blood transfusion

出典: meddic

輸血

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/24 06:57:17」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Effects of fresh frozen plasma, Ringer's acetate and albumin on plasma volume and on circulating glycocalyx components following haemorrhagic shock in rats.
  • Nelson A1, Statkevicius S2, Schött U3, Johansson PI4,5, Bentzer P6.
  • Intensive care medicine experimental.Intensive Care Med Exp.2016 Dec;4(1):6. doi: 10.1186/s40635-016-0080-7. Epub 2016 Mar 3.
  • BACKGROUND: Early use of fresh frozen plasma (FFP) in haemorrhagic shock is associated with improved outcome. This effect may partly be due to protection of the endothelial glycocalyx and/or secondary to a superior efficacy of FFP as a plasma volume expander compared to crystalloids. The objective o
  • PMID 26940500
  • Chronic hepatitis E virus infection after living donor liver transplantation via blood transfusion: a case report.
  • Kurihara T1, Yoshizumi T2, Itoh S1, Harimoto N1, Harada N1, Ikegami T1, Inagaki Y3, Oshiro Y3, Ohkohchi N3, Okamoto H4, Maehara Y1.
  • Surgical case reports.Surg Case Rep.2016 Dec;2(1):32. doi: 10.1186/s40792-016-0159-0. Epub 2016 Apr 8.
  • Although it occurs worldwide, hepatitis E virus (HEV) infection in developed countries is generally foodborne. HEV infection is subclinical in most individuals. Although fulminant liver failure may occur, progression to chronic hepatitis is rare. This study describes a 41-year-old man with liver cir
  • PMID 27059470
  • Changes in fetal myocardial performance index following intravascular transfusion: preliminary report.
  • de Assunção RA1, Liao AW1, Brizot Mde L1, Francisco RP1, Zugaib M1.
  • The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians.J Matern Fetal Neonatal Med.2016 Aug;29(16):2697-702. doi: 10.3109/14767058.2015.1101757. Epub 2015 Nov 9.
  • OBJECTIVE: To investigate the changes in fetal left ventricle myocardial performance index (MPI) following intrauterine intravascular transfusion (IUT).METHODS: Prospective study, including 25 IUT performed in 13 singleton pregnancies with maternal Rh D alloimmune disease. Left ventricle MPI was eva
  • PMID 26421506

和文文献

  • 輸血検査 (臨床検査の展望)
  • 三島 由祐子,大河内 直子,松橋 美佳 [他]
  • 臨床検査 57(1), 34-40, 2013-01-00
  • NAID 40019531933
  • 日本自己血輸血学会教育セミナー報告-第7報-
  • 適正な貯血式自己血輸血に向けての自己血輸血看護師の試み : 整形外科外来看護師としての関わり
  • 山口 育美,宮本 憲
  • 自己血輸血 24(2), 139-145, 2012-12-26
  • NAID 10030647314

関連リンク

A blood transfusion is a safe, common procedure in which blood is given to you through an intravenous (IV) line in one of your blood vessels. Blood transfusions are done to replace blood lost during surgery or due to a serious injury. A ...
A weekly snapshot of the hottest studies from each week’s issue of Blood, hand-picked by Editor-in-Chief Bob Löwenberg, MD, and Deputy Editor Nancy Berliner ... Author Voices: Brad Kahl, MD Kahl, B. S., Spurgeon, S. E ...

関連画像

 blood/blood-facts-and-statisticsBlood TransfusionBlood transfusion scandal:File:Blausen 0087 Blood Transfusion.png Nigeria Makes Breakthrough in Sickle Cell Blood-Transfusion


★リンクテーブル★
リンク元輸血」「transfuse
拡張検索autologous blood transfusion」「whole blood transfusion」「incompatible blood transfusion
関連記事blood」「transfusion」「blooded

輸血」

  [★]

blood transfusion
metachysis
  • WCG disease transmission in, 863-871
  • also see. ICU.183 出血と循環血液量減少

輸血用血液製剤

  • 赤血球製剤:2-6℃    :採血後21日間
  • 血漿製剤 :-20℃以下  :採血後1年間
  • 血小板製剤:20-24℃。振盪:採血後4日間
  • 全血製剤 :2-6℃    :採血後21日間

副作用

一般的な副作用

  • 1. 溶血性 :(急性)ABO型不適合輸血(血管内溶血)。(遅発性)Rh型不適合輸血(血管外溶血)
  • 2. 非溶血性:(急性)発熱、蕁麻疹、アナフィラキシーショック。(遅発性)輸血関連急性肺障害 TRALI
  • 3. 感染性:細菌、ウイルス(B型肝炎、C型肝炎、HIV、HTLV-1, CMV)

その他の副作用

  • 高カリウム血症(血球の溶血)、代謝性アシドーシス(輸血製剤中では嫌気性代謝によりpHが低下しているため?)、代謝性アルカローシス(1-3日後にクエン酸が体内で代謝されて重炭酸イオンを生じるため)、肺うっ血(容量負荷)、低カルシウム血症(凝固薬として添加されているクエン酸によりカルシウムイオンがキレートされるため)、出血傾向(保存血中の血小板は減少してるため)

赤血球濃厚液

  • 1.ショック、アナフィラキシー(様)反応(0.1%未満)
  • 2.感染症(0.1%未満)
  • B型、C型等の肝炎ウイルス13)、HIV-114)、HIV-215)に感染し、発症することがある (「重要な基本的注意」の項参照)。感染が認められた、あるいは症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

また、HTLV-116)、CMV17)、エプスタイン・バーウイルス(EBV)18)、ヒトパルボウイルスB1919)、マラリア原虫20)、E型肝炎ウイルス(HEV)21)等に感染することがあり、その他血液を介するウイルス、細菌、原虫等に感染する危険性も否定できない。観察を十分に行い、感染が確認された場合には適切な処置を行うこと。

  • 3.呼吸障害・輸血関連急性肺障害 (TRALI: transfusion related acute lung injury)22)(0.1%未満)
  • 輸血中あるいは輸血後に喘鳴、低酸素血症、チアノーゼ、肺水腫、輸血関連急性肺障害 (TRALI: transfusion related acute lung injury) 等を生じることがある。特にTRALIは輸血中あるいは輸血終了後6時間以内に、急激な肺水腫、低酸素血症、頻脈、低血圧、チアノーゼ、呼吸困難を伴う呼吸障害で、時に死亡に至ることがある。これらの症状があらわれた場合には直ちに輸血を中止し、酸素投与、呼吸管理等の適切な処置を行うこと。
  • 4.輸血後紫斑病 (PTP: post transfusion purpura)23)(0.1%未満)
  • 輸血後約1週間経過して、急激な血小板減少、粘膜出血、血尿等があらわれることがあるので、患者の経過観察を行い、これらの症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。
  • 5.心機能障害・不整脈(0.1%未満)
  • 心不全、心筋障害、心房細動・心室細動等の重篤な心機能障害や不整脈があらわれることがあるので、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には輸血を中止するなど、適切な処置を行うこと。
  • 6.腎機能障害(0.1%未満)
  • 急性腎不全等の重篤な腎機能障害があらわれることがあるので、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。
  • 7.肝機能障害

副作用に対する対処

アナフィラキシーショック

参考4
  • 通常輸血後10分以内に血圧低下や呼吸困難などが認められるなどアナフィラキシーショックが疑われた場合、直ちに輸血を中止し、アドレナリンを筋注する。

参考

  • 1. 照射解凍赤血球濃厚液「日赤」
[display]http://www.jrc.or.jp/vcms_lf/iyakuhin_seihin_tenpu_ir-ftrc090805.htm
  • 2. 輸血製剤取扱いマニュアル
[display]http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-k/cli-lab/shiba/MANUAL-1/bloodManual2.pdf
  • 3. 日本輸血・細胞治療学会-輸血のQ&A
[display]http://www.yuketsu.gr.jp/qa/main.html
  • 4. 血液・呼吸器内科のお役立ち情報:アレルギー/アナフィラキシー:輸血の副作用とその対策(4)
[display]http://www.3nai.jp/weblog/entry/51024.html

国試

  • 106E053:輸血によるアナフィラキシーショックに対する処置
  • 102C016:宗教上の理由による輸血拒否
  • 103E056:輸血すべき赤血球濃厚液の量



transfuse」

  [★]

  • 注入する、輸血する
blood transfusioninfuseinfusioninjectinjectioninstilltransfusion

WordNet   license wordnet

「pour out of one vessel into another」

WordNet   license wordnet

「give a transfusion (e.g., of blood) to」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈血液〉‘を'輸血する:transfuse blood 輸血する」


autologous blood transfusion」

  [★]

autologous transfusionautotransfusion


whole blood transfusion」

  [★]


incompatible blood transfusion」

  [★] 血液型不適合輸血


blood」

  [★] 血液

WordNet   license wordnet

「smear with blood, as in a hunting initiation rite, where the face of a person is smeared with the blood of the kill」

WordNet   license wordnet

「temperament or disposition; "a person of hot blood"」

WordNet   license wordnet

「people viewed as members of a group; "we need more young blood in this organization"」

WordNet   license wordnet

「the fluid (red in vertebrates) that is pumped through the body by the heart and contains plasma, blood cells, and platelets; "blood carries oxygen and nutrients to the tissues and carries away waste products"; "the ancients believed that blood was the sea」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『血』,『血』液 / 流血(bloodshed);殺人 / 気質,気性,血気,血潮 / 『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統 / (人種・出身国の)系 / 〈人〉‘に'初めての経験をさせる / 〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる」


transfusion」

  [★]

  • n.


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「輸血」

WordNet   license wordnet

「the introduction of blood or blood plasma into a vein or artery」
blood transfusion

WordNet   license wordnet

「the action of pouring a liquid from one vessel to another」


blooded」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「純血の,純種の / 《複合語を作って》「…の血(性質)を持った」の意を表す」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3