Streptococcus agalactiae

出典: meddic

Streptococcus agalactiae
ストレプトコッカス・アガラクティエ
B群連鎖球菌 Streptococcus group Bストレプトコッカス属細菌




  • 下部により溶血性、莢膜型が異なる。
  • 直腸および腟の常在菌。新生児期および産褥期の母子感染
  • 出産後12-20日後に発症。新生児感染により敗血症肺炎髄膜炎


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/06 11:04:29」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Multiple-locus variant-repeat assay (MLVA) is a useful tool for molecular epidemiologic analysis of Streptococcus agalactiae strains causing bovine mastitis.
  • Radtke A, Bruheim T, Afset JE, Bergh K.SourceNorwegian University of Science and Technology, Department of Laboratory Medicine, Children's and Women's Health, Trondheim, Norway; St. Olavs University Hospital, Department of Medical Microbiology, Trondheim, Norway.
  • Veterinary microbiology.Vet Microbiol.2012 Jun 15;157(3-4):398-404. Epub 2012 Jan 8.
  • Group B streptococci (GBS) were considered a major cause of mastitis in cattle until preventive measures succeeded in controlling the disease in the 1970s and 1980s. During the last 5-6years an increasing number of cases have been observed in some Scandinavian countries. A total of 187 GBS isolates
  • PMID 22266162
  • Discordant Streptococcus agalactiae (Group B streptococcus) gestational infection in monochorionic/diamniotic and dichorionic/diamniotic twins.
  • Pimentel JD, Szymanski LJ, Samuel LP, Meier FA.SourceDepartment of Pathology and Laboratory Medicine, Henry Ford Hospital, Detroit, Michigan 48202, USA. jasondpimentel@live.com
  • Fetal and pediatric pathology.Fetal Pediatr Pathol.2012 Jun;31(3):176-83. Epub 2012 Mar 13.
  • Infection due to Streptococcus agalactiae or Group B streptococcus may be acquired during parturition or gestation. Discordant twin gestational Group B streptococcus infections are rarely reported. We describe two cases of fatal discordant gestational Group B streptococcus infection in both a monoch
  • PMID 22414062
  • L-Ficolin and Capsular Polysaccharide-Specific IgG in Cord Serum Contribute Synergistically to Opsonophagocytic Killing of Serotype III and V Group B Streptococci.
  • Fujieda M, Aoyagi Y, Matsubara K, Takeuchi Y, Fujimaki W, Matsushita M, Bohnsack JF, Takahashi S.SourceDivisions of Microbiology.
  • Infection and immunity.Infect Immun.2012 Jun;80(6):2053-60. Epub 2012 Mar 26.
  • Group B streptococci (GBS; Streptococcus agalactiae) are the most common cause of neonatal sepsis and meningitis. Serotype-specific IgG antibody is known to protect neonates against GBS infections by promoting opsonophagocytosis. The L-ficolin-mediated lectin pathway of the complement is also a pote
  • PMID 22451515

和文文献

  • 弁輪部高度破壊を伴った僧帽弁位人工弁感染の1手術例
  • 西木 慎太朗,郷田 素彦,合田 真海,鈴木 伸一,磯松 幸尚,李 相憲,沖山 信,岩城 秀行,井元 清隆,益田 宗孝
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 44(1), 16-20, 2015
  • 症例は79歳女性.16年前に感染性心内膜炎のため機械弁(Björk-Shiley弁)による僧帽弁置換術が施行された.2013年3月,40°Cの発熱を認め,前医で人工弁感染と診断された.僧帽弁人工弁周囲逆流による高度心不全のため人工呼吸管理となり,当院に転院搬送された.来院時,WBC 15,700/µl,CRP 7.29 mg/dlと炎症反応の上昇を認めた.また,Hb 8.1 g/dlの貧血,Plt …
  • NAID 130004887243
  • Comparative Analysis of Penicillin-Susceptible and Non-Susceptible Isolates in Group B Streptococci by Multilocus Sequence Typing
  • , , , , , , , , ,
  • Japanese Journal of Infectious Diseases advpub(0), 2015
  • … Since Group B Streptococcus (GBS, Streptococcus agalactiae) clinical isolates were believed to be uniformly susceptible to β-lactams, penicillin G has been the first-line agent for the prevention and treatment of GBS infections. …
  • NAID 130004757178
  • Streptococcus agalactiaeによる化膿性関節炎3例の検討
  • 水谷 哲,寺地 つね子
  • 日本骨・関節感染症学会雑誌 28, 61-67, 2014
  • NAID 40020387968
  • 血液培養由来β溶血性レンサ球菌検出率と感受性の年次推移
  • 伊藤 愛美,野村 秀和,森本 瞳,鎌倉 明美,棚村 一彦,赤津 義文,大塚 喜人
  • 医学検査 63(2), 236-240, 2014
  • … 2007・2009・2011年度の3ヶ年に5施設の血液培養から検出されたβ溶血性レンサ球菌216株を対象に,Streptococcus pyogenes(Group A Streptococcus:GAS),Streptococcus agalactiae(Group B Streptococcus:GBS)およびGAS・GBS以外のβ溶血性レンサ球菌(non-AB)の3つの菌グループに区分し,検出率と抗菌薬感受性の推移を調査した.検出率に大きな変動は無かったが,S. …
  • NAID 130005057057

関連リンク

Streptococcus agalactiae treatment and symptoms ... Streptococcus agalactiae infection Streptococcus agalactiae morphology culture and cell structure Streptococcus agalactiae belongs to serological group B streptococcal (GBS ...
Streptococcus agalactiae ストレプトコッカス・アガラクティアエ 系統 抗菌薬 感受性 標準菌株 標準菌のMIC 臨床分離菌のMIC80 臨床分離菌のMIC60 備考 ペニシリン系 Amoxicillin 0.03 0.03 ペニシリン系 Aspoxicillin 0.2 0.1 0.06 ...
The CAMP test is an important test for identification. GBS (group B Streptococcus species) are screened through this test. It is characterized by the presence of group B Lancefield antigen and by its ability to hydrolyze sodium ...

関連画像

File: Streptococcus agalactiae relacionadas con Streptococcus agalactiaeStreptococcus agalactiae sensitivity photostreptococcus agalactiaeFile:Streptococcus agalactiae.jpgStreptococcus agalactiaeStreptococcus agalactiae


★リンクテーブル★
先読み細菌
リンク元髄膜炎」「連鎖球菌属」「周産期感染症」「バシトラシン」「B群連鎖球菌
拡張検索Streptococcus agalactiae感染症」「Streptococcus agalactiae infection
関連記事streptococcus」「agalactia」「agalactiae

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  



髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試




連鎖球菌属」

  [★]

Streptococcus
ストレプトコッカス属Streptococcusストレプトコッカス連鎖球菌

概念

  • 増殖に際して二連、レンサ上に配列する球形、卵円系のグラム陽性球菌の総称 (SMB.243)
  • 連鎖球菌は属名なので、連鎖球菌属(Streptococcus属)
  • グラム陽性球菌
  • 通性嫌気性菌:糖を発酵分解、乳酸を産生。
  • カタラーゼ非産生 ← ブドウ球菌属との判別に利用

分類

溶血の性状による分類

  • ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類
  • α溶血性:不完全溶血。緑色不透明環
  • γ溶血性:非溶血性

β溶血性連鎖球菌の分類(ランスフィールドの群別, SMB.244)

細胞壁の構成成分である多糖抗原の違いにより分類



周産期感染症」

  [★]

perinatal infection
母子感染垂直感染
  • (SMB.609)
  • 子宮内感染
TORCH症候群
  • 産道感染
  • 経母乳感染


バシトラシン」

  [★]

bacitracin
バラマイシン
連鎖球菌
  • グラム陽性菌に有効な抗菌物質の一つ
  • 細胞膜に作用する
  • Bacillus subtilis Tracyより分離されたポリペプチド抗生物質
  • 腎毒性が強く、腸から吸収されずに局所で作用するのでトローチ剤として使われている
  • β溶血性を示すβ溶血性連鎖球菌の中でA群連鎖球菌はバシトラシンに対して強い感受性を示す→A群β溶血性連鎖球菌の同定試験に用いられる(バシトラシン試験)



B群連鎖球菌」

  [★]

group B streptococcus GBS, Streptococcus agalactial
B群溶連菌B群溶血性レンサ球菌
連鎖球菌属 ストレプトコッカス属A群連鎖球菌


感染症

  • 髄膜炎
  • 以前は新生児における髄膜炎の起炎菌として主なものであったが、最近は50歳以上の基礎疾患を持つ患者において髄膜炎の起炎菌として見いだされる(HIM.2622)

B群連鎖球菌

  • Streptococcus agalactiae


Streptococcus agalactiae感染症」

  [★]

Streptococcus agalactiae infection
Streptococcus agalactiae


Streptococcus agalactiae infection」

  [★] Streptococcus agalactiae感染症

streptococcus」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「連鎖球菌」

WordNet   license wordnet

「spherical Gram-positive bacteria occurring in pairs or chains; cause e.g. scarlet fever and tonsillitis」
streptococci, strep


agalactia」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a condition in which milk is not secreted in the mother''s breasts after her child has been delivered」
agalactosis


agalactiae」

  [★] Streptococcus agalactiae




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡