carcinoid tumor

出典: meddic

カルチノイド

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/08/12 04:53:45」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Three synchronous gastrointestinal tumours.
  • Boland BM, Collins CG, Christiansen E, O'Brien A, Duignan J.SourceDepartment of Surgery, St Michaels Hospital, Dun Laoghaire, Co Dublin, Ireland, bredanmboland@gmail.com.
  • Irish journal of medical science.Ir J Med Sci.2011 Dec;180(4):897-900. Epub 2009 Mar 17.
  • Mucinous cystadenomas of the appendix are rare, with significant malignant potential [Lo and Sarr in Hepatogastroenterology 50(50):432-437, 2003]. Carcinoid tumours are similarly uncommon, rarely occurring in Meckel's diverticula but are still the commonest tumour of Meckel's diverticulae [Nies et a
  • PMID 19291353
  • Ghrelin immunoexpression in pituitary adenomas.
  • Rotondo F, Cusimano M, Scheithauer BW, Rotondo A, Syro LV, Kovacs K.SourceDivision of Pathology, Department of Laboratory Medicine, St. Michael's Hospital, University of Toronto, 30 Bond Street, Toronto, ON, M5B 1W8, Canada, rotondof@smh.ca.
  • Pituitary.Pituitary.2011 Dec;14(4):318-22.
  • Ghrelin, an orexigenic hormone, is normally produced mainly in stomach. In addition, it has been demonstrated in gastric carcinoid tumors and less often in other neuroendocrine tumors. We investigated ghrelin expression by immunohistochemistry (streptavidin-biotin-peroxidase complex method) in the f
  • PMID 21340501

和文文献

  • 当院にて経験した気管支肺カルチノイドの6例
  • 緒方 彩子,出水 みいる,高山 浩一,井上 博雅,中西 洋一
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(1), 16-20, 2011-01-25
  • 背景.肺カルチノイドは肺悪性腫瘍全体の1?2%程度を占める稀な疾患である. 対象.2004年6月から2009年6月までの過去5年間に当科において診断,治療を施行したカルチノイドの6例を検討した. 結果.当科における過去5年間の肺悪性腫瘍727例中,カルチノイドは0.8%にあたる6例に認めた.平均年齢68.7歳,女性,定型的カルチノイド,右肺が多い傾向が見られ,従来の報告どおりであった.転帰はリンパ …
  • NAID 110008460777
  • 肺カルチノイド切除例の臨床的検討
  • 馬場 哲郎,浦本 秀隆,山田 壮亮,桑田 泰治,永田 好香,重松 義紀,下川 秀彦,小野 憲司,竹之山 光広,花桐 武志
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(1), 2-6, 2011-01-15
  • 肺カルチノイド切除10例について臨床病理学的因子と治療成績に関して検討を行った.定型的カルチノイド(TC)が7例で非定型的カルチノイド(AC)が3例.平均年齢は49.5歳で,男性6例,女性4例(全例TC)であった.術前にカルチノイドの診断がついたのは4例であり,他組織型の肺癌と診断されたのが4例.術式は肺摘除が2例,二葉切除が1例,肺葉切除4例,区域切除1例,部分切除1例,気管支形成術1例であった …
  • NAID 10027421553

関連リンク

4 May 2010 ... Carcinoid tumors are derived from primitive stem cells in the gut wall but can be seen in other organs,[1] including the lungs,[2] mediastinum, thymus,[3] liver, pancreas, bronchus, ovaries,[4] prostate,[5] and kidneys.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ソマトスタチン」「カルチノイド
拡張検索carcinoid tumor of lung
関連記事carcinoid」「tumor

ソマトスタチン」

  [★]

somatostatin (Z)
膵ソマトスタチン pancreatic somatostatin、成長ホルモン分泌抑制因子 growth hormone release inhibiting hormone(GH-RIH)、somatotropin release inhibiting factor(SRIF)
消化管ホルモン
  • 成長ホルモンに拮抗する作用を有する
  • 成長に必要な栄養の消化吸収を抑制

分類

  • 消化管ホルモン?・中枢神経系のホルモン(様々なところで発現しており、多くの生理活性により神経の調節を行っている(参考1))?

性状

  • ペプチド
  • 環状構造を取っており、ジスルフィド結合によりこの構造が保たれている。
  • 二つの型があり、共通のpreprohormonが転写後プロセッシングを受けてsomatostatin-14(14 a.a.)とsomatostatin-28(28 a.a.)ができる。somatostatin-14はsomatostatin-28のC末の配列と同一である。

産生組織

  • 消化器
  • 視床

参考1

  • 神経系:大脳皮質、視床下部、脳幹、脊髄の皮質に豊富。心臓、甲状腺、皮膚、眼、胸腺の神経に局在している。
  • 消化器系:消化管と膵臓に豊富。そこで傍分泌あるいは内分泌のような形でD細胞により、そして腸神経によって産生されている。

標的組織

受容体

  • G蛋白共役型受容体(5つのサブタイプがある。どのサブタイプもGiαサブユニットを介する)

作用

First Aid step 1 p.269

総じて、消化活動を止めさせる方向に作用
(下垂体で?)

参考1より

  • ソマトスタチンにより抑制されるホルモン  (↓ホルモンとは思えない物もまじっていいる気が)

分泌の調整

分泌亢進

分泌抑制

  • 迷走神経刺激

臨床関連

参考

  • 1.[charged]Physiology of somatostatin and its analogues - uptodate [1]



カルチノイド」

  [★]

carcinoid
カルチノイド腫瘍 carcinoid tumor
好銀性細胞腫 argyrophil cell tumor
カルチノイド症候群消化管カルチノイド

概念

  • 気管支や消化管に発生し、原腸系臓器に広く分布する内分泌系細胞腫瘍の低異型度腫瘍。消化管に発生したものは特に消化管カルチノイドという(YN.A-75)

疫学

  • 欧米では小腸腫瘍の中で悪性腫瘍に次いで2番目に多いが、日本では非常にまれ。

分類

部位


発生部位

  • 発生部位:消化管(虫垂、大腸、小腸、直腸、胃)および肺、気管支
  • 直腸が最多 (YN.A-75)
  • 肺:発生母地(気管支腺、細気管支上皮内に存在するKultchitzky細胞)。神経内分泌顆粒を有する。(NSU.344)

病理

  • 粘膜下腫瘍と同様の所見を呈することが多い。  ちなみにGISTは粘膜下腫瘍
  • つまり辺縁はなだらかである。



  • 細胞の配列:索状、リボン状。時にロゼット様
  • 核:小型、円形で中心に存在し、分裂像は少ない



予後

  • 予後(5年生存率):虫垂のカルチノイドを除いて90%。小腸原発のカルチノイドで肝臓に転移があっても50% (BPT.627)

消化管 (BPT.626)

疫学

  • The peak incidence of these neoplasms is in the sixth decade.(BPT.626)
  • 直腸結腸癌の2%以下。小腸の悪性腫瘍の半分を占める
  • 転移:虫垂と直腸のカルチノイドは転移しにくい。90%の胃、空腸、結腸のカルチノイドは

直腸

疫学(NSU.590)

  • 消化器系のカルチノイドのうち最多(36%)。
  • 40-50歳代に多い。
  • 男:女=1.4:1

国試



carcinoid tumor of lung」

  [★] 肺カルチノイド、肺カルチノイド腫瘍


carcinoid」

  [★] カルチノイド

argentaffinoma

WordNet   license wordnet

「a small tumor (benign or malignant) arising from the mucosa of the gastrointestinal tract; usually associated with excessive secretion of serotonin」


tumor」

  [★]

  • n.


WordNet   license wordnet

「an abnormal new mass of tissue that serves no purpose」
tumour, neoplasm




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡