nizatidine

出典: meddic

ニザチジン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Homology Modeling and Antagonist Binding Site Study of the Human Histamine H2 Receptor.
  • Zhang J, Qi T, Wei J.SourceTianjin Key Laboratory for Modern Drug Delivery & High-Efficiency, School of Pharmaceutical Science and Technology, Tianjin University, Tianjin 300072, P. R. China. betty_wj@tju.edu.cn.
  • Medicinal chemistry (Shariqah (United Arab Emirates)).Med Chem.2012 Jul 10. [Epub ahead of print]
  • On the basis of the high resolution crystal structures of bovine rhodopsin, human beta2-adrenergic receptor and human A2a adenosine receptor, three-dimensional structure of the human histamine H2 receptor (HHR2) was developed by homology modeling. Results of the evaluations suggest that a high quali
  • PMID 22779803
  • Influence of H2-receptor antagonists and proton pump inhibitors on dasatinib pharmacokinetics in Japanese leukemia patients.
  • Takahashi N, Miura M, Niioka T, Sawada K.SourceDepartment of Hematology, Nephrology, and Rheumatology, Akita University Graduate School of Medicine, Akita, Japan.
  • Cancer chemotherapy and pharmacology.Cancer Chemother Pharmacol.2012 Apr;69(4):999-1004. Epub 2011 Dec 7.
  • PURPOSE: The objective of this study was to investigate the drug interaction between dasatinib and the gastric acid suppressants (H2-receptor antagonists (H2RA) famotidine and nizatidine and the proton pump inhibitor (PPI) lansoprazole in leukemia Japanese patients.METHODS: Eighteen patients treated
  • PMID 22147077

和文文献

  • SI陽性PPI抵抗性NERDにおけるニザチジン併用の有用性 (特集 PPI抵抗性胃食道逆流症の現状と治療戦略)
  • 山下 博司,川口 真平,長谷 善明 [他]
  • 消化器内科 57(4), 431-436, 2013-10
  • NAID 40019843925
  • シェーグレン症候群に伴う口腔乾燥症患者に対するニザチジンの唾液分泌促進効果
  • 岩渕 博史,岩渕 絵美,内山 公男 [他]
  • 日本口腔内科学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Oral Medicine 18(2), 44-51, 2012-12
  • NAID 40019816704
  • シェーグレン症候群に伴う口腔乾燥症患者に対するニザチジンの唾液分泌促進効果
  • 岩渕 博史,岩渕 絵美,内山 公男,藤林 孝司
  • 日本口腔内科学会雑誌 18(2), 44-51, 2012
  • 【背景】シェーグレン症候群に伴う口腔乾燥症の新たな治療薬であるニザチジンの唾液分泌促進作用を検討した。【方法】アネトールトリチオンを対照とし,薬剤の投与順序を無作為割付したクロスオーバー試験にて唾液分泌量の経時的変化と副作用を調査した。【結果】ニザチジンの唾液分泌量は投与8週後,12週後において投与開始前に比べ有意(p=0.0084,p=0.0048)に増加した。しかし,自覚症状スコアに有意な変化 …
  • NAID 130004973711

関連リンク

ニザチジン(Nizatidine)の検索ならお薬検索QLife(キューライフ)。お医者さんが処方する処方薬と、薬局で買える市販薬(OTC)、の効果と副作用、写真、添付文書、保管方法等を掲載。商品名だけでなく一般名や剤形、色などからも検索 ...
Learn about the prescription medication Axid (Nizatidine), drug uses, dosage, side effects, drug interactions, warnings, reviews and patient labeling. ... FDA Approves First Generic Versions of Aciphex to treat GERD » "The U.S. Food ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元H2受容体拮抗薬」「ニザチジン

H2受容体拮抗薬」

  [★]

H2 blocker H2-blockers
H2受容体ブロッカー H2 receptor blockerH2受容体拮抗薬 H2 receptor antagonist H2RA、ヒスタミンH2受容体遮断薬 ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2-receptor antagonists histamine H2 receptor antagonist histamine H2 antagonistH2拮抗薬 H2 antagonist H2-antagonist、H2遮断薬H2ブロッカー
抗ヒスタミン薬
[show details]
GOO.chapter36 p.971
十二指腸潰瘍の治癒率を向上する (⇔プロトンポンプ阻害薬)

H2受容体拮抗薬

構造

  • イミダゾール環をもち、ヒスタミンに似る

作用機序

  • H1受容体にはほとんど作用しない
  • H2受容体に可逆的、競合的に結合してヒスタミンを阻害する。
  • 胃粘膜の局所の肥満細胞、ECL細胞
  • histamine→H2R→Csα→AC→cAMP↑→PKA→H+,K+-ATPase
  • histamine→H2R→[Ca2+]i↑→H+,K+-ATPase   ←補助的pathway
  • H2RとMRとGRは相互作用しており、胃酸を分泌する。

注意

  • 副作用5%↓
  • 薬剤耐性
  • リバウンド
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱している
  • 薬物相互作用

副作用

  • 副作用5%↓
  • 汎血球減少症、無顆粒球症
  • 肝障害、抗アンドロゲン作用(女性化乳房、乳汁分泌)
  • 中止すると再発率が高い。そのため半年かけて漸減させゆっくり離脱
胃粘膜が減弱しているから

相互作用



ニザチジン」

  [★]

nizatidine
アシノンアテミノンチザノンドルセンニザチンニザトリックニザノン


効能又は効果

  • ニザチジンカプセル75mg「タナベ」:
  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,浮腫)の改善
 急性胃炎,慢性胃炎の急性増悪期
  • ニザチジンカプセル150mg「タナベ」:
  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎

用法及び用量

  • 胃潰瘍,十二指腸潰瘍
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.また1回300mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる.なお,年齢,症状により適宜増減する.
  • 逆流性食道炎
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回150mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.なお,年齢,症状により適宜増減する.
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,浮腫)の改善
  • 急性胃炎,慢性胃炎の急性増悪期
  • 通常,成人にはニザチジンとして1回75mgを1日2回(朝食後,就寝前)経口投与する.なお,年齢,症状により適宜増減する.

添付文書

  • ニザチジンカプセル 75mg「タナベ」/ニザチジンカプセル 150mg「タナベ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2325005M1120_1_02/2325005M1120_1_02?view=body





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡