ethambutol

出典: meddic

エタンブトール EB EMB

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/04 03:49:40」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Incidence of ethambutol-related visual impairment during treatment of active tuberculosis [Review article].
  • Ezer N, Benedetti A, Darvish-Zargar M, Menzies D.SourceRespiratory and Epidemiology Clinical Research Unit, Montreal Chest Institute, McGill University, Montreal, Canada.
  • The international journal of tuberculosis and lung disease : the official journal of the International Union against Tuberculosis and Lung Disease.Int J Tuberc Lung Dis.2013 Apr;17(4):447-55. doi: 10.5588/ijtld.11.0766. Epub 2013 Feb 7.
  • BACKGROUND: Recent World Health Organization guidelines recommend the addition of ethambutol (EMB) throughout standardised treatment of new cases of active tuberculosis (TB) in populations with increased prevalence of isoniazid resistance to reduce the risk of creating multidrug resistance. This cou
  • PMID 23394767
  • Tuberculosis in dialysis patients: a nine-year retrospective analysis.
  • Unsal A, Ahbap E, Basturk T, Koc Y, Sakaci T, Sinangil Arar A, Kayabasi H, Sevinc M.SourceDivision of Nephrology, Sisli Etfal Research and Education Hospital, Istanbul, Turkey. akadir.unsal@gmail.com.
  • Journal of infection in developing countries.J Infect Dev Ctries.2013 Mar 14;7(3):208-13. doi: 10.3855/jidc.2664.
  • INTRODUCTION: Diagnosis of tuberculosis (TB) among dialysis patients may be difficult because of increased frequency of extra-pulmonary presentations, atypical clinical manifestations, and non-specific symptoms. This study aimed to investigate the spectrum of clinical presentations and outcome in di
  • PMID 23492998
  • Multidrug-resistant tuberculosis.
  • Lemos AC, Matos ED.SourceHospital Especializado Octavio Mangabeira, Salvador, BA, Brazil; Medical School, Universidade Federal da Bahia, Salvador, BA, Brazil. Electronic address: acmlemos1@gmail.com.
  • The Brazilian journal of infectious diseases : an official publication of the Brazilian Society of Infectious Diseases.Braz J Infect Dis.2013 Mar 8. pii: S1413-8670(13)00055-X. doi: 10.1016/j.bjid.2013.01.007. [Epub ahead of print]
  • Despite the efforts made worldwide to reduce the number of cases of drug-susceptible tuberculosis, multidrug-resistant tuberculosis (MDR-TB) constitutes an important public health issue. Around 440,000 new cases of MDR-TB are estimated annually, although in 2008 only 7% of these (29,423 cases) were
  • PMID 23477764

和文文献

  • GenoType MTBDRsl による結核菌のfluoroquinolone, aminoglycosideおよびethambutol感受性検査に関する精度評価
  • 近松 絹代,青野 昭男,山田 博之 [他]
  • 結核 87(10), 641-647, 2012-10
  • NAID 40019466355
  • 肺Mycobacterium avium complex症治療における副作用の検討
  • 市木 拓,渡邉 彰,植田 聖也 [他]
  • 結核 87(7), 487-490, 2012-07
  • NAID 40019390594

関連リンク

Ethambutol (commonly abbreviated EMB or simply E) is a bacteriostatic antimycobacterial drug prescribed to treat tuberculosis. It is usually given in combination with other tuberculosis drugs, such as isoniazid, rifampicin and pyrazinamide.
Ethambutol eliminates certain bacteria that cause tuberculosis (TB). It is used with other medicines to treat tuberculosis and to prevent you from giving the infection to others. This medication is sometimes prescribed for other uses; ask your ...

関連画像

Description Ethambutol.svgEthambutol - Ethambutol Hydrochloride 400 Web information on EthambutolMyambutol (ethambutol) Drug Side Effects File: Ethambutol -StrukturformelDrugs reference index « ethambutol »


★リンクテーブル★
リンク元エタンブトール」「急性尿細管間質性腎炎」「EB
拡張検索ethambutol optic neuropathy

エタンブトール」

  [★]

ethambutol EB EMB
塩酸エタンブトール ethambutol hydrochloride
エサンブトールエブトール
抗結核薬結核

特徴

  • 結核菌に特異的に強い抗菌力を有する
  • 他の抗結核薬と交差耐性を示さない。
  • 多剤併用により耐性菌の発生を防ぐことができる

構造

作用機序

  • 結核菌の核酸合成経路を阻害 → 細胞分裂抑制

薬理作用

  • 1. 結核菌に対して強い抗菌力を示し、人型結核菌H37Rv株に対し、1%小川培地、Dubos液体培地では2.5~5μg/mLで発育を阻止する8~10)。
  • 2. イソニアジド、ストレプトマイシン等の他の抗結核薬との間に交叉耐性はない8~10)。
  • 3. 結核菌の核酸合成を阻害し、細胞分裂を抑制することが認められている8~10)。

抗菌スペクトル

動態

エブトール125mg錠/エブトール250mg錠

1. 血中濃度

  • エブトール125mg錠を経口投与(4錠、エタンブトール塩酸塩500mg)した結果、最高血中濃度(Cmax)は1.7μg/mL(血漿中)、最高血中濃度到達時間(Tmax)は2.8時間であった (健康成人男子、空腹時投与) 1)。
  • また、エタンブトール塩酸塩は血漿タンパクとはほとんど結合しない (in vitro )。なお、エタンブトール塩酸塩250mg経口投与時の血球内濃度は血清内濃度に比して高値を示した (肺結核患者) 2)。

2. 分布

  • エタンブトール塩酸塩0.5g経口投与後、肺組織中濃度は血清中濃度に比して同等ないしは高値を示した (肺結核患者) 3)。
  • 25mg/kg経口投与後、喀痰中に高濃度のエタンブトール塩酸塩が認められた (肺結核患者) 4)。

3. 代謝・排泄

  • 14C-エタンブトール塩酸塩25mg/kg経口投与後の尿中累積排泄率は、24時間後54~61%、48時間後60~67%であった。糞中には48時間後までに12~19%が排泄された。
  • 尿中代謝物の大部分が未変化体で、一部は酸化物であるアルデヒド体並びに酸であった (肺結核患者) 5)。
  • (注) 本剤の承認された用量は1日量0.75~1gを1~2回に分けて経口投与である。

効能又は効果

エブトール125mg錠/エブトール250mg錠

適応菌種

  • 本剤に感性の結核菌

適応症

  • 肺結核及びその他の結核症

注意

禁忌

エブトール125mg錠/エブトール250mg錠
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

原則禁忌

エブトール125mg錠/エブトール250mg錠
  • 1. 視神経炎のある患者[視力障害が増強するおそれがある(「眼障害予防の具体的方法」の(2)の項参照)。]
  • 2. 糖尿病患者、アルコール中毒患者[既に視神経障害を起こしている場合があり、症状が増悪するおそれがある。]
  • 3. 乳・幼児[視力障害の早期発見が極めて困難である。]

副作用

  • 視力障害は用量依存性で、投与量50mg/kg/dayの患者では15%、投与量25mg/kg/dayの患者では5%、投与量10mg/kg/dayの患者では1%にみられる。視力障害の程度は投与期間と関連がある。副作用の発見するために定期的な視力検査と色覚検査を行う。エタンブトールの使用中止により視力障害から回復する。

添付文書

  • エブトール125mg錠/エブトール250mg錠
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6225001F1036_1_10/6225001F1036_1_10?view=body




急性尿細管間質性腎炎」

  [★]

acute tubulointerstitial nephritis
急性間質性腎炎 acute interstitial nephritis, AIN
尿細管間質性腎炎

原因

  • 薬剤性
  • 感染症
  • 特発性




EB」

  [★]


ethambutol optic neuropathy」

  [★] エタンブトール視神経症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡