cranial nerves

出典: meddic

脳神経

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/10 00:00:15」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Dynamic expression of transcription factor Brn3b during mouse cranial nerve development.
  • Sajgo S1,2, Ali S1, Popescu O2,3, Badea TC1.
  • The Journal of comparative neurology.J Comp Neurol.2016 Apr 1;524(5):1033-61. doi: 10.1002/cne.23890. Epub 2015 Sep 29.
  • During development, transcription factor combinatorial codes define a large variety of morphologically and physiologically distinct neurons. Such a combinatorial code has been proposed for the differentiation of projection neurons of the somatic and visceral components of cranial nerves. It is possi
  • PMID 26356988
  • Increased Risk of Stroke in Patients with Isolated Third, Fourth, or Sixth Cranial Nerve Palsies: A Nationwide Cohort Study.
  • Hoi CP1, Chen YT, Fuh JL, Yang CP, Wang SJ.
  • Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland).Cerebrovasc Dis.2016 Feb 6;41(5-6):273-282. [Epub ahead of print]
  • BACKGROUND AND PURPOSE: The aim of this nationwide cohort study was to evaluate whether the occurrence of isolated 3rd, 4th or 6th cranial nerve (CN) palsies is associated with a higher risk of ischemic stroke.METHODS: This study utilized data from Taiwan Longitudinal Health Insurance Database durin
  • PMID 26849146
  • Comparative analysis of the anterior transpetrosal approach with the endoscopic endonasal approach to the petroclival region.
  • Muto J1,2, Prevedello DM1,3, Ditzel Filho LF1, Tang IP3, Oyama K1, Kerr EE1, Otto BA1,3, Kawase T2, Yoshida K2, Carrau RL1,3.
  • Journal of neurosurgery.J Neurosurg.2016 Feb 5:1-16. [Epub ahead of print]
  • OBJECTIVE The endoscopic endonasal approach (EEA) offers direct access to midline skull base lesions, and the anterior transpetrosal approach (ATPA) stands out as a method for granting entry into the upper and middle clival areas. This study evaluated the feasibility of performing EEA for tumors loc
  • PMID 26848916

和文文献

  • 瘤内塞栓術を施行した内耳道内破裂 distal AICA 動脈瘤の1 例:症例報告と文献レビュー
  • 福島 浩,榎本 年孝,吉野 慎一郎,吉田 喜策,福島 武雄,平川 勝之,井上 亨
  • 脳神経血管内治療 8(3), 146-151, 2014
  • 【目的】内耳道内に局在した破裂distal anterior inferior cerebellar artery(AICA)動脈瘤に瘤内塞栓術を施行した一例を経験した.【症例】83 歳女性,突然の頭痛,嘔吐で発症した.頭部CT にてくも膜下出血と診断した.同日の脳血管撮影では,出血源を同定できず,5 日後の脳血管撮影で右AICA 遠位部に小径の脳動脈瘤が描出された.3D-DSA 横断再構成画像で …
  • NAID 130004707749
  • 造影MRIで左動眼神経と三叉神経に造影効果をみとめた非典型Tolosa-Hunt症候群の1例
  • 山本 大輔,津田 笑子,齊藤 正樹,今井 富裕,下濱 俊
  • 臨床神経学 54(11), 903-906, 2014
  • 症例は30歳の女性である.激しい左眼窩痛と複視,左眼瞼下垂で当科に入院した.左動眼神経および三叉神経第1,2枝の麻痺をみとめ,ステロイドの経口投与後72時間以内に疼痛が消失したため,暫定的にTolosa-Hunt症候群(Tolosa-Hunt syndrome; THS)と診断した.造影MRIで海面静脈洞近傍に肉芽腫はみとめなかったが,海綿静脈洞内から眼窩内の左動眼神経および三叉神経に造影効果をみ …
  • NAID 130004706049
  • Indocyanine Green Fluorescence Endoscopy at Endonasal Transsphenoidal Surgery for an Intracavernous Sinus Dermoid Cyst: Case Report
  • HIDE Takuichiro,YANO Shigetoshi,KURATSU Jun-ichi
  • Neurologia medico-chirurgica, 2014
  • … The complete resection of intracavernous sinus dermoid cysts is very difficult due to tumor tissue adherence to important anatomical structures such as the internal carotid artery (ICA), cavernous sinus, and cranial nerves. …
  • NAID 130004704533

関連リンク

Cranial nerves are nerves that emerge directly from the brain, in contrast to spinal nerves, which emerge from segments of the spinal cord. In humans, there are traditionally twelve pairs of cranial nerves. Only the first and the second pair ...
Interactive quiz to identify the cranial nerve function.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元脳神経
関連記事nerve」「cranial

脳神経」

  [★]

cranial nerve, cranial nerves
nervi craniales
脊髄神経

脳幹における脳神経核の所在

脳幹障害時には同側の脳神経麻痺(下位運動ニューロン障害)と、対側の体幹運動神経麻痺(上位運動ニューロン障害)
  脳神経 同側の脳神経症状 代表的症候群
中脳 III IV     内転筋の麻痺、眼球の外方変異 Weber症候群MLF症候群Benedikt症候群
V VI VII VIII 顔面の麻痺 Millard-Gubler症候群
延髄 IX X XI XII 嚥下障害、構音障害 Wallenberg症候群

脳神経核の支配

  • 対側大脳皮質の片側性支配:CN VII(下部顔面筋), CN VII(舌の筋) → 中枢性障害(上位ニューロンの障害)で支配筋の障害が生じる
  • 両側性支配:上記以外の運動性神経 → 中枢性障害(上位ニューロンの障害)でも支配筋の障害は生じない

脳神経一覧

CN# 一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
CN I 嗅神経           嗅上皮           篩骨篩板の穴 左右の鼻腔の天井、鼻中隔の上部、上鼻甲介の粘膜からの嗅覚
CN II 視神経           網膜           視神経板  
CN III 動眼神経                     上眼窩裂 支配筋:上直筋、下直筋、内側直筋、下斜筋
                  毛様体神経節 上眼窩裂 副交感神経:瞳孔収縮筋、毛様体筋
CN IV 滑車神経                     上眼窩裂 支配筋:上斜筋
CN V   三叉神経                            
V1 眼神経           三叉神経節           上眼窩裂 角膜、前頭部、頭皮、眼瞼、鼻の皮膚、鼻腔と副鼻腔の粘膜からの感覚
V2 上顎神経           三叉神経節           正円孔 上唇を含む上顎部の顔の皮膚、上顎の歯、鼻粘膜、上顎洞、口蓋の感覚
V3 下顎神経           三叉神経節           卵円孔 下唇を含む下顎と顔の外側部の皮膚、下顎の歯、顎関節、口の粘膜、舌の2/3の感覚
                    支配筋:咀嚼筋、顎舌骨筋、顎二腹筋の前腹、口蓋帆張筋、膨膜張筋
CN VI 外転神経                       上眼窩裂 支配筋:外側直筋
CN VII 顔面神経           膝神経節           内耳道、顔神経管、茎乳突孔 外耳道の皮膚の感覚
          膝神経節           舌の2/3,口腔底、口蓋の味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経:顎下腺、舌下腺、涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋、中耳のアブミ骨、茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹
CN VIII 内耳神経                            
前庭神経           前庭神経節           内耳道 半規管、球形嚢、卵形嚢からの前庭感覚
蝸牛神経           ラセン神経節           ラセン器からの聴覚
CN IX 舌咽神経           脳神経IXの下神経節           頚静脈孔 外耳からの皮膚感覚
          脳神経IXの上神経節           耳下腺、頸動脈小体、頸動脈洞、咽頭、中耳からの臓性感覚
          脳神経IXの下神経節           舌の後ろ1/3からの味覚
                  耳神経節 副交感神経:耳下腺
                    支配筋:茎突咽頭筋(嚥下を助ける)
CN X 迷走神経           脳神経Xの上神経節           頚静脈孔 耳介、外耳道、後頭蓋窩からの感覚
          脳神経Xの上神経節           舌底、咽頭、喉頭、器官、気管支、心臓、食道、胃、腸の臓性感覚
          脳神経Xの下神経節           喉頭蓋と口蓋の味覚
                  内臓近傍のニューロン 副交感神経:平滑筋(気管、気管支、消化管)、心筋(心臓)
                    支配筋:咽頭収縮筋、口蓋帆張筋を除く口蓋の筋、食道上2/3の横紋筋
CN XI 副神経                            
延髄根                     頚静脈孔 支配筋:軟口蓋、咽頭の横紋筋、喉頭(いずれも脳神経Xに加わる神経を経由)
脊髄根                     支配筋:胸鎖乳突筋と僧帽筋
CN XII 舌下神経                     舌下神経管 支配筋:舌筋(口蓋舌筋を除く)





nerve」

  [★]

  • n.
nervinervousnervusneuralneuroneuron


WordNet   license wordnet

「any bundle of nerve fibers running to various organs and tissues of the body」
nervus

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉『神経』 / 〈C〉《複数形で》『神経過敏』,いらだち / 〈U〉『勇気』,度胸(courage) / 〈U〉《時にa ~》厚かましさ,ずぶとさ;無礼 / 〈C〉葉脈;(昆虫の)翅脈(しみゃく) / 〈人,特に自分〉‘に'力を与える,‘を'元気づける」


cranial」

  [★]

  • adj.
  • 頭蓋の、頭側の
cephaladcraniacraniumrostralskull

WordNet   license wordnet

「of or relating to the cranium which encloses the brain; "cranial pressure"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「頭蓋(ずがい)の」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡