cardioversion

出典: meddic

カルディオバージョン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/03 08:43:30」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Arrhythmias during and after zoledronic acid infusion patients with bone metastasis.
  • Yazici O, Aksoy S, Ucar O, Ozdemir N, Demir M, Sendur MA, Arik Z, Yaman S, Eren T, Uncu D, Zengin N.SourceDepartment of Medical Oncology, Ankara Numune Education and Research Hospital, 06100, Sihhiye, Ankara, Turkey, drozanyazici@gmail.com.
  • Medical oncology (Northwood, London, England).Med Oncol.2013 Sep;30(3):609. doi: 10.1007/s12032-013-0609-5. Epub 2013 May 21.
  • Zoledronic acid (ZA) is one of the important bisphosphonates which is widely used in bone metastatic cancer and osteoporotic patients. In a few studies, it has been reported that treatment with bisphosphonates was associated with an increased risk of atrial fibrillation. We aimed to evaluate the arr
  • PMID 23690271
  • C-reactive protein and P-wave in hypertensive patients after conversion of atrial fibrillation.
  • Mazza A, Bendini MG, Cristofori M, Leggio M, Nardi S, Giordano A, De Cristofaro R, Giordano G.SourceaCardiology Division, Santa Maria della Stella Hospital, Orvieto bEpidemiologic and Bio-Statistics Unit, AUSL Terni 4, Terni cCardiovascular Department, Cardiac Rehabilitation Operative Unit (S.I.), San Filippo Neri Hospital, Rome dCardiology Division, Santa Maria Hospital, Terni eNephrology Unit, Santa Maria della Stella Hospital, Orvieto, Italy.
  • Journal of cardiovascular medicine (Hagerstown, Md.).J Cardiovasc Med (Hagerstown).2013 Jul;14(7):520-7. doi: 10.2459/JCM.0b013e32835224b5.
  • AIMS: P maximum/P dispersion and high-sensitivity C-reactive protein (hs-C-reactive protein) have been proposed as useful markers for predicting the history and recurrence of atrial fibrillation. We tested the association between hs-C-reactive protein and maximum P-wave duration (P maximum)/P-wave d
  • PMID 22441219

和文文献

  • Associations Between Renal Function, Atrial Substrate Properties and Outcome of Catheter Ablation in Patients With Paroxysmal Atrial Fibrillation
  • CHAO Tze-Fan,LIN Yenn-Jiang,CHANG Shih-Lin,LO Li-Wei,HU Yu-Feng,TUAN Ta-Chuan,SUENARI Kazuyoshi,LI Cheng-Hung,CHEN Shih-Ann
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 75(10), 2326-2332, 2011-09-25
  • … Background: Renal dysfunction was reported to be associated with a higher recurrence rate after electric cardioversion of atrial fibrillation (AF). …
  • NAID 10029459182
  • Efficacy and Safety of Bepridil for Patients with Persistent Atrial Fibrillation after Failed Electrical Cardioversion
  • EGAMI Yasuyuki,NISHINO Masami,TANIIKE Masayuki,MAKINO Nobuhiko,KATO Hiroyasu,SHUTTA Ryu,TANOUCHI Jun,YAMADA Yoshio
  • Journal of arrhythmia 27(2), 131-136, 2011-04-25
  • NAID 10029598937

関連リンク

Cardioversion is a medical procedure by which an abnormally fast heart rate ( tachycardia) or cardiac arrhythmia is converted to a normal rhythm, using electricity or drugs. Synchronized electrical cardioversion uses a therapeutic dose of ...
Cardioversion — Overview covers what to expect during this procedure to reset your heart's rhythm.

関連画像

 Facilitating Electrical Cardioversion ofCardioversionDesfibrilación y cardioversión CardioVersionCardioversióncardioversion. ..nursing


★リンクテーブル★
リンク元心房細動」「電気的除細動」「心臓除細動」「電気除細動
拡張検索synchronized cardioversion

心房細動」

  [★]

atrial fibrillation, AF, AFIB
心房粗動心室細動

定義

  • 心房細動は心房が高頻度に、しかも同期せずに興奮する状態である。その結果、心房は心室に血液を送るための律動的な収縮を行えなくなり、また心室の興奮も不規則となる。 (参考2)

分類

参考2
  • 発作性心房細動
  • 自然停止する心房細動
  • 持続性心房細動
  • 停止に薬物などを必要とするものを持続性心房細動
  • 孤立性心房細動
  • 基礎心疾患を認めず,高血圧もない症例に出現した心房細動
  • 永続性心房細動

完全房室ブロックを伴う心房細動(EAB 135)

原因

  • 原発性
  • 加齢によるもの
  • 他の疾患に続発
  • 若年性の心房細動は要注意

心房細動を合併しやすい病態

医学大事典
  • 虚血性心疾患、高血圧症、リウマチ性心疾患、心筋症、呼吸器疾患、甲状腺機能亢進症、高齢者心房中隔欠損症、WPW症候群など
心房負荷で僧帽弁狭窄症を来しやすい

甲状腺機能亢進症

危険因子 QB.C-410

  • 高齢者(65歳以上)
  • 脳卒中の既往
  • 高血圧
  • 心不全
  • 心房・心室拡大

症状

  • 頻拍に因る:動悸、胸部圧迫感
  • 拍出量低下による:(器質的心疾患のある場合)心不全
  • 心房収縮低下による:心房内血栓形成 → 血栓塞栓症
  • 血栓塞栓症は心房細動の時と心房細動から洞調律に復帰させるときに起こりやすい。

心電図

  • 着目する誘導:P波 = II誘導、f波 = V1誘導
  • 1. f波の出現(400-700/分(EAB.160), 350-600/分(PHD.295))←多数興奮旋回 multiple reentry
  • 2. P波の欠如
  • 3. RR間隔が不整 ← f波が時々心室に伝わるため
絶対性不整脈
[show details]

治療

QB.C-410

  • 血行動態が不安定:電気的除細動
  • 血行動態が安定 :2-3週間抗凝固療法を行ってから薬物的な除細動Class Ia(APD↑), Class Ic(APD±)
  • 48-72時間以内に新規発症した心房細動では抗凝固療法不要
  • 経食道心エコーにより左房内血栓を認めなければ、除細動施行。
  • 慢性経過(6ヶ月程度)した慢性心房細動では除細動を行っても再発する率が高いので、除細動の適応にはならない????

概要

  • 薬物療法と抗凝固療法を施行する
  • electrical direct-current cardioversionによる洞調律の回復は、頻脈の時にすべき(心房の興奮が心室に伝導しているとき)
  • カテーテルアブレーションは症状があって、かつ他の内科的治療法が奏効しない特に行う
  • 外科治療はMaze手術がある


薬物治療

  • 心室への興奮の伝達を抑制:Class II, class IV, or digitalis
  • 除細動         :Class Ia(APD↑), Class Ic(APD±), Class III

薬物治療 (不整脈薬物治療に関するガイドライン Guidelines for Drug Treatment of Arrhythmias (JCS 2004))

心機能の低下 第一選択 第二選択
正常* Naチャネル阻害薬 Na チャネル遮断薬
slow drug intermediate
ジソピラミド プロカインアミド
シベンゾリン キニジン
ピルジカイニド プロパフェノン
  アプリンジン
軽度* Na チャネル遮断薬
intermediate
プロカインアミド
キニジン
プロパフェノン
アプリンジン
中度以上 Na チャネル遮断薬
intermediate
プロカインアミド
キニジン
アプリンジン

抗凝固療法

  • ワーファリンはINR 1.6-2.5に調節。欧米では2.0-3.0。 (QB.C347)日本人ではPT-INRを1.5-2.0に設定。 治療域が狭く個人差が大きいのでPT-INRをモニターする。
  • CHADS2
  • C cardiac failure
  • H hypertension
  • A age >75yr
  • D disbites mellitus
  • S2 prior stroke or TIA
  • score
0 LOW: aspirin 81-325 mg PO dialy
1 MODERATE: aspirin or warfarin
2 MODERATE: previous CVA/TIA/embolism? YES: warfarin/NO: aspirin or warfarin
3-6 HIGH: warfarin

外科的療法 (NSU.440)

  • 適応
  • 再発性の発作性心房細動で患者の社会生活に障害が生じているもの
  • 塞栓症の既往のある心房細動
  • 冠状動脈疾患、僧帽弁膜症、心房中隔欠損症などのため手術を受ける症例で、発作性あるいは慢性心房細動を有する症例
  • 右心房、心房中隔、左心房に切り込みを入れ一方向性の伝導しか起こらなくする。
  • Coxが創案し、手術法はMazeIII法と呼ばれる。

心房細動の存在により面倒くさくなること


参考

  • 1. 不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009年改訂版)
[display][display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
  • 2. 不整脈薬物治療に関するガイドライン Guidelines for Drug Treatment of Arrhythmias (JCS 2004)

国試




電気的除細動」

  [★]

electrical defibrillation, cardioversion, electric countershock
カウンターショック countershock
カルジオバージョン(R波に同期させて行うもの)
  • 心室粗動心室細動を来したとき、1500-2000Vの電圧で1msec通電してこれを除くこと。
  • 心房細動:100-300J (YN.C-44)


心臓除細動」

  [★]

cardioversion
電気除細動電気的除細動


電気除細動」

  [★]

cardioversion
電気的除細動心臓除細動


synchronized cardioversion」

  [★] 同期カルディオバージョン、同期下カルディオバージョン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡