paracetamol

出典: meddic

アセトアミノフェンパラセタモール

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/20 15:25:09」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A novel sensor based on electrochemical polymerization of diglycolic acid for determination of acetaminophen.
  • Xu F, Ru HY, Sun LX, Zou YJ, Jiao CL, Wang TY, Zhang JM, Zheng Q, Zhou HY.SourceCollege of Chemistry and Chemical Engineering, Liaoning Normal University, 850 Huanghe Road, Dalian 116029, PR China.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2012 Oct;38(1):27-30. Epub 2012 May 3.
  • Diglycolic acid (DA) polymer was coated on glassy carbon (GC) electrode by cyclic voltammetry (CV) technique for the first time. The electrochemical performances of the modified electrode were investigated by CV and electrochemical impedance (EIS). The obtained electrode showed an excellent electroc
  • PMID 22651969
  • Effects of the aquatic contaminant human pharmaceuticals and their mixtures on the proliferation and migratory responses of the bioindicator freshwater ciliate Tetrahymena.
  • Láng J, Kőhidai L.SourceDepartment of Genetics, Cell- and Immunobiology, Semmelweis University, PO Box 370, H-1445 Budapest, Hungary.
  • Chemosphere.Chemosphere.2012 Oct;89(5):592-601. Epub 2012 Jun 12.
  • An increasing attention is paid to the potential harmful effects of aquatic contaminant pharmaceuticals exerted on both biosystems and humans. In the present work the effects of 14 pharmaceuticals including NSAIDs, antibiotics, β-blockers and a frequently used X-ray contrast media on the proliferat
  • PMID 22698373

和文文献

  • Synergistic Interaction Between Fentanyl and a Tramadol : Paracetamol Combination on the Inhibition of Nociception in Mice
  • Fernandez-Duenas Victor,Poveda Raquel,Sanchez Silvia [他]
  • Journal of pharmacological sciences 118(2), 299-302, 2012-02
  • NAID 40019161655
  • Acetaminophen enhances pruritus in a mouse model of contact dermatitis induced by suboptimal concentration of hapten
  • YAMAURA Katsunori,AKIYAMA Seri,ODA Manabu,SUWA Eriko,UENO Koichi
  • Journal of toxicological sciences 36(5), 669-674, 2011-10-01
  • Acetaminophen (APAP) is one of the most commonly used drugs worldwide to reduce fever, particularly in children. It is generally considered to be a safe drug. However, a number of studies have shown t …
  • NAID 10029481594

関連リンク

アセトアミノフェン分子. 化合物アセトアミノフェン(英: Acetaminophen USAN)、別名( 国際一般名):パラセタモール(英: Paracetamol INN, 英: para-acetylaminophenol)は 、解熱鎮痛薬の一つである。
2008年1月22日 ... 今日、あるオーストラリア人の女性の患者が薬局やって来て、「これってparacetamol ( パラセタモール)に換算したら何ミリグラム入っているの?」っと言って私に見せた薬は なんと日本語のパッケージのTylenol(タイレノール)だった。

関連画像

ParacetamolProduct Images: Paracetamol Oral Paracetamol TabletDay 43: Paracetamol, Bottled Iced-Tea Paracetamol can cause asthmaParacetamol Caplets 500mg x 16


★リンクテーブル★
先読みパラセタモール
リンク元100Cases 82」「アセトアミノフェン」「ピリン系解熱鎮痛薬

パラセタモール」

  [★] アセトアミノフェン


100Cases 82」

  [★]

☆case82 aches and pains
症例
76歳 女性
主訴疼痛
現病歴:約10週間、どことも無く調子が悪く感じていた。朝起きたときにぎこちなさを覚える。ベットから出るときに苦労しており、また紙をとくために手を挙げるのが困難であった。膝や指にいくらか痛みがあった。(いつからかは記述されてないが)4kg体重減少してきており、盗汗が認められていた。今回、新たに症状が認められたためGPにかかった。2,3日前から持続性頭痛が認められていた。
喫煙歴:40年間タバコを吸っていない。
飲酒歴:飲酒はクリスマスの時のみ
既往歴:生来健康。
生活歴:1人住まいである。
家族歴
服薬歴定期的服用している薬はない。頭痛のためにparacetamolを飲んだが効果はなかった。
身体所見 examination
 顔貌 青白。頭皮全体の触診顕著圧痛血圧 138/84 mmHg心血管系呼吸器系腹部臓器(abdominal systems)に異常を認めない。上肢下肢の近位筋における筋力低下神経所見に異常なし
検査所見 investigations
High
WBC 12.2x10^9/L → 12.2x10^3/uL →1.22x10^4/ul
ESR 91 mm/hr
glucose 122.4 mg/dL
ALT(GPT) 85IU/L
AlP 465IU/L

グループ分け前

問診(S) 診察(O) 検査結果(O)
どこともない身体不調 蒼白 白血球増多
朝のこわばり 頭全体で頭皮触診による圧痛あり 赤沈亢進
日常動作困難 筋力低下(上下肢の近位筋) 高血糖
指・膝の痛み   ALT(GPT)上昇
4kgの体重減少   ALP上昇
盗汗    
持続性頭痛    

グループ分け後

問診(S) 診察(O) 検査結果(O)
どこともない身体不調 蒼白 白血球増多
朝のこわばり 頭全体で頭皮触診による圧痛あり 赤沈亢進
日常動作困難 筋力低下(上下肢の近位筋) 高血糖
指・膝の痛み   ALT(GPT)上昇
4kgの体重減少   ALP上昇
盗汗    
持続性頭痛    


アセトアミノフェン」

  [★]

acetaminophen APAP
パラセタモール paracetamol
Tempraカロナールピリナジンアトミフェンアニルーメアフロギスピレチノールパラセタナパコカールサールツーカルジール、(小児坐薬)アンヒバ、(小児坐薬)アルピニー。(サリチルアミドアセトアミノフェンカフェインクロルフェニラミン)ペレックスネオアムノール配合LL配合。(サリチルアミドアセトアミノフェンカフェインプロメタジン)PL配合顆粒マリキナ配合顆粒ホグス配合顆粒ピーエイ配合セラピナ配合トーワチーム配合サラザック配合顆粒。(ジプロフィリンジヒドロコデイン、dl-メチルエフェドリン、ジフェンヒドラミンアセトアミノフェンブロモバレリル尿素)カフコデN配合。(トラマドールアセトアミノフェン)トラムセット配合。(イソプロピルアンチピリンアセトアミノフェンアリルイソプロピルアセチル尿素カフェイン)SG配合顆粒
(第2類医薬品)タイレノール Tylenol
アセトアミノフェン中毒
  • 非NSAID
  • 酸性
  • 解熱薬鎮痛薬。抗炎症作用はない!!
  • 消化管に対する副作用はアスピリンよりかなり少ない。
  • 小児の解熱の第一選択薬 ← ex. インフルエンザ患児にアスピリンを投与しReye syndromeの発症

動態

  • CYP2E1で分解される

副作用

  • ピリン系より副作用が少ない
  • 腎障害



ピリン系解熱鎮痛薬」

  [★]

pyrazolone derivative analgesic-antipyretic
ピリン系化合物ピリンショック、ピリン過敏症、ピリン疹


ピリン系解熱鎮痛薬

ピリン系解熱鎮痛薬の位置づけ

非NSAIDs 酸性 ピラゾロン系(ピリン系 スルピリン sulpyrine
アニリン(非ピリン系) アセトアミノフェン acetaminophen
パラセタモール paracetamol




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4アイソボログラム13
5篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9グレー症候群+小児8
10メタロプロテイナーゼ8
11下壁梗塞8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14体幹ギプス固定 画像6
15SHEEP BLEEDING PULLEY mail6
16brom+tech+心臓6
17+白衣を着る理由 看護師 原著6
18セリンプロテイナーゼ6
19プロステーシス+整形外科6
20十二指腸係蹄とは5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1SHEEP BLEEDING PULLEY mail6
2+357 copper sulphate .cy mail5
3シンメルブッシュ4
4fcε受容体 4量体3
5copper sulphate companies in Cyprus mail3
6コイロサイトーシス3
7+40 copper sulphate SRL mail3
8脂肪類壊死症3
9ソマチュリン投与方法3
10小児科 細菌感染 レパトア2
11動脈圧受容器2
12閉塞性黄疸+検査所見2
13閉鎖骨折2
14ツツガムシ病+好酸球2
15ACTH負荷試験2
16聴覚伝導+路+画像2
17血清免疫電気泳動2
18し開+意味2
19肛門挙筋 CT2
20アランチウス管2