haptoglobin

出典: meddic

ハプトグロビン

WordNet   license wordnet

「a protein in plasma that binds free hemoglobin and removes it (as from wounds)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/17 20:03:35」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Mechanisms of haptoglobin protection against hemoglobin peroxidation triggered endothelial damage.
  • Schaer CA, Deuel JW, Bittermann AG, Rubio IG, Schoedon G, Spahn DR, Wepf RA, Vallelian F, Schaer DJ.SourceInstitute of Anesthesiology, University Hospital, Zurich, Switzerland.
  • Cell death and differentiation.Cell Death Differ.2013 Nov;20(11):1569-79. doi: 10.1038/cdd.2013.113. Epub 2013 Aug 30.
  • Extracellular hemoglobin (Hb) has been recognized as a disease trigger in hemolytic conditions such as sickle cell disease, malaria, and blood transfusion. In vivo, many of the adverse effects of free Hb can be attenuated by the Hb scavenger acute-phase protein haptoglobin (Hp). The primary physiolo
  • PMID 23995229
  • Altered iron homeostasis in an animal model of hypertensive nephropathy: stroke-prone rats.
  • Gelosa P, Pignieri A, Gianazza E, Criniti S, Guerrini U, Cappellini MD, Banfi C, Tremoli E, Sironi L.SourceaDipartimento di Scienze Farmacologiche e Biomolecolari, Università degli Studi di Milano bDipartimento di Medicina Interna, Medicina Interna 1A, Fondazione IRCCS Ca' Granda Ospedale Maggiore Policlinico, Università degli Studi di Milano cCentro Cardiologico Monzino, IRCCS, Milan, Italy.
  • Journal of hypertension.J Hypertens.2013 Nov;31(11):2259-69. doi: 10.1097/HJH.0b013e3283642f3e.
  • BACKGROUND AND AIM: Iron is the most abundant metal in mammalian cells, and plays a pivotal role in many metabolic processes. Dysregulated iron homeostasis is involved in the cause of a number of pathological processes including renal diseases.METHODS AND RESULTS: Longitudinal MRI scans of salt-load
  • PMID 24029866
  • Coherence of animal health, welfare and carcass quality in pork production chains.
  • Klauke TN, Piñeiro M, Schulze-Geisthövel S, Plattes S, Selhorst T, Petersen B.SourceUniversity of Bonn, Institute for Animal Science, Katzenburgweg 7-9, 53115, Bonn, Germany. tnklauke@uni-bonn.de
  • Meat science.Meat Sci.2013 Nov;95(3):704-11. doi: 10.1016/j.meatsci.2013.03.022. Epub 2013 Mar 26.
  • Aim of the study was to measure the potential impact of animal health and welfare on the carcass quality. 99 pigs under equal housing and feeding conditions were involved in the study. Effects of the immune system on carcass composition, meat quality and performance data of slaughter pigs became mea
  • PMID 23602397

和文文献

  • 骨髄異形成症候群の同種造血幹細胞移植後再発に合併した冷式自己免疫性溶血性貧血
  • 岡村 浩史,中根 孝彦,藤野 恵三 [他],康 史郎,吉村 卓朗,西本 光孝,林 良樹,康 秀男,中尾 吉孝,中前 博久,日野 雅之
  • 臨床血液 56(4), 412-417, 2015
  • 骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome, MDS)は様々な自己免疫疾患を合併する事が知られている。我々はMDSに冷式自己免疫性溶血性貧血(cold autoimmune hemolytic anemia, 冷式AIHA)を合併した症例を経験した。症例は51歳女性。2009年5月MDS (refractory cytopenia with multilineage dys …
  • NAID 130005069842
  • Characterization of acute phase proteins and oxidative stress response to road transportation in the dog
  • FAZIO Francesco,CASELLA Stefania,GIANNETTO Claudia [他],GIUDICE Elisabetta,PICCIONE Giuseppe
  • Experimental Animals 64(1), 19-24, 2015
  • Haptoglobin (Hp), serum amyloid A (SAA), C-reactive protein (CRP), white blood cells (WBC), reactive oxygen metabolites (ROMs), the antioxidant barrier (Oxy-adsorbent) and thiol groups of plasma compounds (SHp) were measured in ten dogs that had been transported a distance of about 230 km within 2 h (experimental group) and in ten dogs that had not been subjected to road transportation (control group). …
  • NAID 130004921802
  • 不顕性溶血のためにHbA1cが低値を示した2例
  • 中村 裕子,岡野 理江子,稲田 慎也,上田 晋一郎,亀山 智子,鈴木 俊伸,陳 瑛超,谷川 和子,末盛 晋一郎,和田 秀穂,橋本 久仁彦,古賀 正史
  • 糖尿病 58(2), 128-135, 2015
  • 我々は不顕性溶血のためにHbA1cが低値を示した2例を経験した.1例は非糖尿病,他の1例は糖尿病合併例であったが,2例ともグリコアルブミンとHbA1cの比は著明高値であった.また,2例ともHPLC法および免疫法で測定したHbA1c値が一致したために異常ヘモグロビンは否定された.2例ともに貧血を認めなかったが,ハプトグロビンの低値,網状赤血球の高値を認めた.また,末梢血の塗末標本および走査電顕にて赤 …
  • NAID 130004905478

関連リンク

上昇する疾患 癌(とくに胃,肝)、薬物投与、月経期、急性白血病、ネフローゼ症候群、亜急性甲状腺炎、悪性腫瘍(とくにホジキン病)、感染症...急性及び慢性感染症 減少する疾患 肝・脾(とくに実質細胞性)の疾患、溶血性疾患、先天性無 ...
キーワード ヘモグロビン、炎症、酸化ストレス、糖タンパク質、バイオマーカー 歴史とあらまし ハプトグロビンは1938年「ヘモグロビンに結合する血しょう中の物質」として初めて報告され、ギリシャ語の「結合する」の意味であるhapteinと ...
ハプトグロビン, Hp(haptoglobin) 臨床的意義 ハプトグロビン(Hp)は肝実質細胞やリンパ節などの成熟顆粒白血球(特に好酸球)で生合成される。その生理的機能は、溶血により生じた酸化ヘモグロビン(Hb/H2O2)を結合してHp-Hb複合体を ...

関連画像

evolutionary history of the haptoglobin haptoglobin is a protein that in humans is Haptoglobincached similarhowever haptoglobin tab test


★リンクテーブル★
リンク元ハプトグロビン」「HP」「Hp
拡張検索serum haptoglobin」「human haptoglobin

ハプトグロビン」

  [★]

haptoglobinHp
人ハプトグロビン
ヒトハプトグロビン


  • α2グロブリン
  • 肝臓で合成。
  • 基準範囲:19-170 mg/dl (CRM470) (LAB. 487)
  • 血管内溶血で生じたヘモグロビンと結合してHb-Hp複合体を形成し、網内系(肝臓など)に輸送して分解されて、鉄は再利用され、ヘムはビリルビンとなる。(OLM.125)  ⇔  血管外溶血:重症例の場合のみ低下
  • 健常者におけるハプトグロビンのヘモグロビン結合能は、100-130mg/dlのヘモグロビンと結合できる程度の能力である。これ以上のヘモグロビンが存在する場合、ハプトグロビンは枯渇してしまう。こうなった場合、アルブミン(→メトヘムアルブミン)やヘモペキシン(→Hpx-ヘム複合体)がヘモグロビンと結合することになる。(OLM.126)

臨床関連

  • ヘモグロビン尿血管内溶血などにより血液中のヘモグロビンが増加してハプトグロビンの結合能を超過すると、遊離ヘモグロビンは子宮体で濾過され尿中に排泄され、これがヘモグロビン尿として認められるようになる。(OLM.126)
  • ヘモジデリン尿:原尿中のヘモグロビンは尿細管上皮で再吸収・分解され、鉄はヘモジデリンとして尿中に分泌される。(OLM.126)



HP」

  [★]



Hp」

  [★] ハプトグロビン, haptoglobin


serum haptoglobin」

  [★] 血漿ハプトグロビン


human haptoglobin」

  [★] ヒトハプトグロビン



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡