athetosis

出典: meddic


アテトーゼ


WordNet   license wordnet

「a continuous succession of slow, writhing, involuntary movements of the hands and feet and other body parts」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/04 23:12:33」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • The 5-HT1A-receptor agonist flibanserin reduces drug-induced dyskinesia in RGS9-deficient mice.
  • Strecker K, Adamaszek M, Ohm S, Wegner F, Beck J, Schwarz J.SourceNRZ, Neurological Rehabilitation Center, University of Leipzig, Muldentalweg 1, 04828, Bennewitz, Germany, KarlStrecker@gmx.de.
  • Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996).J Neural Transm.2012 May 10. [Epub ahead of print]
  • Drug-induced dyskinesia is a major complication of dopamine replacement therapy in advanced Parkinson's disease consisting of dystonia, chorea and athetosis. Agonists at 5-HT1A-receptors attenuate levodopa-induced motor complications in non-human primates. Mice with increased dopamine D2 receptor (D
  • PMID 22569849
  • Further evidence of validity of the Modified Melbourne Assessment for neurologically impaired children aged 2 to 4 years.
  • Randall M, Imms C, Carey L.SourceDepartment of Occupational Therapy, The Royal Children's Hospital, Parkville, Victoria, Australia.
  • Developmental medicine and child neurology.Dev Med Child Neurol.2012 May;54(5):424-8. doi: 10.1111/j.1469-8749.2012.04252.x. Epub 2012 Mar 5.
  • AIM: This paper reports the second phase of a study to extend the Melbourne Assessment for use with children with neurological impairment aged 2 to 4 years. The aim was to establish if (1) children's scores on the Modified Melbourne Assessment (MMA) and the Quality of Upper Extremity Skills Test (
  • PMID 22390189

和文文献

  • 多発性硬化症様の脳病変をくりかえし,NMDA受容体脳炎を呈した1例
  • 山本 真也,国分 則人,渡邉 由佳,岡部 龍太,中村 利生,平田 幸一
  • 臨床神経学 53(5), 345-350, 2013
  • 症例は31歳女性である.27歳時に左上下肢のしびれが出現し,MRIで脳幹に多発するT2高信号病変をみとめた.その後右動眼神経麻痺をきたし,多発性硬化症と暫定診断した.31歳時に,頭痛,発熱,精神症状後に意識障害と口舌ジスキネジアが出現,ステロイド療法により約3ヵ月で改善した.脳脊髄液の抗NMDA受容体抗体陽性からNMDA受容体脳炎と診断した.腫瘍の合併はなかった.その後も神経症状と脳病変の再発をく …
  • NAID 130004505507
  • 全身性エリテマトーデスに伴った舞踏様運動の一例
  • 上田 洋,高橋 裕子,山下 裕之,狩野 俊和,三森 明夫
  • 日本臨床免疫学会会誌 36(6), 467-472, 2013
  • 【症例】33歳女性.2004年(25歳),全身性エリテマトーデス(SLE)と診断.2007年(27歳),SLEに伴う血球貪食症候群を発症したが,免疫抑制治療により軽快した.以降,SLEの病勢は安定し,prednisolone (PSL) 5 mg/日,tacrolimus 0.5 mg/日で維持治療中であった.2012年11月,右上下肢の不随意運動(舞踏様運動,アテトーゼが混在),一時間程度の右同 …
  • NAID 130003383178
  • アテトーゼ型脳性麻痺の頚椎に対する整形外科的選択的痙性コントロール手術の中長期成績
  • 石井 武彰,福岡 真二,鳥越 清之,松尾 隆
  • 整形外科と災害外科 60(3), 409-416, 2011-09-25
  • NAID 10029660165

関連リンク

Athetosis is a symptom characterized by involuntary convoluted, writhing movements of the fingers, arms, legs, and neck. Movements typical of athetosis are sometimes called athetoid movements. Lesions to the brain are most often the direct ...
アテトーゼ(athetosis)は自分の意志に反して運動を行う不随意運動の一つ。ゆっくりと ねじるような運動を行うのが特徴的。脳性麻痺などが原因となる。線条体、視床下核、黒 質、赤核などの障害で錐体外路系の障害によって生じる。舞踏運動でも生じるが、それ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元不随意運動」「アテトーゼ」「athetoid」「無定位運動症
拡張検索kinesigenic choreoathetosis」「posthemiplegic athetosis」「choreoathetosis

不随意運動」

  [★]

involuntary movement IVM
不随意筋


不随意運動と大脳基底核との関連

  大脳基底核の障害との関連 特徴 好発部位 代表疾患
振戦 tremor 黒質 律動的な振動運動 指、手 Parkinson病
本態性振戦
舞踏病様運動 choreiform movement 尾状核 不規則で、目的のない、非対称性運動
[show details]
顔面、四肢 Huntington舞踏病
バリズム ballism/ballismus 視床下核 舞踏様病の一種。運動はより急速、粗大、持続性。四肢の抹消よりも体幹に誓い部分に強く起こり、上下肢を投げ出すよう激しい運動
[show details]
四肢 視床下核 Juys体の出血・梗塞
アテトーゼ athetosis 赤核被殻淡蒼球 舞踏病よりゆっくりで、持続性のある運動。舞踏病に比べ一定の運動。虫が這うような運動。
[show details]
手・指 脳性麻痺
CO中毒
レンズ核障害
ミオクローヌス myoclonus 赤核 1つまたは多くの筋の短時間の不随意な収縮。関節や四肢の強い運動を伴わないのが原則
[show details]
全身・局所 Creutzfeldt-Jakob病
Ramsay Hunt症候群
てんかん
リピドーシス
ミトコンドリア脳筋症
痙攣 cramp/convulsion   筋肉が不随意に,激しく攣縮する状態    
ジストニー dystonia   異常姿勢。筋緊張の亢進で異常な姿勢となり、体幹の捻転、胸郭の傾斜、頚の捻転、肘の過伸展、手首の過屈曲、指の過伸展などを呈する。
[show details]
体幹・近位筋 捻転ジストニー
チック tic   顔、頚部、肩などに起こる、比較的急激で、繰り返して起こる運動
[show details]
顔面 てんかん
緊張



アテトーゼ」

  [★]

athetosis
アテトーシスアテトーゼ運動 アテトーゼ様運動 athetotic movement
不随意運動


  • 不随意運動
  • 部位:顔面、四肢遠位部(手指、手首、足)
  • 運動:不規則な、ゆっくりとした絶え間ない動き。一定の姿位を維持することが困難
  • 病変部位:(文献によりばらつきがある)
  • 赤核被殻淡蒼球
  • 線条体を中心として、中脳被蓋、視床下核、視床腹外側部、淡蒼球、内包など広範な部位
  • 薬物:精神安定剤、筋弛緩薬
  • 機能訓練
  • 外科的療法は適応が難しい。



athetoid」

  [★]

  • アテトーゼの、アテトーゼ様の
athetosis


無定位運動症」

  [★]

athetosis
アテトーシスアテトーゼ

kinesigenic choreoathetosis」

  [★] 運動誘発性舞踏アテトーゼ運動


posthemiplegic athetosis」

  [★] 片麻痺後アテトーゼ


choreoathetosis」

  [★] 舞踏病アテトーゼ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡