pregabalin

出典: meddic

プレガバリン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/13 13:16:12」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/09/02 19:33:56」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/10/19 19:25:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • An international survey of reported prescribing practice in the treatment of patients with generalised anxiety disorder.
  • Baldwin DS, Allgulander C, Bandelow B, Ferre F, Pallanti S.SourceUniversity of Southampton Faculty of Medicine , Southampton , UK.
  • The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry.World J Biol Psychiatry.2011 Nov 7. [Epub ahead of print]
  • Abstract Objective. To gain insight into the experience and practice of psychiatrists in the pharmacological management of patients with generalized anxiety disorder (GAD). Methods. Multiple-choice questionnaire completed by 501 psychiatrists (representing a 45% response rate) from 18 countries, s
  • PMID 22059936
  • Neoteric pharmacotherapeutic targets in fibromyalgia.
  • Chopra K, Kuhad A, Arora V.SourcePanjab University, University Institute of Pharmaceutical Sciences , UGC Centre of Advanced Study, Pharmacology Research Laboratory, Chandigarh-160014 , India +91 172 2534105 ; +91 172 2541142 ; dr_chopra_k@yahoo.com.
  • Expert opinion on therapeutic targets.Expert Opin Ther Targets.2011 Nov;15(11):1267-81. Epub 2011 Sep 10.
  • Introduction: Fibromyalgia is a debilitating, chronic pain disorder typically present with allodynia and hyperalgesia. Estimates from the USA suggest that fibromyalgia affects about 5% of women, and is the third most common rheumatic disorder after lower back pain and osteoarthritis. Recent researc
  • PMID 21905964

和文文献

  • 症例報告 ガバペンチンからプレガバリンへのスイッチにより良好な疼痛コントロールが得られた肺癌患者の1例
  • 柴原 弘明,今井 絵理,植松 夏子 [他]
  • 日本農村医学会雑誌 60(2), 104-108, 2011-07
  • NAID 40018986123
  • 末梢性神経障害性疼痛治療薬プレガバリン(リリカカプセル)の薬理作用機序および臨床効果
  • 越智 靖夫,原田 拓真,鈴木 美咲 [他]
  • 日本緩和医療薬学雑誌 4(2), 53-64, 2011-06
  • NAID 40018938923

関連リンク

O=C(O)C[C@H](CC(C)C)CN. InChI. InChI=1S/C8H17NO2/c1-6(2)3-7(5-9)4-8(10 )11/h6-7H,3-5,9H2,1-2H3,(H,10,11)/t7-/m0/s1 Yes Y Key:AYXYPKUFHZROOJ- ZETCQYMHSA-N Yes Y. Yes Y (what is this?) (verify). Pregabalin (INN) (Lyrica) ( ...

関連画像

Buy Lyrica PregabalinTreatment with pregabalin significantly  Saúde > Lyrica - Generic name: PregabalinPregabalin - Pregabalin Pfizer PGN 75PregabalinDrugs reference index « Pregabalin »


★リンクテーブル★
リンク元プレガバリン」「プレギャバリン

プレガバリン」

  [★]

pregabalin
リリカ
プレギャバリン

効能又は効果

  • 末梢性神経障害性疼痛、神経障害性疼痛
  • 線維筋痛症に伴う疼痛

用量

  • 極量は450ないし600mg
  • 排泄経路は尿中なので用量は腎機能に注意して設定する。

リリカ

神経障害性疼痛

  • クレアチニンクリアランス(mL/min):≧60
  • 1日投与量:150~600mg
  • 初期用量:1回75mg1日2回
  • 維持量:1回150mg1日2回
  • 最高投与量:1回300mg1日2回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):≧30-<60
  • 1日投与量:75~300mg
  • 初期用量:1回25mg1日3回又は1回75mg1日1回
  • 維持量:1回50mg1日3回又は1回75mg1日2回
  • 最高投与量:1回100mg1日3回又は1回150mg1日2回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):≧15-<30
  • 1日投与量:25~150mg
  • 初期用量:1回25mg1日1回もしくは2回又は1回50mg1日1回
  • 維持量:1回75mg1日1回
  • 最高投与量:1回75mg1日2回又は1回150mg1日1回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):<15
  • 1日投与量:25~75mg
  • 初期用量:1回25mg1日1回
  • 維持量:1回25又は50mg1日1回
  • 最高投与量:1回75mg1日1回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):血液透析後の補充用量注)
  • 初期用量:25又は50mg
  • 維持量:50又は75mg
  • 最高投与量:100又は150mg

注:2日に1回、本剤投与6時間後から4時間血液透析を実施した場合のシミュレーション結果に基づく。

線維筋痛症に伴う疼痛

  • クレアチニンクリアランス(mL/min):≧60
  • 1日投与量:150~450mg
  • 初期用量:1回75mg1日2回
  • 維持量:1回150mg1日2回
  • 維持量(最高投与量):1回225mg1日2回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):≧30-<60
  • 1日投与量:75~225mg
  • 初期用量:1回25mg1日3回又は1回75mg1日1回
  • 維持量:1回50mg1日3回又は1回75mg1日2回
  • 維持量(最高投与量):1回75mg1日3回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):≧15-<30
  • 1日投与量:25~150mg
  • 初期用量:1回25mg1日1回もしくは2回又は1回50mg1日1回
  • 維持量:1回75mg1日1回
  • 維持量(最高投与量):1回100もしくは125mg1日1回又は1回75mg1日2回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):<15
  • 1日投与量:25~75mg
  • 初期用量:1回25mg1日1回
  • 維持量:1回25又は50mg1日1回
  • 維持量(最高投与量):1回50又は75mg1日1回
  • クレアチニンクリアランス(mL/min):血液透析後の補充用量注)
  • 初期用量:25又は50mg
  • 維持量:50又は75mg
  • 維持量(最高投与量):75又は100mg

注:2日に1回、本剤投与6時間後から4時間血液透析を実施した場合のシミュレーション結果に基づく。

併用注意

  • 中枢神経抑制薬:オピオイド系鎮痛薬
  • オキシコドン、ロラゼパム、アルコール
  • 血管浮腫を引き起こす薬剤(ACE-I等)
  • 末梢性浮腫を引き起こす薬剤(チアゾリジン系薬剤等)

作用機序

  • プレガバリンは中枢神経系において電位依存性カルシウムチャネルの機能に対し補助的な役割をなすα2δサブユニットと結合することによりカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸等の神経伝達物質遊離を抑制することが示唆されている

ADME

代謝

  • プレガバリンはほとんど代謝をうけない(添付文書リリカ)

排泄

  • 尿中排泄率は83.9~97.7%(添付文書リリカ)

添付文書

  • リリカカプセル25mg/リリカカプセル75mg/リリカカプセル150mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1190017M1028_1_02



プレギャバリン」

  [★]

pregabalin
プレガバリン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡