synaptophysin

出典: meddic

シナプトフィジン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/04 21:33:58」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Neuroblastoma patient-derived orthotopic xenografts retain metastatic patterns and geno- and phenotypes of patient tumours.
  • Braekeveldt N1, Wigerup C, Gisselsson D, Mohlin S, Merselius M, Beckman S, Jonson T, Börjesson A, Backman T, Tadeo I, Berbegall AP, Ora I, Navarro S, Noguera R, Påhlman S, Bexell D.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2015 Mar 1;136(5):E252-61. doi: 10.1002/ijc.29217. Epub 2014 Oct 7.
  • Neuroblastoma is a childhood tumour with heterogeneous characteristics and children with metastatic disease often have a poor outcome. Here we describe the establishment of neuroblastoma patient-derived xenografts (PDXs) by orthotopic implantation of viably cryopreserved or fresh tumour explants of
  • PMID 25220031
  • Specific expression of OATPs in primary small cell lung cancer (SCLC) cells as novel biomarkers for diagnosis and therapy.
  • Brenner S1, Klameth L2, Riha J1, Schölm M3, Hamilton G4, Bajna E3, Ausch C5, Reiner A6, Jäger W1, Thalhammer T7, Buxhofer-Ausch V8.
  • Cancer letters.Cancer Lett.2015 Jan 28;356(2 Pt B):517-24. doi: 10.1016/j.canlet.2014.09.025. Epub 2014 Oct 6.
  • The expression of organic anion transporting polypeptides (OATPs) was elucidated in cell lines from small cell lung cancer (SCLC) and lung carcinoids and in paraffin-embedded samples from primary and metastatic SCLCs. We found a strong relationship between OATP expression and the origin of the cells
  • PMID 25301452
  • Interactions between MAOA and SYP polymorphisms were associated with symptoms of attention-deficit/hyperactivity disorder in Chinese Han subjects.
  • Gao Q1, Liu L, Li HM, Tang YL, Wu ZM, Chen Y, Wang YF, Qian QJ.
  • American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics.Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet.2015 Jan;168(1):45-53. doi: 10.1002/ajmg.b.32273. Epub 2014 Dec 8.
  • As candidate genes of attention-deficit/hyperactivity disorder (ADHD), monoamine oxidase A (MAOA), and synaptophysin (SYP) are both on the X chromosome, and have been suggested to be associated with the predominantly inattentive subtype (ADHD-I). The present study is to investigate the potential gen
  • PMID 25487813

和文文献

  • 免疫組織学的にポリオーマウィルスが陽性であったMerkel細胞癌の2例
  • 東儀 那津子,高須 博,勝岡 憲生,鴻池 奈津子,根本 充,武田 啓
  • Skin Cancer 28(1), 29-33, 2013
  • … 免疫染色で腫瘍細胞はNSE,Synaptophysin,CK20で陽性であった。 …
  • NAID 130003378162
  • A Case of Malignant Carotid Body Tumor
  • 若月 昭子,西角 章,櫟原 新平,李 昊哲,河田 了,栗栖 義賢,辻 求
  • 耳鼻咽喉科臨床 106(3), 247-252, 2013
  • … Histopathologically, the tumor cells were positive for chromogranin A, synaptophysin and CD56. …
  • NAID 130003374032
  • 膵神経内分泌腫瘍術後19年目の肝転移再発が疑われた1切除例
  • 高田 英志,吉田 寛,真々田 裕宏,谷合 信彦,吉岡 正人,川野 陽一,清水 哲也,上田 純志,内藤 善哉,内田 英二
  • 肝臓 54(5), 326-333, 2013
  • 膵神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor:NET)術後19年目の肝転移再発が疑われた1切除例を経験した.症例は58歳,男性.19年前に当院にて膵頭部腫瘍に対して膵頭十二指腸切除術施行.膵島細胞癌(2010年WHO分類ではNET G2)と診断された.再発なく経過し,以後,近医にてフォローアップされていた.1年前に腹部CT検査にて肝S6に多血性の径10 mm大の腫瘍を指摘され,増大傾 …
  • NAID 130003368684

関連リンク

synaptophysin クローン: SY38 メーカー:DAKO 希釈倍率: x20 抗原賦活化法: 圧力鍋 (上記は北大病理部での条件。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも"推奨メーカー"という意味では ...
Small cell lung cancer. The neoplastic cells show a moderate diffuse cytoplasmic staining reaction. Clinical application for Anti-Synaptophysin, Clone DAK-SYNAP. ... Small intestine carcinoid. The neoplastic cells show a moderate ...

関連画像

Synaptophysin in Rat Neurons.Trans-Golgi network delivery of synaptic Synaptophysin Antibody Liponeurocytoma Synaptophysin.jpgImmunofluorescence with anti-Synaptophysin Synaptophysin Staining


★リンクテーブル★
リンク元カルチノイド」「シナプトフィジン

カルチノイド」

  [★]

carcinoid
カルチノイド腫瘍 carcinoid tumor
好銀性細胞腫 argyrophil cell tumor
カルチノイド症候群消化管カルチノイド

概念

  • 気管支や消化管に発生し、原腸系臓器に広く分布する内分泌系細胞腫瘍の低異型度腫瘍。消化管に発生したものは特に消化管カルチノイドという(YN.A-75)

疫学

  • 欧米では小腸腫瘍の中で悪性腫瘍に次いで2番目に多いが、日本では非常にまれ。

分類

部位


発生部位

  • 発生部位:消化管(虫垂、大腸、小腸、直腸、胃)および肺、気管支
  • 直腸が最多 (YN.A-75)
  • 肺:発生母地(気管支腺、細気管支上皮内に存在するKultchitzky細胞)。神経内分泌顆粒を有する。(NSU.344)

病理

  • 粘膜下腫瘍と同様の所見を呈することが多い。  ちなみにGISTは粘膜下腫瘍
  • つまり辺縁はなだらかである。



  • 細胞の配列:索状、リボン状。時にロゼット様
  • 核:小型、円形で中心に存在し、分裂像は少ない



予後

  • 予後(5年生存率):虫垂のカルチノイドを除いて90%。小腸原発のカルチノイドで肝臓に転移があっても50% (BPT.627)

消化管 (BPT.626)

疫学

  • The peak incidence of these neoplasms is in the sixth decade.(BPT.626)
  • 直腸結腸癌の2%以下。小腸の悪性腫瘍の半分を占める
  • 転移:虫垂と直腸のカルチノイドは転移しにくい。90%の胃、空腸、結腸のカルチノイドは

直腸

疫学(NSU.590)

  • 消化器系のカルチノイドのうち最多(36%)。
  • 40-50歳代に多い。
  • 男:女=1.4:1

国試



シナプトフィジン」

  [★]

synaptophysin
主要シナプス小胞蛋白p38 major synaptic vesicle protein p38
  • 酸性の膜糖タンパク質。
  • 分子量は38kDa
  • 機能は詳細明らかではないが、シナプス小胞のエンドサイトーシスに関与しているらしいことがわかってきた。
  • 発現細胞/組織は神経内分泌細胞、ニューロン(シナプス小胞を介した神経伝達を行うもの)
  • 臓器局在としては、副腎髄質、下垂体、膵などの神経・神経内分泌細胞
  • 細胞内局在としては細胞膜、特に神経細胞のシナプス小胞膜に存在する
  • 免疫病理の分野では肺/胃腸膵管系の神経内分泌腫瘍(神経芽細胞腫、ガングリオブラストーマ、褐色細胞腫パラガングリオーマ)と上皮系神経内分泌腫瘍との鑑別に有用とされている。
  • 免疫組織化学では細胞膜で陽性となる。






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡