lansoprazole

出典: meddic

ランソプラゾール

WordNet   license wordnet

「antacid (trade name Prevacid) that suppresses acid secretion in the stomach」
Prevacid

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/26 12:16:55」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Do the laryngopharyngeal symptoms and signs ameliorate by empiric treatment in patients with suspected laryngopharyngeal reflux?
  • Naiboglu B, Durmus R, Tek A, Toros SZ, Egeli E.SourceHaydarpa?a Numune Education and Research Hospital, Deparment of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Turkey. drbnaib@yahoo.com
  • Auris, nasus, larynx.Auris Nasus Larynx.2011 Oct;38(5):622-7. Epub 2011 Feb 12.
  • OBJECTIVES: In clinical practice, antireflux medication is given almost always empirically without pH monitorization. We aimed to evaluate the improving effect of empiric antireflux treatment on layngopharyngeal symptoms and signs in patients with gastroesophageal reflux (GER) and suspected laryngop
  • PMID 21320761
  • Effect of fluoxetine on the pharmacokinetics of lansoprazole: a two-treatment period study in healthy male subjects.
  • Vlase L, Popa A, Neag M, Muntean D, Leucuta SE.SourceDepartment of Pharmaceutical Technology and Biopharmaceutics, Faculty of Pharmacy, University of Medicine and Pharmacy Iuliu Hatieganu Cluj-Napoca, Cluj, Romania.
  • Clinical drug investigation.Clin Drug Investig.2011 Oct 1;31(10):727-33. doi: 10.2165/11589010-000000000-00000.
  • Background: Fluoxetine is an inhibitor of the main metabolizing enzymes of lansoprazole and could influence the pharmacokinetics of lansoprazole. The changes in lansoprazole pharmacokinetics could have clinical significance concerning the safety of the therapy. Objective: The aim of this study was t
  • PMID 21877765

和文文献

  • 低用量アスピリンの長期投与時にみられる胃・十二指腸潰瘍に対するランソプラゾールの抑制効果 (特集 低用量アスピリンによる消化管粘膜傷害研究の進歩)
  • 榊 信廣,蘆田 潔,溝上 裕士 [他]
  • 消化器内科 55(3), 311-316, 2012-09
  • NAID 40019458748
  • 低用量アスピリンとGERD
  • 杉本 光繁,西野 眞史,魚谷 貴洋 [他]
  • 呼吸器内科 21(5), 445-452, 2012-05
  • NAID 40019334072

関連リンク

Lansoprazole is used to treat stomach and intestinal ulcers, erosive esophagitis and Zollinger-Ellison syndrome. Learn about side effects, interactions and indications. ... Lansoprazole side effects Get emergency medical help if you ...
ランソプラゾール(Lansoprazole)の検索ならお薬検索QLife(キューライフ)。お医者さんが処方する処方薬と、薬局で買える市販薬(OTC)、の効果と副作用、写真、添付文書、保管方法等を掲載。商品名だけでなく一般名や剤形、色などからも ...

関連画像

Buy Lansoprazole from £0.12 with or Prevacid24HR (lansoprazole delayed-release Lansoprazole (Lansoprazoles)Lansoprazole Equate lansoprazole acidLansoprazole, watery diarrhoea and Buy Lansoprazole 15mg Online from £13


★リンクテーブル★
リンク元プロトンポンプ阻害薬」「ランソプラゾール

プロトンポンプ阻害薬」

  [★]

proton pump inhibitor PPI
プロトン-カリウムATPアーゼ阻害薬 proton-potassium ATPase inhibitor、H+ポンプ阻害薬



  • 命名法:"-azole"
  • 特徴
胃潰瘍の治癒率を向上する (⇔H2受容体拮抗薬)

プロトンポンプ阻害薬

  • 攻撃因子抑制剤

相互作用

 プロトンポンプ 
  H+/K+ ATPase ・・・これはNa+/K+ ATPaseと60%相同性を持つ
   2,4のαサブユニットと同数のβサブユニットを含む。
    αサブユニット10回膜貫通, 120-150kDa, glycoprotein
    αは管腔側、原形質膜まで。細胞内輸送に必要。
    βサブユニットは管腔側に突き出ており、反対側は膜内に埋もれている。

 休止期には小胞体内内腔へのH+,K+,Cl-の移動、分泌期には小胞は管腔の細胞膜と癒合してK+, Cl-を管腔側に排出する一方でH+を排出でしてK+を取り込む。

 PPIは弱塩基性

 PPIはH+と反応してPPIaとなりS-S-活性体となり、H+,K+-ATPaseのSH基と結合して不可逆的に阻害する。

 比較
  PPI:胃潰瘍の治癒率↑
  H2R阻害薬:十二指腸潰瘍の治癒率↑

 PPI問題
  胃潰瘍8
  十二指腸6
  逆流性食道炎8
 副作用
  血中ガストリン↑→ECL cell↑→リバウンドが激しい
  week end therapy: 週末3日だけ投与後休薬
  ピレンゼピン(Mi R blocker), PG(プロスタグランジン) → ガストリン↑を軽減
  ラベプラゾール:ガストリン濃度を上げず酸分泌↓
   →リバウンドが少ない。

 PPI抵抗性潰瘍:PPIによる酸分泌抑制不十分
 ①個人差によるPPIの用量不足
 ②胃内でのPPIの不活性化→
  胃内容の排泄遅延。PPIが不活化、アルカリに晒される。

副作用

http://www.uptodate.com/contents/overview-and-comparison-of-the-proton-pump-inhibitors-for-the-treatment-of-acid-related-disorders?source=search_result&search=%EF%BC%B0%EF%BC%B0%EF%BC%A9&selectedTitle=1~150#H59974871
  • 感染:
  • 代謝



ランソプラゾール」

  [★]

lansoprazole
スタンゾームタイプロトンタケプロンタピゾールラソプランランサップランソラールランピオンパックPrevacid
消化性潰瘍用剤
  • 攻撃因子抑制剤





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡