nonalcoholic steatohepatitis

出典: meddic

非アルコール性脂肪性肝炎 NASH

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Association Between Aerobic Exercise and Rosiglitazone Avoided the NAFLD and Liver Inflammation Exacerbated in PPAR-α Knockout Mice.
  • Batatinha HA1, Lima EA1, Teixeira AA1, Souza CO1, Biondo LA1, Silveira LS2, Lira FS2, Rosa Neto JC1.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2017 May;232(5):1008-1019. doi: 10.1002/jcp.25440. Epub 2016 Nov 30.
  • Nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) is one of the main liver diseases today, and may progress to steatohepatitis, cirrhosis, and hepatocellular carcinoma. Some studies have shown the beneficial effects of aerobic exercise on reversing NAFLD. To verify whether chronic aerobic exercise improves t
  • PMID 27216550
  • The potential of flavonoids in the treatment of non-alcoholic fatty liver disease.
  • Van De Wier B1, Koek GH2, Bast A1, Haenen GR1.
  • Critical reviews in food science and nutrition.Crit Rev Food Sci Nutr.2017 Mar 4;57(4):834-855.
  • The contemporary pathophysiological model of non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) comprises multiple parallel pathways with a dynamic cross talk that cumulate in steatosis and inflammation, and ultimately fibrosis, cirrhosis, liver failure, and hepatocellular carcinoma. So far, no pharmacologic
  • PMID 25897647
  • Regulation of SREBP-2 intracellular trafficking improves impaired autophagic flux and alleviates endoplasmic reticulum stress in NAFLD.
  • Deng X1, Pan X1, Cheng C1, Liu B1, Zhang H1, Zhang Y1, Xu K2.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2017 Mar;1862(3):337-350. doi: 10.1016/j.bbalip.2016.12.007. Epub 2016 Dec 21.
  • Sterol regulatory element-binding protein 2 (SREBP-2), is a well-known transcriptional regulator of cholesterol metabolism. SREBP-2 is activated unconventionally to promote excessive cholesterol accumulation in non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD). In addition, recent studies suggested that exc
  • PMID 28011404

和文文献

  • 肥満と肝がん (特集 肥満とがん)
  • 角田 圭雄
  • 京都府立医科大学雑誌 124(2), 113-121, 2015-02
  • NAID 40020378832
  • 膵頭十二指腸切除術後に急速に進行した非アルコール性脂肪性肝炎の1例
  • 浅間 宏之,鈴木 智浩,喜田 栄作,松橋 暢生,市井 統,田井 真弓,江尻 豊,大平 弘正
  • 日本消化機病學會雜誌. 乙 112(5), 905-913, 2015
  • 症例は64歳女性.膵管内乳頭粘液性腺癌にて膵頭十二指腸切除術を施行された.術後早期から脂肪肝を認め,術後6カ月から食欲不振と腹水貯留を認め当科へ紹介された.多量の腹水と高度の脂肪肝を認め肝生検にて非アルコール性脂肪性肝炎と診断された.アルブミン製剤と膵酵素補充薬により腹水の消失と脂肪肝の改善を認めた.肝病変が急速に進行した要因として,術前より慢性膵炎を認めており膵予備能が低下していた可能性が考えら …
  • NAID 130005066993
  • Long-Term Survival with Growth Hormone Replacement after Liver Transplantation of Pediatric Nonalcoholic Steatohepatitis Complicating Acquired Hypopituitarism
  • , , , , , , , ,
  • The Tohoku Journal of Experimental Medicine 235(1), 61-67, 2015
  • Nonalcoholic steatohepatitis (NASH) is the most severe form of nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD). …
  • NAID 130004822429

関連リンク

Provides information about nonalcoholic steatohepatitis, a liver disease that occurs when fat deposits in the liver cause inflammation. ... On this page: Diagnosis Symptoms Causes Treatment Hope through Research
What is nonalcoholic steatohepatitis (NASH)? Nonalcoholic steatohepatitis (NASH) is liver inflammation caused by a buildup of fat in the liver. NASH is part of a group of liver diseases, known as nonalcoholic fatty liver disease, in ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元非アルコール性脂肪性肝炎」「NASH
関連記事nonalcoholic」「steatohepatitis

非アルコール性脂肪性肝炎」

  [★]

non-alcoholic steatohepatitisnonalcoholic steatohepatitisNASH
非アルコール性脂肪肝炎
脂肪性肝炎非アルコール性脂肪性肝疾患
[show details]
090716IV

概念

  • 飲酒歴がないのに、簡素式所見がアルコール性肝障害に類似する疾患。中年女性に好発し肝硬変まで進行。(Ludwig 1980年)

疫学

  • 脂肪肝の10%にNASHをみる (出典不明)
  • 西欧諸国の一般人口の20-40%が非アルコール性肝障害(NAFLD)を発症している。アメリカ軍の兵士とその家族を対象として、FAFLDのスクリーニングを腹部超音波で行った結果、有病率は46%であった。超音波所見陽性者に生検を行い、30%がNASHであった。アジア・太平洋におけるNASHの有病率は5-30%と推定される。(参考3)

NAFLDのリスク因子

  • 中心性肥満、2型糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドローム

発症機序

参考1
  • two hit theory:
  • 1st hit インスリンの抵抗性などが背景にあり、脂肪酸の代謝異常、遊離脂肪酸の増加、中性脂肪の蓄積をきたして脂肪肝となり、さらに脂肪性肝炎をきたす
  • 2nd hit 抗酸化物質の欠乏、肝臓への鉄の蓄積、レプチン、腸内細菌などによる酸化ストレス、あるいはエンドトキシンによりNASHをきたす。

病理

  • アルコール性肝炎に類似する病理所見:
  • 肝細胞障害(風船様腫大、変性壊死)
  • アルコール性肝炎で見られるマロリー小体が認められることがある。
  • 大滴性脂肪肝
  • 小葉内炎症細胞浸潤

検査

  • 血液生化学:
  • 肝生検:臨床像や検査データでNASHを確診できない場合は、肝生検が唯一の確定・除外診断できる方法である。(参考3)

治療

  • 食事療法、生活療法

参考

  • 1. [charged] Pathogenesis of nonalcoholic fatty liver disease - uptodate [1]
  • 2. [charged] Natural history and treatment of nonalcoholic steatohepatitis - uptodate [2]
  • 3. [charged] Epidemiology, clinical features, and diagnosis of nonalcoholic steatohepatitis - uptodate [3]

国試



NASH」

  [★] 非アルコール性脂肪性肝炎 non-alcoholic steatohepatitis nonalcoholic steatohepatitis

nonalcoholic」

  [★]

  • 非アルコール性の、非アルコール依存性の

WordNet   license wordnet

「characterized by the absence of alcohol; "nonalcoholic beverages"」

steatohepatitis」

  [★] 脂肪性肝炎 fatty liver




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡