terfenadine

出典: meddic

テルフェナジン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/27 18:37:39」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Drug-Induced QTC Prolongation Dangerously Underestimates Proarrhythmic Potential: Lessons From Terfenadine.
  • Hondeghem LM, Dujardin K, Hoffmann P, Dumotier B, De Clerck F.SourceFrom the *Department of Pharmacology, KU Leuven, Leuven, Belgium; †Department of Cardiology, H. Hart Ziekenhuis, Roeselare, Belgium; ‡Novartis Pharmaceuticals Corp, East Hanover NJ; §Safety Pharmacology, Novartis Pharma AG, Basel, Switzerland; and ?PharmaConsulting, Beerse, Belgium.
  • Journal of cardiovascular pharmacology.2011 May;57(5):589-97.
  • PMID 21346598

和文文献

  • Developmental Changes in Action Potential Prolongation by K+-Channel Blockers in Chick Myocardium
  • Nouchi Hideaki,Kiryu Naoaki,Kimata Mikio,Tsuneoka Yayoi,Hamaguchi Shogo,Namekata Iyuki,Takahara Akira,Shigenobu Koki,Tanaka Hikaru
  • Journal of Pharmacological Sciences 115(2), 235-238, 2011
  • Terfenadine prolonged action potential duration in the 11 – …
  • NAID 130000439947
  • Inhibitory Effects of the Methanol Extract of Ganoderma lucidum on Mosquito Allergy–Induced Itch-Associated Responses in Mice
  • Andoh Tsugunobu,Zhang Qun,Yamamoto Takumi,Tayama Manabu,Hattori Masao,Tanaka Ken,Kuraishi Yasushi
  • Journal of Pharmacological Sciences advpub(0), 1010060458, 2010
  • … The scratching was inhibited by the H1 histamine–receptor antagonist azelastine, but not by the peripherally acting H1-antagonist terfenadine, at the oral dose of 30 mg/kg. … Although terfenadine (30 mg/kg) inhibited plasma extravasation induced by ESGM in the sensitized mice, G. …
  • NAID 130000439885

関連リンク

Terfenadine is an antihistamine formerly used for the treatment of allergic conditions. It was brought to market by Hoechst Marion Roussel (now Sanofi- Aventis) and marketed under various brand names including Seldane in the United ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元テルフェナジン

テルフェナジン」

  [★]

terfenadine
トリルダン, Seldane
抗ヒスタミン薬


  • 第二世代ヒスタミン薬
  • 抗アレルギー薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • ピペリジン系

副作用

  • QT延長、心房性不整脈(torsades de pointes)を起こし、心停止を起こしうる
  • テルフェナジンはプロドラッグであり、99.5%がすぐ代謝されフェキソフェナジンとなる
  • 代謝が滞るとテルフェナジンは電位依存性Kチャネルを抑制するので危険。
  • テルフェナジン代謝酵素はCYP3A4で代謝されるので、これを阻害する薬物(CYP3A4と親和性の高い薬物)との併用は危険
  • 服用に注意を要するのはQT延長をおこしやすい人





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3