LST

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/06 18:43:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Characterisation of Desulfovibrio vulgaris haem b synthase, a radical SAM family member.
  • Lobo SA1, Lawrence AD2, Romão CV1, Warren MJ2, Teixeira M3, Saraiva LM4.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2014 Jul;1844(7):1238-47. doi: 10.1016/j.bbapap.2014.03.016. Epub 2014 Apr 5.
  • An alternative route for haem b biosynthesis is operative in sulfate-reducing bacteria of the Desulfovibrio genus and in methanogenic Archaea. This pathway diverges from the canonical one at the level of uroporphyrinogen III and progresses via a distinct branch, where sirohaem acts as an intermediat
  • PMID 24713144
  • Susceptibility of the genitofemoral and lateral femoral cutaneous nerves to complications from lumbar sympathetic blocks: is there a morphological reason?†.
  • Feigl GC1, Dreu M2, Ulz H2, Breschan C3, Maier C4, Likar R3.
  • British journal of anaesthesia.Br J Anaesth.2014 Jun;112(6):1098-104. doi: 10.1093/bja/aet552. Epub 2014 Feb 18.
  • BACKGROUND: Interference with the function of the genitofemoral nerve (GFN) and lateral femoral cutaneous nerve (LFCN) represents a significant complication of lumbar sympathetic blocks (LSBs). The nerve topography of the lumbar sympathetic trunk (LST) was investigated to find a possible morphologic
  • PMID 24554547
  • Factors affecting the technical difficulty and clinical outcome of endoscopic submucosal dissection for colorectal tumors.
  • Sato K1, Ito S, Kitagawa T, Kato M, Tominaga K, Suzuki T, Maetani I.
  • Surgical endoscopy.Surg Endosc.2014 May 23. [Epub ahead of print]
  • BACKGROUND: Endoscopic submucosal dissection (ESD) for colorectal tumors is technically difficult due to the anatomy of the large intestine, with its narrow lumen, thin walls, and redundancy. Here, we assessed factors associated with incomplete resection and difficult colorectal ESD.METHODS: Between
  • PMID 24853849

和文文献

  • 中国黄土高原における広域スケールの水分効率を評価するための地上気象データとMODIS地表面温度データの統合
  • Mohamed Abdelmoneim Abdelsalam,木村 玲二,篠田 雅人
  • 沙漠研究 20(4), 189-199, 2011-03
  • NAID 40018764145
  • サルコペニア--そのメカニズムと防止策としての運動 (第5土曜特集 ロコモティブシンドローム--運動器科学の新時代) -- (主な疾患)

関連リンク

株式会社エルエスティ 〒600-8023 京都市下京区河原町通松原上ル 2丁目富永町338番地 京都四条河原町ビル5F TEL : 075-351-6611 FAX : 075-351-6612 E-mail : weddingmail@lst.jp フリーメールをご利用のお客様へ 営業時間 11:00 ...
株式会社エルエスティ 〒600-8023 京都市下京区河原町通松原上ル 2丁目富永町338番地 京都四条河原町ビル5F TEL : 075-351-6611 FAX : 075-351-6612 E-mail : weddingmail@lst.jp フリーメールをご利用のお客様へ 営業時間 11:00 ...

関連画像

LST-1179 Newport-classUSS Lawrence County (LST-887), 1 July 1955LST-511 Class - (LST-491 thru LST-541 File:USS LST-1000.jpgcall call call special order lst 1198 uss Description LST-975.jpg


★リンクテーブル★
リンク元薬物アレルギー」「リンパ球刺激試験」「側方発育型腫瘍」「lymphocyte stimulation test」「laterally spreading tumor
拡張検索DLST」「LST of large intestine
関連記事L」「LS

薬物アレルギー」

  [★]

drug allergy
薬物過敏症 drug hypersensitivity

原因薬剤

  • 抗菌薬(アンピシリン、アモキシシリン、ペニシリン、およびST合剤) (NEL.990)

機序

  • I~IV型アレルギーが関与している。

症状

SPE.312
  • アナフィラキシー
  • 発熱:典型的には薬物投与後7-10日後に突然敗血症様発熱
  • 血清病
  • 呼吸器障害
  • 造血器・血液系障害:溶血性貧血、顆粒球減少症、血小板減少症
  • 肝障害:肝細胞障害型、肝内胆汁うっ滞型
  • 腎障害:
  • 薬疹:蕁麻疹、紅斑丘疹、多型滲出性紅斑、紅皮症 → Stevens-Johnson症候群中毒性表皮壊死融解症、固定薬疹、自己免疫誘発、薬剤過敏性症候群

検査

  • ときに好酸球増多 ← I型アレルギーを介する薬物アレルギーと思われる。
  • 皮膚テスト
  • スクラッチテスト、プリックテスト、皮内テスト、パッチテスト
  • リンパ球刺激試験(LST):IV型アレルギーの関与が疑われる場合。 ===? リンパ球幼若化試験:陽性 ← ただし陽性率は低い。
  • 再投与試験:アナフィラキシーを伴うことがあり危険。
  • 特異IgE抗体測定  ←  ホントにやるの?

参考

  • 1. [charged] An approach to the patient with drug allergy - uptodate [1]


リンパ球刺激試験」

  [★]

lymphocyte stimulation test, LST
リンパ球幼若化試験リンパ球芽球化試験リンパ球幼若化反応リンパ球活性化試験 lymphocyte activation test
lymphocyte blastoid formation test, lymphocyte blast transformation test
DLST


  • 末梢血よりリンパ球を分離し、抗原で刺激してリンパ球(主にT細胞)の増殖(DNA合成の増加)を調べる試験。(SPE.294)
  • 抗原特異的T細胞の増殖を見るためであり、IV型アレルギーの関与が疑われる場合(例えば、薬剤アレルギー)に用いられる検査。(SPE.294)



側方発育型腫瘍」

  [★]

laterally spreading tumor, LST

参考

  • 1.
[display]http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=puball&category=ECCA&vol=12&no=3&d1=2&d2=1&d3=0
  • 2.
[display]http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=puball&category=ECCA&vol=12&no=6&d1=4&d2=2&d3=0
  • 3.
[display]http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=puball&category=CLGA&vol=23&no=4&d1=1&d2=5&d3=0


lymphocyte stimulation test」

  [★] リンパ球刺激試験 LST


laterally spreading tumor」

  [★] 側方発育型腫瘍, LST

DLST」

  [★] 薬剤リンパ球刺激試験 drug lymphocyte stimulation test


LST of large intestine」

  [★] 側方発育型大腸腫瘍


L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」

LS」

  [★]


"http://meddic.jp/LST" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡