PRSP

出典: meddic



-ペニシリン耐性肺炎球菌
PRSP

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/22 21:46:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • Antimicrobial resistance trends among 5608 clinical Gram-positive isolates in China: results from the Gram-Positive Cocci Resistance Surveillance program (2005-2010).
  • Zhao C, Sun H, Wang H, Liu Y, Hu B, Yu Y, Sun Z, Chu Y, Cao B, Liao K, Lei J, Hu Z, Zhang L, Zhang X, Xu Y, Wang Z, Chen M.SourceDepartment of Clinical Laboratory, Peking University People's Hospital, Beijing 100044, China.
  • Diagnostic microbiology and infectious disease.Diagn Microbiol Infect Dis.2012 Jun;73(2):174-81. Epub 2012 Apr 21.
  • A total of 5608 clinical isolates of Gram-positive bacteria were collected from 12 teaching hospitals across China from 2005 to 2010. The minimum inhibitory concentrations (MICs) of 19 antimicrobial agents were determined by the agar dilution method at the central laboratory. Overall, the prevalence
  • PMID 22521693
  • In vivo antibacterial activity of chinfloxacin, a new fluoroquinolone antibiotic.
  • Li GQ, Bai XG, Li CR, Yang XY, Hu XX, Yuan M, Zhang WX, Lou RH, Guo HY, Jiang JD, You XF.SourceInstitute of Medicinal Biotechnology, Chinese Academy of Medical Sciences and Peking Union Medical College, Beijing 100050, China.
  • The Journal of antimicrobial chemotherapy.J Antimicrob Chemother.2012 Apr;67(4):955-61. Epub 2011 Dec 29.
  • OBJECTIVES: To evaluate the in vivo antibacterial efficacy of chinfloxacin, a novel fluoroquinolone, in murine systemic and local infection models.METHODS: The efficacy of chinfloxacin in systemic infection was evaluated in a mouse peritonitis model using isolates of methicillin-susceptible Staphylo
  • PMID 22210757

和文文献

  • 社会小児科学 小児呼吸器感染症における肺炎球菌ワクチンの効果と抗菌薬耐性肺炎球菌の問題
  • 石本 和久,津村 直幹
  • 小児科 55(13), 1985-1991, 2014-12
  • NAID 40020301678
  • 病気について知りたい! 臨床講座(72)市中肺炎
  • 杣 知行,金澤 實
  • Pharma tribune : なりたい薬剤師になる! 6(12), 25-32, 2014-12
  • NAID 40020298129
  • 2歳未満の急性中耳炎の病態とトスフロキサシンの有効性
  • 山中 昇,杉田 麟也,宇野 芳史,松原 茂規,林 泰弘,澤田 正一
  • 耳鼻咽喉科臨床 106(7), 659-667, 2013-07-01
  • NAID 10031182280

関連リンク

病原体 肺炎球菌は、健常者であっても口腔や鼻腔などに、多少の差は見られるものの必ず存在する弱毒性の常在細菌である。PRSPは、ペニシリンに耐性を獲得してはいるものの、病原性や増殖能力などの生物学的な特徴はペニシリン ...
1. ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)とは PRSP とは、Penicillin-resistant Streptococcus pneumoniae(ペニシリン耐性肺炎球 菌)の略称です。肺炎球菌は健常人の鼻咽頭に常在しますが、一方では化膿性髄膜炎や 重症肺炎など全身 ...

関連画像

OPR172209-PRSP-01 /レスポール Gibson PRSP-010OPR172209-PRSP-01Prsp Free vector 40.70KBPRSP 2014 Anvil Awards competition opensOPR172209-PRSP-01


★リンクテーブル★
リンク元髄膜炎」「ペニシリンG」「Penicillin-G resistant Streptococcus pneumoniae
関連記事PR

髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試




ペニシリンG」

  [★]

penicillin G, PCG
ベンジルペニシリン benzylpenicillin
注射用ペニシリンGカリウム
ペニシリンG肺炎球菌


特徴

構造

肺炎球菌

  PCGMIC値(μg/ml)
ペニシリン感受性肺炎球菌 PSSP ≦0.06
ペニシリン中等度耐性肺炎球菌 PISP 0.12-1.0
ペニシリン耐性肺炎球菌 PRSP ≧2.0


Penicillin-G resistant Streptococcus pneumoniae」

  [★]

PRSP
PRSP


PR」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「public relations」


"http://meddic.jp/PRSP" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3