antiepileptic

出典: meddic

  • adj.
  • 抗てんかんの
  • n.

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/10 01:45:55」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Pharmaceutical residues in water and sediment of Msunduzi River, KwaZulu-Natal, South Africa.
  • Matongo S1, Birungi G2, Moodley B1, Ndungu P1.
  • Chemosphere.Chemosphere.2015 Sep;134:133-40. doi: 10.1016/j.chemosphere.2015.03.093. Epub 2015 May 15.
  • The little data about pharmaceutical residue contamination in African water bodies motivated our study on the occurrence of pharmaceutical residues in the water and sediment of Msunduzi River in the KwaZulu-Natal province of South Africa; and in the Darvill wastewater treatment plant found in Msundu
  • PMID 25935602
  • Predominant polarity in bipolar disorders: Further evidence for the role of affective temperaments.
  • Azorin JM1, Adida M2, Belzeaux R2.
  • Journal of affective disorders.J Affect Disord.2015 Aug 15;182:57-63. doi: 10.1016/j.jad.2015.04.037. Epub 2015 Apr 29.
  • BACKGROUND: Literature suggests bipolars may differ in several features according to predominant polarity, but the role of temperaments remains controversial.METHODS: The EPIDEP study was designed to identify bipolar patients among a large sample of major depressives. Only bipolars were included in
  • PMID 25973784
  • Long-term expression of metabolism-associated genes in the rat hippocampus following recurrent neonatal seizures and its regulation by melatonin.
  • Ni H1, Sun Q1, Tian T1, Feng X1, Sun BL2.
  • Molecular medicine reports.Mol Med Rep.2015 Aug;12(2):2727-34. doi: 10.3892/mmr.2015.3691. Epub 2015 Apr 28.
  • Despite the effective use of antiepileptic drugs (AEDs) for epilepsy, therapeutic failure occurs in 30% of patients. Novel approaches are targeting the inhibition of epileptogenesis. N‑acetyl‑5‑methoxytryptamine (melatonin) is an indoleamine produced mainly by the pineal gland, and has been ob
  • PMID 25937089

和文文献

  • 難治性てんかんに対するラモトリギンの有効性の検討-小児例と成人例との比較-
  • 今井 薫,大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E3), E656-E662, 2013-07-31
  • 我々は、3剤以上の抗てんかん薬にても発作が抑制されなかった小児(15歳以下)難治性てんかん症例(15歳以下)におけるラモトリギン併用療法の有効性を、成人例(16歳以上)と比較して、後ろ向き研究を行った。,2008年12月から2009年9月までに当院で治療した 小児58例(男:女=32:26)と成人33例(男:女=14:19)を対象とした。,有効率(50%以上発作が減少)は、小児例50%、成人例27 …
  • NAID 110009604923
  • Impact of P-glycoprotein and breast cancer resistance protein on the brain distribution of antiepileptic drugs in knockout mouse models.
  • Nakanishi Haruka,Yonezawa Atsushi,Matsubara Kazuo,Yano Ikuko
  • European journal of pharmacology 710(1-3), 20-28, 2013-06-15
  • … In this study, we examined the contribution of Pgp and Bcrp to the brain distribution of 12 antiepileptic drugs (AEDs) in Mdr1a/1b(-/-) and Mdr1a/1b(-/-)/Bcrp(-/-) mice within a therapeutic concentration range. …
  • NAID 120005289852
  • ケトン食療法長期継続中のDravet症候群の検討
  • 坂内 優子,小国 弘量,小国 美也子,伊藤 康,大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E58-E64, 2013-01-31
  • 【目的】ケトン食療法を長期維持できている症例を検討し、効果や問題点などを明らかにする。,【方法】当科通院加療中のDravet症候群のうち、1年以上ケトン食療法を継続中の患児についてケトン食治療の実際、治療効果、副作用などについて調査した。,【対象】男児2例、女児2例、調査時年齢5歳0ヶ月〜11歳10ヶ月であった。てんかん発症月齢0歳3ヶ月〜0歳7ヶ月。臨床病型は典型的Dravet症候群 3例、ミオ …
  • NAID 110009559426

関連リンク

Modern treatment of seizures started in 1850 with the introduction of bromides, which was based on the theory that epilepsy was caused by an excessive sex drive. In 1910, phenobarbital (PHB), which then was used to ...
Anti-epileptic drugs (AEDs) are the main form of treatment for people with epilepsy. And up to 70% (7 in 10) people with epilepsy could have their seizures completely controlled with AEDs. There are around 26 AEDs used to treat ...

関連画像

Newer antiepileptic drugsOpinions on antiepilepticAntiepileptic drugs. - ppt video online downloadPharmacology of Antiepileptic DrugsTopiramateAnticonvulsants (antiepileptic drugs) - YouTube


★リンクテーブル★
リンク元抗てんかん薬」「抗てんかん
拡張検索antiepileptic agent

抗てんかん薬」

  [★]

antiepileptic drug, antiepileptic antiepileptics
てんかん薬理学

抗てんかん薬

薬物 大発作 小発作 皮質焦点発作 精神運動発作 ミクローヌス発作 異型小発作 てんかん重積 二次的全般発作 副作用 作用機序
バルビツール酸 フェノバルビタール             眠気、呼吸抑制、ポルフィリン尿症 GABAA受容体に作用
プリミドン × ×        
ヒダントイン フェニトイン ×           小脳症状(萎縮)、肝障害、骨髄抑制、
心室細動、歯肉増殖フェニトイン中毒
不活性化状態のNaチャネルに結合
エトトイン            
オキサゾリジン トリメタジオン   *1             催奇形性(最強) シナプス前・後部に作用し伝達物質放出と
伝達物質への感受性に影響
サクシニミド エトスクシミド                 Cl-チャネルを開口させることによって、
GABA神経機能を亢進
フェニル尿素 アセチルフェネトライド       *2            
イミノスチルベン カルバマゼピン             小脳症状、発疹、骨髄抑制、肝障害 Naチャネルをブロックする
ベンズイソキサゾール ゾニサミド         体重減少、眠気、腎尿管結石 T型のCa2+電流を抑制、
電位依存性のNa+チャネルの不活性化の状態を延長
炭酸脱水素酵素阻害薬 アセタゾラミド             炭酸脱水素酵素阻害
ベンゾジアゼピン ジアゼパム           *3   呼吸抑制、眠気 GABAA受容体に作用
クロナゼパム             眠気、めまい、小脳症状
GABA分解酵素阻害薬 バルプロ酸 *4 悪心・嘔吐、肝障害、
高アンモニア症、毛髪の変化、催奇形性
GABA分解酵素阻害
*1 第一選択薬ではない
*2 他薬が無効な精神運動発作のみに使用
*3 てんかん重積の第一選択薬
*4 第一選択薬

新規の抗てんかん薬

抗てんかん薬の選択

  • 部分発作:カルバマゼピン、バルプロ酸
  • 全般発作:バルプロ酸フェニトイン
  • ミオクローヌス発作:クロナゼパム



抗てんかん」

  [★]

antiepileptic
抗てんかん薬


antiepileptic agent」

  [★]

anticonvulsant druganticonvulsantsantiepilepticantiepileptic drugantiepileptics




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14Frequency of Manual Blowdown mail7
15brom+tech+心臓6
16+白衣を着る理由 看護師 原著6
17セリンプロテイナーゼ6
18プロステーシス+整形外科6
19体幹ギプス固定 画像6
20十二指腸係蹄とは5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1先天性肛門狭窄2
2Suen Zhang suenzhang@gmail.com mail2
3Peliosis+hepatitis+肝臓紫斑病2
4ジャテーン手術2
5皮髄境界不明瞭2
6ピーエヌツイン+ 配合変化++2
7無鉤条虫+頭部2
8ナボット卵2
9CATTLE BLEEDING LINE mail2
10CATTLE SKIN DEHIDER mail2
11線維腫症+fibromatosis2
12施行規則+学校教育法2
13部分交換輸血とは2
14wannsinnkeisou+2
15閉鎖へるにあ2
16肝細胞逸脱酵素2
17cheese cutter machine manufactures Co. ltd@email address mail2
18ボルグスケール+看護1
19ムコイド 肺炎球菌 中耳炎1
20グルカゴン負荷1