aspirin

出典: meddic

アスピリン

WordNet   license wordnet

「the acetylated derivative of salicylic acid; used as an analgesic anti-inflammatory drug (trade names Bayer, Empirin, and St. Joseph) usually taken in tablet form; used as an antipyretic; slows clotting of the blood by poisoning platelets」
acetylsalicylic acid, Bayer, Empirin, St. Joseph

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉アスピリン(鎮痛・解熱剤) / 〈C〉アスピリン錠」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/06 23:22:19」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

和文文献

  • アスピリンによる小腸粘膜傷害 : カプセル内視鏡による評価 (AYUMI 薬剤起因性消化管傷害Update)
  • 遠藤 宏樹,中島 淳
  • 医学のあゆみ 243(11・12), 963-967, 2012-12-22
  • NAID 40019511274
  • 低用量アスピリンの上部消化管傷害 : 胃内pH,ヘリコバクター感染症からみた傷害発症機序 (AYUMI 薬剤起因性消化管傷害Update)
  • 魚谷 貴洋,杉本 光繁,古田 隆久
  • 医学のあゆみ 243(11・12), 947-951, 2012-12-22
  • NAID 40019511205
  • アスピリン・NSAIDs胃粘膜傷害の発症機序 : 動物実験からの推察 (AYUMI 薬剤起因性消化管傷害Update)
  • 竹内 孝治
  • 医学のあゆみ 243(11・12), 941-946, 2012-12-22
  • NAID 40019511195

関連リンク

1897年8月、バイエルの一人の化学者によって開発されたアスピリンは、その後瞬く間に全世界に広がりました。今では、解熱鎮痛薬の代名詞として使用されるほど多くの人に愛用されています。おそらく世界でいちばん知名度の高い薬です。
13/10/22 バイエルアスピリンwebキャンペーン 「頭痛顔偉人グランプリ」開催中(-13年12月1日まで) 五十嵐先生の頭痛解説 頭痛はタイプによって原因も対処法も様々。まず頭痛について知ることが症状改善の第一歩。医学博士、五十嵐 ...
↓ASPIRIN WebSite↓ PC ENTER myspace ↓ASPIRIN WebSite↓ PC ENTER myspace

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アスピリン」「aspirin aluminum」「acetylsalicylic acid
拡張検索buffered aspirin」「enteric-coated aspirin」「aspirin powder」「aspirinum aluminicum

アスピリン」

  [★]

aspirin
アスファネート配合イスキア配合サリチゾンゼンアスピリンニチアスピリンニトギス配合バイアスピリンバッサミン配合バファリン配合ファモター配合
アスピリン喘息アセチルサリチル酸 acetylsalicylic acid ASAアスピリン中毒

構造

分類

  • 酸性
  • サリチル酸系
  • 抗炎症薬
  • 抗血栓薬

薬理作用

抗炎症薬

  • 脳の体温調整中枢を抑制して解熱。感覚中枢の興奮を抑制? → 鎮痛 1.5g/day
  • 少量で血小板凝集を低下。血栓、塞栓を予防 → 40-100mg/day
  • 関節リウマチにおける抗炎症には → 3g/day

動態

  • アスピリンは弱酸性。胃でプロトンを放出。大部分は回腸で吸収される。
  • アスピリンは組織、血漿、特に肝臓に存在するエステラーゼにより30分以内にサリチル酸塩となり抗炎症作用を呈する。25%は酸性?、抱合されて排出される。25%は未変化のまま排泄される。アルカリ尿で排泄されやすい。Cox抑制作用は不可逆的アセチル化反応による。持続時間は血漿半減期に関係しない。半減期は短いが、作用は持続することに注意する。

作用機序

注意

禁忌

バイアスピリン錠100mg
  • 1. 本剤の成分又はサリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2. 消化性潰瘍のある患者[プロスタグランジン生合成抑制作用により,胃の血流量が減少し,消化性潰瘍を悪化させることがある.(ただし,「慎重投与」の項参照)]
  • 3. 出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがあるため,出血傾向を助長するおそれがある.]
  • 4. アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重篤なアスピリン喘息発作を誘発させることがある.]
  • 5. 出産予定日12週以内の妊婦[「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照]
  • 6. 低出生体重児,新生児又は乳児[「小児等への投与」の項参照]
YN.D-34

添付文書

  • バイアスピリン錠100mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3399007H1021_1_13/3399007H1021_1_13?view=body



aspirin aluminum」

  [★]

acetylsalicylic acidaspirin

acetylsalicylic acid」

  [★]

aspirin
Aspirin
Aspirin

buffered aspirin」

  [★]

WordNet   license wordnet

「aspirin coated with a substance capable of neutralizing acid (trade name Bufferin)」
Bufferin


enteric-coated aspirin」

  [★]

WordNet   license wordnet

「aspirin that is treated to pass through the stomach unaltered and to dissolve in the intestines」

aspirin powder」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a powdered form of aspirin」
headache powder


aspirinum aluminicum」

  [★] アスピリンアルミニウム


"http://meddic.jp/aspirin" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡