PGI2

出典: meddic

プロスタグランジンI2

prostaglandin I2

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/11 11:18:07」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Urotensin II exerts antiapoptotic effect on NRK-52E cells through prostacyclin-mediated peroxisome proliferator-activated receptor alpha and Akt activation.
  • Hsu YH, Chen TH, Chen YC, Cheng CY, Sue YM, Chen JR, Chen CH.SourceDivision of Nephrology, Department of Internal Medicine, Shuang Ho Hospital, Taipei Medical University, New Taipei City, Taiwan.
  • Molecular and cellular endocrinology.Mol Cell Endocrinol.2013 Dec 5;381(1-2):168-74. doi: 10.1016/j.mce.2013.07.028. Epub 2013 Aug 6.
  • Urotensin II (UII) is a cyclic vasoactive peptide which is mainly expressed in kidneys. Although elevated plasma UII levels are associated with renal impairment, the influence of UII on renal injury is unclear. In this study, we monitored the influence of UII on gentamicin-induced apoptosis in rat t
  • PMID 23933501
  • Geometry of the randomized evidence for treatments of pulmonary hypertension.
  • Tonelli AR, Zein J, Ioannidis JP.SourceDepartment of Pulmonary, Allergy, and Critical Care Medicine, Respiratory Institute, Cleveland, OH, USA.
  • Cardiovascular therapeutics.Cardiovasc Ther.2013 Dec;31(6):e138-46. doi: 10.1111/1755-5922.12050.
  • OBJECTIVE: We studied the entire agenda of randomized clinical trials in pulmonary hypertension (PH) using sociological methods. We explored the geometry of the PH network to interpret the evidence on multiple competing treatments for the same indication.DESIGN: We searched MEDLINE, Embase and Cochr
  • PMID 24112824
  • Parenteral and inhaled prostanoid therapy in the treatment of pulmonary arterial hypertension.
  • McLaughlin VV, Palevsky HI.SourcePulmonary Hypertension Program, Cardiovascular Center, University of Michigan Hospital and Health Systems, 1500 East Medical Center Drive, Room 2392, Ann Arbor, MI 48109-5853, USA.
  • Clinics in chest medicine.Clin Chest Med.2013 Dec;34(4):825-40. doi: 10.1016/j.ccm.2013.09.003. Epub 2013 Oct 18.
  • Since continuous IV epoprostenol was approved in the U.S., parenteral prostanoid therapy has remained the gold standard for the treatment of patients with advanced pulmonary arterial hypertension (PAH). Prostanoid agents can be administered as continuous intravenous infusions, as continuous subcutan
  • PMID 24267307

和文文献

  • New Molecular Mechanisms for Cardiovascular Disease:Contribution of Endothelium-Derived Hyperpolarizing Factor in the Regulation of Vasoconstriction in Peripheral Resistance Arteries
  • Jin Xin,Satoh-Otonashi Yukiko,Zamami Yoshito,Takatori Shingo,Hashikawa-Hobara Narumi,Kitamura Yoshihisa,Kawasaki Hiromu
  • Journal of Pharmacological Sciences 116(4), 332-336, 2011
  • … Endothelium regulates vascular tone via release of endothelium-derived relaxing factors (EDRF) including nitric oxide (NO), prostaglandin I2 (PGI2), and endothelium-derived hyperpolarizing factor (EDHF). …
  • NAID 130001014465
  • P3-6 TX合成酵素阻害作用を併せ持つPGI2アゴニストのダニ誘発マウス喘息モデルにおける喘息抑制効果の検討(P3 動物モデル,ポスター,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 木村 陽介,小屋 俊之,星野 芳史,河上 英則,古川 俊貴,長谷川 隆志,酒井 芳紀,鈴木 栄一,成田 一衛
  • アレルギー 59(9・10), 1430, 2010-10-30
  • NAID 110008084170

関連リンク

血液凝固検査入門(インデックスページ) ← クリック! 血液凝固検査入門シリーズの全記事へリンクしています。 血管内皮からは、PGI2(プロスタサイクリン)が産生されます。 PGI2は、血小板機能抑制作用および血管拡張作用を ...
プロスタサイクリンは,アラキドン酸カスケードの 代謝系で合成されるプロスタグランジン(prostaglan-din:PG)の1つで,PGI2ともよばれる. そもそもプロスタグランジンとは,生理活性物質の 一種であり,アラキドン酸から生合成 ...

関連画像

Receptors, Epoprostenol; PGI2 Receptor acid into PGI2 in endothelial cells. PGI2 Prostacyclin signaling in the kidney EDHF を介した反応と糖尿病時 Frontiers in Bioscience 14, 689-698 Prostacyclin (PGI2).


★リンクテーブル★
先読みプロスタグランジンI2
リンク元全身性強皮症」「エポプロステノール
拡張検索PGI2 receptor」「PGI2受容体」「PGI2レセプター
関連記事PG」「PGI

プロスタグランジンI2」

  [★]

prostaglandin I2PGI2
プロスタサイクリンprostacyclin
PGH2TXA2NSAIDs


代謝

プロスタグランジンH2-(PGI synthase)→プロスタグランジンI2

生理作用

  • 血管拡張 (SPC.108)
  • 血小板凝集抑制 (SPC.108)
  • 血小板凝集抑制作用 (SPC.285)
PGI2:PGD2:PGE1=40:4:1
PGI1とPGE1はIP受容体、PGD2はDP受容体に結合→AC↑→[cAMP]i↑→血小板凝集抑制

炎症

  • 炎症を発展する方向に作用 → 血漿滲出増強



全身性強皮症」

  [★]

systemic sclerosis, systemic scleroderma, SSc
汎発性強皮症 diffuse sclerosis、進行性全身性硬化症 progressive systemic sclerosis PSS全身性硬化症
強皮症膠原病
  • 難病

概念

  • 皮膚硬化を特徴とする強皮症のうち、皮膚のみでなく全身の諸臓器(肺、消化管、心、腎、関節など)に病変がみられるもの。

病因

  • 遺伝
  • 環境因子
  • 珪肺症患者:リスク110倍
  • 美容などの豊胸手術後に発症:シリコンがアジュバンドとして作用
  • 塩化ビニル工場従事者に多い
  • 薬剤(ブレオマイシン、トリプトファン)
  • マイクロキメリズム(胎児由来血液幹細胞が母胎に移行)

疫学

  • 30-50歳に好発。男女比は1:3-4。(NDE.171)

病型

  • limited cuteneous SSc, diffuse cuteneous SSc

limited cuteneous SSc

  • 皮膚硬化は肘から末梢に限局
  • 内臓病変:軽度
  • 予後:良好
  • 自己抗体:抗セントロメア抗体

CREST症候群

  • 全身性強皮症の一亜型
C:carcinosis:石灰沈着
R:Raynaud's phenomenon:レイノー現象
E:esophageal dysfunction:食道機能不全
S:sclerodacrylia:強指症
T:teleangiectasia:毛細血管拡張

dissuse cuteneous SSc

  • 皮膚硬化は肘から近位
  • 内臓病変:急速に進行
  • 予後:不良
  • 自己抗体:抗Scl-70抗体

症状

  • 初発症状:レイノー現象、指、手の硬化
  • 関節炎、食道蠕動運動低下、下部食道の拡張、肺線維症(55%)、肺高血圧(5%)、心症状(不整脈、伝導障害)(10-20%)、心膜炎(3%)、吸収不良症候群、強皮腎(悪性高血圧症。5%)、橋本甲状腺炎
  • 強皮腎:血管内皮細胞の障害→血管内膜の肥厚、内腔の狭窄→血管の攣縮・虚血→輸入動脈、糸球体係蹄の壊死→レニン産生の亢進→悪性高血圧→急性腎不全

症状の出現頻度

100%:皮膚硬化、レイノー現象
60%:食道機能障害、肺線維症
20%:小腸、大腸、ミオパチー
10%:心肥大
5%:肺高血圧、強皮腎
病態 レイノー現象 抗核抗体 リウマトイド因子 抗好中球細胞質抗体 皮疹 皮下結節 関節炎 筋炎 漿膜炎 自己抗体
                  Scl-70  
 
病理 壊死性血管炎 糸球体腎炎 間質性肺炎 心炎 唾液腺炎 オニオンスキン病変 ワイヤーループ病変 ヘマトキシリン体 LE細胞  
                 

検査

診断

(1) 大基準
 手指あるいは足趾を越える皮膚硬化※1
(2) 小基準
 ① 手指あるいは足趾に限局する皮膚硬化
 ② 手指尖端の陥凹性瘢痕,あるいは指腹の萎縮※2
 ③ 両側性肺基底部の線維症
 ④ 抗トポイソメラーゼⅠ(Scl-70)抗体または抗セントロメア抗体陽性
(3) 除外基準
 ① ※1 限局性強皮症(いわゆるモルフィア)を除外する
 ② ※2 手指の循環障害によるもので,外傷などによるものを除く
(4) 診断の判定
 大基準を満たすものを強皮症と診断する。
 大基準を満たさない場合は,小基準の①かつ②~④のうち1項目以上を満たすものを強皮症と判断する

治療

  • 進行性腎不全に陥り予後は重大であるが、早期のACE阻害薬による治療が予後を改善させた(REU.195)

予後

  • 5年生存率 :93.7%
  • 10年生存率 :76.6%

予後因子

  • 全身の皮膚硬化
  • 腎病変
  • 心、血管病変
  • 抗Scl-70抗体 ←予後不良
  • 抗セントロメア抗体 ←予後良好



エポプロステノール」

  [★]

epoprostenol
エポプロステノールナトリウム epoprostenol sodium
フローラン
プロスタサイクリン prostacyclinプロスタグランジンI2 prostaglandin I2 PGI2
肺高血圧



PGI2 receptor」

  [★]

epoprostenol receptorprostacyclin receptorprostaglandin I2 receptor


PGI2受容体」

  [★]

PGI2 receptor
プロスタグランジンI2受容体プロスタグランジンI2レセプターPGI2レセプター

PGI2レセプター」

  [★]

PGI2 receptor
プロスタグランジンI2受容体プロスタグランジンI2レセプターPGI2受容体


PG」

  [★]

プロスタグランジン

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「parental guidance(映画の観客指定で)親の認可[映画]」

PGI」

  [★]

glucose-6-phosphate isomerase
グルコース-6-リン酸イソメラーゼ


"http://meddic.jp/PGI2" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡