MAC

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/21 16:19:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Conjunctival microbial florae in patients with seriously sulfur mustard induced eye injuries.
  • Ghasemi H, Owlia P, Ghazanfari T, Yaraee R, Saderi H, Soroush MR, Naghizadeh MM.SourceDepartment of Ophthalmology, Shahed University , Tehran , Iran.
  • Cutaneous and ocular toxicology.Cutan Ocul Toxicol.2013 Mar;32(1):13-7. doi: 10.3109/15569527.2012.692136. Epub 2012 Jun 6.
  • Introduction: Ocular surface disorders and infections in sulfur mustard (SM) exposed patients are of particular clinical importance. The aim of the present study is to detect the conjunctival bacterial florae in patients with seriously SM induced eye injuries. Materials and methods: Conjunctival b
  • PMID 22668347
  • Identification of potential biomarkers to distinguish Mycobacterium colombiense from other mycobacterial species.
  • Leguizamón J, Hernández J, Murcia MI, Soto CY.SourceChemistry Department, Faculty of Sciences, Universidad Nacional de Colombia, Carrera 30 # 45-03, Ciudad Universitaria, Bogotá, Colombia.
  • Molecular and cellular probes.Mol Cell Probes.2013 Feb;27(1):46-52. doi: 10.1016/j.mcp.2012.08.009. Epub 2012 Aug 29.
  • Mycobacterium avium complex (MAC) consists of 9 species of slow-growing mycobacteria with differing degrees of pathogenicity, host preference and environmental distribution. Mycobacterium colombiense is a novel member of MAC that is responsible for disseminated infections in HIV-infected patients in
  • PMID 22967705
  • Template synthesis and spectral studies on mononuclear complexes of chromium(III) and manganese(II) with tetradentate N(4) donor macrocycles.
  • Kumar R, Masih I, Fahmi N.SourceDepartment of Chemistry, University of Rajasthan, Jaipur 302 004, India.
  • Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy.Spectrochim Acta A Mol Biomol Spectrosc.2013 Jan 15;101:100-6. doi: 10.1016/j.saa.2012.09.029. Epub 2012 Sep 28.
  • The present article deals with the synthesis, spectral characterization and antimicrobial activity of a series of new complexes of chromium(III) and manganese(II)of general formula [Cr(Mac(n))Cl(2)]·Cl and [Mn(Mac(n))Cl(2)] respectively. These complexes were prepared via template reaction by mixing
  • PMID 23099166

和文文献

  • 重畳符号化を用いた無線通信における転送量に基づく電力割当方式の設計と評価
  • 青木勇太 ,猿渡俊介 ,渡辺尚
  • 情報処理学会研究報告. ITS, [高度交通システム] 2012-ITS-51(22), 1-8, 2012-11-08
  • … 信できる重畳符号化に着目し,重畳符号化を想定した無線通信メディアアクセス制御プロトコル TSPC-MAC (Traffic-aware Superposition Coding Media Access Control) を提案する.本稿では,一方の端末に対するデータをファーストレイヤ,もう一方の端末に対するデータをセカンドレイヤと呼ぶ.重畳符号化を用いた TSPC-MAC では, L2 バッファのデータ量に基づいてファーストレイヤとセカンドレイヤに電力を割り当てる.さ …
  • NAID 110009486434
  • 重畳符号化を用いた無線通信における転送量に基づく電力割当方式の設計と評価
  • 青木勇太 ,猿渡俊介 ,渡辺尚
  • 情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告] 2012-MBL-64(22), 1-8, 2012-11-08
  • … 信できる重畳符号化に着目し,重畳符号化を想定した無線通信メディアアクセス制御プロトコル TSPC-MAC (Traffic-aware Superposition Coding Media Access Control) を提案する.本稿では,一方の端末に対するデータをファーストレイヤ,もう一方の端末に対するデータをセカンドレイヤと呼ぶ.重畳符号化を用いた TSPC-MAC では, L2 バッファのデータ量に基づいてファーストレイヤとセカンドレイヤに電力を割り当てる.さ …
  • NAID 110009486396
  • シリーズ感染症 : ガイドラインから見た診断と治療のポイント(7)抗酸菌感染症
  • 石井 誠,長谷川 直樹
  • 臨床検査 56(12), 1390-1396, 2012-11
  • NAID 40019466710

関連リンク

新しいMacBook Airは、第5世代のIntel Coreプロセッサと一日中使い続けられるバッテリーを搭載。でも、圧倒的な薄さと軽さはそのままです。 ... すべての新しいMacには、写真、iMovie、GarageBand、Pages、Numbers、Keynoteがついて ...
MAC(マック)のリップ、シャドウ、ファンデーション、ベース等のメイクアップ製品がラインナップ。オンラインショップでお求めいただけます。 5,000円以上(税抜)のお買い上げで全国送料無料。会員登録もこちら。
Free shipping and returns on all orders. Offering more than 100 shades of professional quality makeup must-haves for All Ages, All Races, All Sexes. ... Contour & Sculpt Yourself Palette contours and highlights your face giving you ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元吸入麻酔薬」「最小肺胞内濃度」「マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス」「膜侵襲複合体」「僧帽弁輪石灰化
拡張検索MACE」「c-SMAC
関連記事M」「MA

吸入麻酔薬」

  [★]

inhalation alanesthetic agent, inhaled anesthetic
ガス吸入麻酔薬ガス麻酔薬
薬理学全身麻酔薬


吸入麻酔薬の身体影響

YN.M7 SAN.40
  • 中枢神経系:意識消失、酸素消費量減少、脳血管拡張、頭蓋内圧上昇、(亜酸化窒素のみ)鎮痛作用
  • 呼吸器系:用量依存的にコキュを抑制、一回換気量減少、呼吸回数増加、気管拡張作用、線毛運動抑制、気道分泌抑制、低酸素性肺血管収縮抑制
  • 循環器系:用量依存的に血圧低下(血管拡張or心筋抑制)、内臓血流減少、脳・筋肉・皮膚血流増加
  • 筋肉:(揮発性吸入麻酔薬のみ)

吸入麻酔薬

SAN.39
化合物名 分子式 小さいほど強力 小さいほど効きが早い 特徴 麻酔に必要な条件      
MAC 血液ガス分配係数 意識消失 鎮痛 筋弛緩 反射抑制
笑気 N2O 101 0.47
  • 支燃性
  • 体内閉鎖腔膨張
△ 低MAC ×
イソフルラン F3C-CH(Cl)-O-CHF 1.15 1.48
  • 生体内分解0.2%
×
セボフルラン FH2C-O-CH(CF3)2 1.71 0.63
  • 小児麻酔によい
  • 生体内分解3%
×
ハロタン F3C-CHClBr 0.76 2.3
  • 肝障害(3万例に1例)
  • アドレナリン感受性↑(不整脈リスク)
  • 生体内分解20%
×

麻酔薬と脳に及ぼす影響

参考4
  脳血流 脳代謝量 頭蓋内圧 CO2反応性 自己調節能
静脈麻酔薬 プロポフォール ↓↓
バルビツレート
フェンタニル →↓ →↓ →↓
レミフェンタニル →↓ →↓ →↓
ケタミン →↑ →↑ →↑
吸入麻酔薬 セボフルラン →↑ →↑ →↓
イソフルラン →↑ →↑
ハロタン ↑↑
亜酸化窒素 →↑ →↑ →↑ →↓

参考

  • 1.
[display]http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/6786/Inhaled.html
  • 2.
[display]http://www.med.akita-u.ac.jp/~doubutu/ouu/Inhalation.html
  • 3. 講義資料?
[display]http://www.shinshu-masui.jp/information/2011/06/22/%E5%90%B8%E5%85%A5%E9%BA%BB%E9%85%94%E8%96%AC%E3%81%AE%E8%96%AC%E7%90%86.pdf
  • 4.
[display]http://www.shinshu-masui.jp/information/2010/05/26/%E5%90%B8%E5%85%A5%E9%BA%BB%E9%85%94%E8%96%AC.pdf


最小肺胞内濃度」

  [★]

minimum alveolar concentration, MAC

概念

  • 50%の患者が手術の刺激に反応した動きを抑制するような麻酔薬の肺胞内最小濃度。
  • 例えば、大気圧に対する麻酔薬の分圧として%で表される

MACに影響を与える要素

参考1,2 SAN.40 YN.M-8
  • 上昇:高体温、乳幼児、高ナトリウム血症、慢性アルコール中毒
  • 低下:低体温、未熟児、低酸素血症?、高炭酸ガス血症?、低ナトリウム血症、妊娠、加齢、麻酔薬・麻薬性鎮痛薬の併用、急性アルコール中毒、貧血

参考

  • 1.
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/l/l4.html
  • 2.
[display]http://kukurekare.blog100.fc2.com/blog-entry-16.html


マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス」

  [★]

Mycobacterium avium complexMycobacterium avium-intracellulare complex, MAC
非定型抗酸菌複合体マイコバクテリウムアビウムコンプレックスマイコバクテリウム・アビウム・イントラセルラーレマイコバクテリウム・イントラセルラーレマイコバクテリウム・アビウム・イントラセルラーレ複合体
非定型抗酸菌


膜侵襲複合体」

  [★]

membrane attack complex, MAC
膜傷害複合体
complement membrane attack complex
[show details]
  • 溶菌作用を有する補体カスケード産物C5b6789複合体



僧帽弁輪石灰化」

  [★]

mitral annulus calcification mitral annular calcification MAC, mitral ring calcification, MRC
僧帽弁輪僧帽弁



MACE」

  [★]


c-SMAC」

  [★] central supramolecular activation complex


M」

  [★] メチオニン methionine

WordNet   license wordnet

「the 13th letter of the Roman alphabet」
m

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Mach number / mark[s] / Monsieur」


MA」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Massachusetts / mental age」


"http://meddic.jp/MAC" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡