical residues on fruit using ambient ionization on a handheld mass spectrometer.
  • Soparawalla S, Tadjimukhamedov FK, Wiley JS, Ouyang Z, Cooks RG.SourceDepartment of Chemistry Purdue University, 560 Oval Drive, West Lafayette, IN 47907, United States.
  • The Analyst.Analyst.2011 Oct 10;136(21):4392-6. Epub 2011 Sep 2.
  • We describe a rapid in situ method for detecting agrochemicals on the surface or in the tissue of fruit using a portable mass spectrometer equipped with an ambient ionization source. Two such ionization methods, low temperature plasma (LTP) and paper spray (PS), were employed in experiments performe
  • PMID 21892448

和文文献

  • LC-MS/MSによる味付け海苔中のチアベンダゾールの分析法の検討
  • 福田 弘美,植田 勤,大仲 輝男,佐藤 伸哉,神藤 正則,田中 智之
  • 食品衛生学雑誌 52(2), 117-120, 2011
  • 苦情検体の味付け海苔からチアベンダゾール(TBZ)が検出された事例を経験した.原因調査の結果,味付け工程で調味液を塗布する機械に使用されるスポンジロールに,抗菌目的で使用されていたTBZが海苔に移行したことが判明した.今回,LC-MS/MSを用いて味付け海苔中のTBZの定量法を検討した.味付け海苔の製造工程でこのスポンジロールが広く普及していたことから,改良した定量方法を用いて同時期と翌年の市販品 …
  • NAID 130000671821
  • Solubility Behavior and Prediction for Antihelmintics at Several Temperatures in Aqueous and Nonaqueous Mixtures
  • Bustamante Pilar,Muela Susana,Escalera Begoña,Peña Ángeles
  • CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 58(5), 644-649, 2010
  • … The solubility of the drugs was measured in ethanol–water and ethanol–ethyl acetate mixtures at 15—35 °C (mebendazole) and at 25 °C (thiabendazole and metronidazole). … Markedly different solubility profile shapes were obtained against the solubility parameter of the mixtures: two symmetrical peaks (metronidazole), two maxima of different height (mebendazole) and a single peak (thiabendazole). …
  • NAID 130000255822

関連リンク

Medicinally, thiabendazole is also a chelating agent, which means that it is used medicinally to bind metals in cases of metal poisoning, such as lead ... Thiabendazole is also used as a food additive, a preservative with E number E233. ...

関連画像

FIGUREThiabendazole » Add to FavoriteThiabendazole (Tiabendazol)File:Thiabendazole.pngDescription Thiabendazole structure.pngThiabendazole


★リンクテーブル★
リンク元蠕虫」「駆虫薬」「チアベンダゾール」「tiabendazole

蠕虫」

  [★]

helminth, worms
helminthen
微生物学蠕虫症家畜伝染病予防法


蠕虫類

蠕虫類と感染症

蠕虫類 病原体名   病名 感染経路 寄生部位 症状 診断 治療
線虫類 Ancylostoma duodenale ズビニ鉤虫 鈎虫症/十二指腸虫症 F型幼虫経口感染、経皮 空腸上部 皮膚炎、若菜病、貧血 飽和食塩水浮遊法、遠心沈降法 pyrantel pamoate、鉄剤
Necator americanus アメリカ鉤虫
Strongyloides stercoralis 糞線虫 糞線虫症 F型幼虫経皮感染 小腸上部 Loffler症候群 糞便塗沫、普通寒天平板培養による
R型、F型幼虫の検出
thiabendazole, ivermectin
Enterobius vermicularis 蟯虫 蟯虫症 虫卵経口感染 盲腸~大腸 夜間の掻痒、不眠、情緒不安定 肛囲検査法「柿の種」 pyrantel pamoate
Ascaris lumbricoides 回虫 回虫症 虫卵経口感染 小腸孵化→門脈→
肺発育→食道嚥下→小腸
Loffler症候群。急性腹痛 糞便虫の虫卵の証明 pyrantel pamoate
Toxocara canis イヌ回虫 幼虫移行症 生後1-2ヶ月の感染犬の
糞から経口感染
なし 幼虫移行症→失明 免疫診断 治療法無し?
Wuchereria bancrofti バンクロフト糸状虫 フィラリア症/糸状虫症 アカイエカ リンパ系 急性期:リンパ肝炎、リンパ腺炎を伴う熱発作(filarial fever)
慢性期:乳糜尿、リンパ管瘤、陰嚢水腫、象皮病
急性期:夜間のmicrofilariaの検出
慢性期:特有の症状を考慮
diethylcarbamazine &
ivermectin
Brugia malayi マレー糸状虫
Dirofilaria immitis イヌ糸状虫   アカイエカ なし 幼虫移行症→肺血管閉塞→胸部X線画像銭形陰影    
Gnathostoma spinigerum 有棘顎口虫 顎口虫症 ドジョウ、雷魚、ヘビの生食   消化管壁貫通→皮下移動による腫瘤や線状皮膚炎 移動性腫瘤、皮膚爬行疹
雷魚やドジョウの生殖の問診
免疫血清診断
なし
Gnathostoma hispidum 剛棘顎口虫
Gnathostoma doloresi ドロレス顎口虫
Gnathostoma nipponicum 日本顎口虫
Anisakis simplex, larva アニキサス幼虫 アニサキス症
(1)胃アニサキス症、
(2)腸アニサキス症、
(3)異所性アニサキス症
経口感染
終宿主:クジラ、イルカ。
中間宿主:オキアミ。
待機宿主:サバ、ニシン、アジ、タラなど
胃や腸 (1)急激な上腹部痛"胃けいれん"
(2)腹痛、急性虫垂炎、イレウス様。劇症型と緩和型がある
(3)腹腔内の炎症性肉芽腫
胃内視鏡検査 内視鏡による虫体摘出
Pseudoterranova decipiens
Trichinella spiralis 旋毛虫 旋毛虫症 経口感染
豚肉、クマ肉の生食
  (1)成虫侵襲期:下痢、腹痛
(2)幼虫筋肉移行期:顔面浮腫、心筋障害など
(3)幼虫被嚢期:全身浮腫、衰弱
  急性期:ステロイド
殺虫:mebendazole
    鞭虫症   盲腸 慢性下痢、腹痛、異食症、貧血 セロファン重層塗沫法、
ホルマリンエーテル法
mebendazole
Spirurin nematode larva 旋尾線虫 旋尾線虫幼虫 ホタルイカの生食 なし 皮膚爬行疹、イレウス様症状 予防:-30℃24時間。
生食には-30℃4日間以上
摘出
吸虫類 Shistosoma japonicum 日本住血吸虫 日本住血吸虫症 糞便虫の虫卵→ミラシジウム
ミヤイリガイ体内でセルカリア
人畜の皮膚より浸入→循環系→
門脈に寄生
門脈 (1)潜伏期:侵入部の掻痒性皮膚炎。肺移行期:咳、発熱
(2)急性期:虫卵の門脈系寄生、産卵。住血吸虫性赤痢。
(3)慢性期:虫卵の肝、脳などの塞栓。肝硬変。脾腫、腹水
糞便虫の虫卵の検出。
直腸粘膜層掻爬法、
肝穿刺による組織内虫卵の検出。
補助診断として免疫血清学的検査。
praziquantel
Paragonimus westermani ウェステルマン肺吸虫 肺吸虫症/肺ジストマ症 経口感染
淡水産のカニ、イノシシ肉の生食
痰、咳、胸痛、時に喀血 痰や便の虫卵検査、
胸部写真、
断層写真で明らかな虫嚢。
免疫学血清検査
 
Paragonimus miyazakii 宮崎肺吸虫 気胸、胸水貯留、膿胸、好酸球増加   praziquantel
Clonorchis sinensis 肝吸虫 肝吸虫症/肝ジストマ症 経口感染
虫卵→(マメタニシ:セルカリア)→
セルカリア→(魚:メタセルカリア)→
摂取→(ヒト:成虫)→虫卵
胆管 胆汁流出障害による肝障害→肝硬変 糞便、胆汁(十二指腸ゾンデ法)。
肝吸虫卵の検出。CT像。エコー検査。
praziquantel
    横川吸虫症 淡水魚(アユ、フナ、ウグイ、シラウオ)の生食 小腸粘膜 下痢、腹痛 糞便虫の虫卵 praziquantel
条虫類 Taeniarhynchus saginatus 無鉤条虫 腸管条虫症 経口感染。中間宿主:ウシ 小腸 無症状。下痢。
広節裂頭条虫感染では悪性貧血。
糞便虫の虫卵と体節により診断 praziquantel
有鉤条虫の場合はガストログラフィン
有鉤条虫の駆虫の際、
虫体を破壊しない
→虫体の融解による嚢虫症
Taenia solium 有鉤条虫 経口感染。中間宿主:ブタ
Diphyllobothrium latum 広節裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ、マス
  日本海裂頭条虫 経口感染。中間宿主:サケ
  腸管外条虫症  
    有鉤嚢虫症 有鉤条虫の虫卵の経口摂取 皮下、筋肉内
脳、脊髄、眼球
皮下、筋肉内:小指頭大の無症状腫瘤
脳、脊髄、眼球:Jacksonてんかん。痙性麻痺など
皮下の虫嚢 外科的摘出。
成虫寄生がなければ、praziquantel,
albendazole +
ステロイド
Echinococcus granulosus 単包虫 包虫症/
エキノコックス症
(単包虫症)
終宿主:イヌ、キツネなど。
中間宿主:ヒト、ブタ、野ネズミなど。
終宿主の糞便虫の虫卵を中間宿主が接種して発症
肝、肺、まれに脳、腎、筋肉 肝寄生:肝部疼痛、満腹、時に黄疸、下肢浮腫
肺寄生:胸部圧迫感、胸痛、咳、血痰、時に喀血
肝や肺の嚢胞形成から疑う。
早期に診断に皮内反応→
CT、エコー→
生検。免疫血清学的診断法
外科的切除。
albendazoleの長期投与
Echinococcus multilocularis 多包虫 包虫症/
エキノコックス症
(多包虫症)

駆虫薬」

  [★]

anthelmintic, anthelmintics
anthelmintica

http://en.wikipedia.org/wiki/Anthelmintic

antiplatyhelmintic agents Antitrematodals
(schistosomicides)
binds tubulin benzimidazole (Triclabendazole#)
acetylcholinesterase inhibitor phosphonic acid (metrifonate)
Other/unknown quinoline (praziquantel#, oxamniquine#) · phenol (bithionol) · thiazole ([[niridazole]) · arylsulfonate (stibophen)
anticestodals
(taeniacides)
binds tubulin benzimidazole (albendazole#)
Other/unknown salicylanilide (niclosamide)# · aminoacridine (quinacrine) · butyrophenone (desaspidin) · chlorophenol (dichlorophen)
antinematodal agents
(macrofilaricides)
binds tubulin benzimidazole (mebendazole#, thiabendazole, albendazole#, fenbendazole, ciclobendazole, flubendazole)
chloride channel macrolide (ivermectin#)
NMDA tetrahydropyrimidine (pyrantel#, pyrantel pamoate, oxantel)
Other/unknown piperazine (piperazine · diethylcarbamazine#) · thiazole (levamisole#) · quinolinium (pyrvinium) · benzylammonium (bephenium) · naphthalenesulfonate (suramin#)  · tribendimidine


チアベンダゾール」

  [★]

thiabendazoletiabendazole
ミンテゾール
trichinosis



tiabendazole」

  [★]

チアベンダゾール

thiabendazole




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡