ST部分

出典: meddic

ST ST segment ST-segment、ST間部、ST分節
ST上昇ST低下
[show details]


  • QRS波の終わり~T波の始まりまで
  • QRS波とT波*の間にはさまれた部分


STの異常

  • ventricular repolartization is very sensitive to myocardial perfusion -> change in ST segment and T wave (PHD.104)

ST上昇

  • 急性心筋梗塞、異型狭心症、急性心膜炎、心室瘤

ST低下

  • 労作性狭心症、低カリウム血症、心内膜下梗塞


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マイクロミニピッグにおいて観察された低体温によるJ波
  • 安東 賢太郎,小原 浩,中村 裕二 [他],曹 新,中瀬古(泉) 寛子,杉山 篤
  • 動物の循環器 48(1), 9-13, 2015
  • … マイクロミニピッグにおいて,吸入麻酔からの回復中に心電図ST部分にノッチ状の波形を観察した。 …
  • NAID 130005096716
  • 心室細動による2回の心肺停止も心肺蘇生術により完全社会復帰し得た治療抵抗性冠攣縮性狭心症の1例
  • 坪井 宏樹,伊藤 一貴,井出 雄一郎,長尾 強志
  • 心臓 44(3), 361-365, 2012
  • … 心電図でST部分の上昇と心室頻拍を認めたが, 冠動脈造影では狭窄病変はなく冠攣縮性狭心症と診断された. … 救急車内のAEDで洞調律に回復したが, 当院搬入時の心電図ではII, III, aVF, V6誘導でST部分が上昇していた. …
  • NAID 130004730743
  • 発症後1年間, 心臓MRIを用いて経過観察し得たたこつぼ心筋障害の1例
  • 渡邉 健,安田 修,松田 健一,高本 淳
  • 心臓 44(4), 470-474, 2012
  • … 心電図ではV1~6誘導でST部分の上昇, 血液生化学検査で心筋逸脱酵素値の軽度上昇, さらに, 心臓超音波検査では心尖部側の全周性の心無収縮が認められたため, 急性心筋梗塞の疑いで入院となった. …
  • NAID 130004562529
  • 壁在血栓を伴う冠動脈拡張症が原因で急性心筋梗塞を発症した1例
  • 鳥羽 敬義,森本 淳詞,横山 芳,立石 恵実,梅田 全伸,山本 和央,中川 陽子,福原 慎也,高瀬 栄司
  • 心臓 42(2), 214-220, 2010
  • … 心電図ではII, III, aVF誘導でST部分の上昇を認めたため急性心筋梗塞と診断し, 緊急冠動脈造影検査を施行したが, 冠動脈には著明な拡張性病変を認め, 右冠動脈segment 3での完全閉塞を認めた. …
  • NAID 130002147322

関連リンク

ST部分は小さな下向きのS波が水平に変わる部分を指します。ST部分は水平な基線と 同じレベルにあるのが正常です。ST部分が ... 動脈硬化が原因で起こる労作性狭心症 の発作時にはSTが著しく下がり、発作が治まるともとの基線に戻ります。心筋虚血や狭 ...
心電図では、労作性狭心症はST部分の水平降下、安静時狭心症ではST上昇が起こり ます。発作が治まるとST部分は基線に戻るのも特徴です。正常でも心拍数が増えると ST部分が降下します。この場合は水平な降下ではなく、右上がりの降下なので区別は ...

関連画像

2013款 福特 福克斯ST 2.0T 橙色版欧亚商都ST.JOHN2013年部分春夏 ファー部分UPSIENA ST その他共用部分ST-7900の内側。人によっては 国宇 ST-760st&sat星期六部分货品5-7.5折 起源


★リンクテーブル★
先読みST低下」「ST上昇
拡張検索ST部分上昇型心筋梗塞
関連記事部分」「ST」「S

ST低下」

  [★]

ST segment depression
ST下降、ST部分下降
STST上昇


病態

  • QRS幅正常
  • 高いR
  • QRS幅延長
  • 二次的ST低下
  • 未分類
  • ST上昇の鏡像

形態による分類

(心電図の読み方パーフェクトマニュアル p.219,239)

  • 下降型傾斜型(down-sloping type)
  • 水平型(horizontal type)
  • 緩徐上行型(slowly upsloping type)

図:LAB.1520

  • 1. junctional depression
  • 2. slow-rising depression
  • 3. horizontal depression
  • Master2段階試験のdouble test判定基準では、以下のST低下で陽性としている。
  • 0.5mm異常のischemic depression(1., 2.)
  • 3.でQX/QT 50% (つまり低下部分の方が長い) または QT比が1.08以上
  • トレッドミル検査では1mm以上の虚血性ST変化の出現(1.または2.)でendpointとしている。

注意

  • ST低下は心筋の虚血を表す場合があるが、この場合虚血が起こっている場所を同定できない。


ST上昇」

  [★]

ST segment elevation
ST segment

原因

EAB.44
  • 全誘導で上昇
  • 一部の誘導で上昇
  • QRSが広い
  • 健常者のST上昇
ECGP.188

疾患とST上昇

心筋梗塞


ST部分上昇型心筋梗塞」

  [★]

ST-segment elevation myocardial infarction

部分」

  [★]

partportionregionmoietypiecedivisionpartial
一部区域区画成分断片地域パート部分的部門分割分裂役割領域小片


ST」

  [★]



S」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 19th letter of the Roman alphabet」
s

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「sulfurの化学記号 / {略}South[ern]」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡