captopril

出典: meddic

カプトプリル

WordNet   license wordnet

「a drug (trade name Capoten) that blocks the formation of angiotensin in the kidneys resulting in vasodilation; used in the treatment of hypertension and congestive heart failure」
Capoten

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/11 23:22:19」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Antihypertensive nano-ceuticales based on chitosan biopolymer: Physico-chemical evaluation and release kinetics.
  • Niaz T1, Shabbir S2, Manzoor S3, Rehman A4, Rahman A5, Nasir H6, Imran M7.
  • Carbohydrate polymers.Carbohydr Polym.2016 May 20;142:268-74. doi: 10.1016/j.carbpol.2016.01.047. Epub 2016 Jan 25.
  • Prime risk factor behind cardiovascular associated mortality and morbidity is hypertension. The main challenge with antihypertensive (AHT) drug therapy is their extreme hydrophobic nature and very low oral bio-availability; which result into higher dosage/frequency and associated side effects of dru
  • PMID 26917399
  • Reusable fluorescent sensor for captopril based on energy transfer from photoluminescent graphene oxide self-assembly multilayers to silver nanoparticles.
  • Sun X1, Liu B2, Li S2, Li F2.
  • Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy.Spectrochim Acta A Mol Biomol Spectrosc.2016 May 15;161:33-8. doi: 10.1016/j.saa.2016.02.018. Epub 2016 Feb 24.
  • In this work we designed a self-assembly multilayers, in which photoluminescent graphene oxide was employed as a fluorescence probe. This multilayers film can effectively recognize captopril by resonance energy transfer from graphite oxide to silver nanoparticles. A new interfacial sensing method fo
  • PMID 26945122
  • Adrenal Venous Sampling in Patients With Positive Screening but Negative Confirmatory Testing for Primary Aldosteronism.
  • Umakoshi H1, Naruse M2, Wada N1, Ichijo T1, Kamemura K1, Matsuda Y1, Fujii Y1, Kai T1, Fukuoka T1, Sakamoto R1, Ogo A1, Suzuki T1, Nanba K1, Tsuiki M1; WAVES-J Study Group.
  • Hypertension.Hypertension.2016 May;67(5):1014-9. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.115.06607. Epub 2016 Mar 14.
  • Adrenal venous sampling is considered to be the most reliable diagnostic procedure to lateralize aldosterone excess in primary aldosteronism (PA). However, normative criteria have not been established partially because of a lack of data in non-PA hypertensive patients. The aim of the study was to in
  • PMID 26975712

和文文献

  • Involvement of Renin-Angiotensin System in Damage of Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitor Captopril on Bone of Normal Mice
  • Liu Jin-Xin,Wang Liang,Zhang Yan
  • Biological & pharmaceutical bulletin 38(6), 869-875, 2015-06
  • NAID 40020471384
  • Involvement of Renin–Angiotensin System in Damage of Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitor Captopril on Bone of Normal Mice
  • , ,
  • Biological and Pharmaceutical Bulletin 38(6), 869-875, 2015
  • … This study was performed to investigate the effect of angiotensin-converting enzyme inhibitor, captopril, on bone metabolism and histology, and the action of captopril on the components of the skeletal renin–angiotensin system (RAS) and bradykinin receptor in normal male mice. … The mice were orally administered captopril (10 mg/kg) for 4 weeks with vehicle-treated mice as normal control. …
  • NAID 130005072666
  • Losartan and Sodium Nitroprusside Effectively Protect against Renal Impairments after Ischemia and Reperfusion in Rats
  • , , [他],
  • Biological and Pharmaceutical Bulletin 38(5), 753-762, 2015
  • … Different degrees of preventive effects were observed in rats treated with captopril, BQ-123 (endothelin type A receptor antagonist), sodium nitroprusside (SNP, a nitric oxide donor), and losartan (angiotensin II type 1 receptor antagonist). … Only minimal changes in renal morphology were observed after treatment with losartan, SNP, captopril, and BQ-123 compared with control animals. …
  • NAID 130005068102

関連リンク

The reference site for captopril including news articles, images, and updated information ... What is Captopril? Captopril is an Angiotensin Converting Enzyme inhibitor. ACE is an enzyme in the body which is important for the ...
Captopril is used to treat hypertension, heart failure and to improve survival after a heart attack. Learn about side effects, interactions and indications. ... Captopril side effects Get emergency medical help if you have any of these signs of an allergic reaction to captopril: ...

関連画像

Modo de uso do Captopril (Capoten)CaptoprilCaptopril manufacturer,exporter El losartán,o losartán potásico, es un Captopril, Alpha-2 Receptors and Fat Lossterça-feira, 3 de dezembro de 2013


★リンクテーブル★
先読みカプトプリル
リンク元膜性腎症」「薬理学」「アンジオテンシン変換酵素阻害薬
拡張検索captopril renography」「captopril test

カプトプリル」

  [★]

cuptopril
アポプリールカトナプロンカトプロンカプシールカプトリルカプトルナコバプリルダウプリルCapoten
降圧薬アンジオテンシン変換酵素阻害薬血圧降下剤


分類

作用機序

  • 1. renin-angiotensin系抑制
アンジオテンシンIIの生成を抑制
末梢血管抵抗↓、アルドステロン分泌↓
  • 2. kallikrein-kinin系の亢進?
  • 3. prostaglandin系への作用?
  • 4. 血管壁でのrenin-angiotensin系の抑制?
  • 5. 末梢交感神経系の抑制?

適応

動態 (SPC.254)

  • 胃腸管から吸収され、約1時間で最高血中濃度
  • 半減期は0.66時間
  • 腎排泄

禁忌

  • 妊婦

臨床関連

  • カプトプリル負荷試験


膜性腎症」

  [★]

membranous
membranous nephropathy, MN
膜性糸球体腎炎 membranous glomerulonephritis, membranous GN, MGN
ネフローゼ症候群

まとめ

  • 膜性腎症は免疫複合体が糸球体基底膜上皮下に沈着することで基底膜の肥厚をきたす疾患である。中年以降(30-40歳以降)の男性に多い。自覚症状なしにネフローゼ症候群を来たし、ネフローゼ症候群の原因として成人では30%、小児では5%を占める。病因としては特発性と続発性があるが、免疫複合体の抗原が不明な特発性が大部分(85%)を占め、残りは感染症(B型肝炎、梅毒、住血吸虫マラリア)、膠原病(SLE)、悪性腫瘍、無機金属(金、水銀)、薬剤(ペニシラミン、カプトプリル、NSAID)などによる続発性である。病理組織像では光顕的に糸球体膜の重層化・二重化・肥厚が認められ、PAM染色で糸球体基底膜上皮下にスパイク状・顆粒状の沈着物が認められる。これらは蛍光顕微鏡ではIgG、C3の沈着として認められる。電顕的には電子高密度沈着物(免疫複合体)として認められる。自覚症状はなく検診などで蛋白尿陽性として見いだされることが多い。診断には腎生検の所見による。治療は特発性の場合、無症候性であれば経過観察、ネフローゼ症候群が存在していればステロイドによる治療を行う。二次性の場合は原因疾患の治療も行う。治療抵抗例では免疫抑制薬、抗血小板薬、抗凝固療法を行う。経過は緩徐であり、予後は良好であることが多い。症例の2/3は緩徐進行、1/3は自然緩解する。(YN.E-50 SPE.599)

概念

  • 糸球体腎炎の病理診断名の一つ
  • 糸球体基底膜の上皮側にびまん性の免疫複合体が沈着し、基底膜が肥厚する疾患。
  • (1)糸球体基底膜のびまん性肥厚、(2)糸球体基底膜上皮下へのびまん性沈着
  • ネフローゼ症候群を来す。成人ネフローゼの典型例

疫学

  • 中年以降(30-50%)の男性に好発。 30-40歳代の男性に多い(QB.E-173)。
  • 健診で発覚(チャンス蛋白尿)
  • ネフローゼ症候群の原因となる。ネフローゼ症候群のうちそれぞれ占める割合は成人30%、小児5%。 (YN.E-50)

分類

病因による分類

  • 特発性(85%) ← 免疫複合体の抗原が不明
  • 続発性
APT.241
  • B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、腫瘍、薬物(NSAID)、SLE

病理

蛍光抗体法
  • 糸球体基底膜のびまん性肥厚  → 糸球体膜の重層化・二重化・肥厚
  • 免疫複合体糸球体基底膜上皮下に沈着 ← 糸球体の外側  → スパイク(PAM染色で) 、 granular pattern(IgG)
  • メサンギウム領域の細胞増殖(-)

病態生理

  • 80%がネフローゼ症候群で発症し、あとは無症候性蛋白尿(QB.E-173)

症状

検査

  • 血液検査
  • ネフローゼ症候群を来す場合には低蛋白血症、低アルブミン血症
  • 尿検査
  • 尿蛋白陽性。
  • 腎生検
  • 光学顕微鏡(PAM染色):基底膜の肥厚
[show details]
  • 蛍光顕微鏡(蛍光抗体法):IgG、C3よりなる免疫複合体が糸球体上皮下腔に顆粒状に沈着
[show details]
  • 電子顕微鏡
  • 糸球体基底膜上皮下に高電子密度の顆粒状沈着物
[show details]

診断

  • 膜性腎症の診断は腎生検でのみなされる。原因不明のネフローゼ症候群には腎生検を提案している。(uptodate)
  • 蛋白尿に対する検査を行う→ネフローゼ症候群 → uptodate Serologic tests in the evaluation of nephrotic syndrome
  • 膜性腎症の原因を検索するために以下の検査を行う:自己抗体、血清C3(普通は正常)、血清学的ウイルス検査(B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス)、悪性腫瘍スクリーニング (uptodate)

検査所見

尿検査

  • 蛋白尿

治療

  • 免疫抑制薬
  • ステロイド(微小変化群より奏効しない)

予後

  • 治療への反応性がよく予後良好。半数例が自然寛解。   1/3は自然寛解。2/3はゆっくり進行。75%は寛解/腎機能安定/極めて緩徐な進行。(YN.E-50)
  • 10-20%が末期腎不全に移行。ネフローゼ症候群が持続する例に多い傾向。
  • 左下の図のような病変


国試



薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


アンジオテンシン変換酵素阻害薬」

  [★]

angiotensin-converting enzyme inhibitor angiotensin converting enzyme inhibitor , ACE inhibitor, ACEI
アンジオテンシン変換酵素阻害剤 アンギオテンシン変換酵素阻害薬 アンギオテンシン変換酵素阻害剤 アンジオテンシン転換酵素阻害薬ACE阻害薬 ACE阻害剤 ACE inhibitor、アンギオテンシン変換酵素拮抗薬, アンギオテンシン変換酵素拮抗薬, angiotensin-converting enzyme antagonist
アンジオテンシン, アンジオテンシン転換酵素 ACE, 1型アンジオテンシンII受容体拮抗薬 アンジオテンシンII受容体拮抗薬 ARB


アンジオテンシン変換酵素阻害薬

薬剤名 成分名 高血圧 腎性高血圧 腎血管性高血圧 悪性高血圧 慢性心不全 1型糖尿病に伴う糖尿病性腎症
レニベース エナラプリル  
ロンゲス リシノプリル        
タナトリル イミダプリル      
エースコール テモカプリル      
コバシル ペリンドプリル           

副作用

  • 咳嗽:ACEブラジキニンを分解するキニナーゼIIと同一の酵素である。ACE阻害薬はこの酵素を阻害するが、ブラジキニンは血管拡張、血漿滲出、発痛作用に関わっている。このため咳を誘発することがある。
  • 高カリウム血症:間接的に血漿中のレニン濃度が低下するためにナトリウム取り込みとカリウム排泄が低下して高カリウム血症を来す
  • 低血圧
  • 腎不全

禁忌

  • 妊婦
  • 両側性腎動脈狭窄のある患者
  • 腎血流量の減少や糸球体ろ過圧の低下により急速に腎機能を悪化させるおそれ。アンジオテンシンIIによる輸出細動脈の収縮作用がblockされ、両腎共に腎血流が減少しているためにGFRの低下を代償できず腎機能の悪化をきたす。

参考

[display]http://www.naoru.com/ace.htm
[display]http://kanri.nkdesk.com/drags/arb.php



captopril renography」

  [★] カプトプリル負荷腎レノグラフィ


captopril test」

  [★] カプトプリル試験




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3